HOMECSR・環境環境 > 海運が環境に与えている影響

海運が環境に与えている影響

English

CSR・環境
CSR
安全運航
環境
人材育成
社会貢献活動
ステークホルダーとの対話
社外からの評価
安全・環境・社会報告書


飛行機/トラック/船舶 CO2排出量対比表

海運は他の輸送手段に比べ、一度に大量の物資を運ぶことができ、単位輸送当たりのCO2や大気汚染物質の排出量が少ない、環境にやさしいエコな輸送モードです。

しかし、その一方で新興国の発展による世界経済の成長に伴い、全世界の海上貨物量は増加を続けています。海上荷動きは年間100億トンを越え、今後さらに増加することが見込まれます。海上荷動きが増加することで、エネルギー消費の増大によるCO2排出量増が地球温暖化など、様々な環境問題を深刻化させています。特に外航船舶から排出されるCO2は、全世界の約2%となっており、環境問題への対策が必要となってきています。当社は環境負荷低減技術の採用や減速航海により、2016年度は輸送単位当たりのCO2排出量について前年比6.5%の削減を達成しました。

昨年度に開始した「船舶維新Next~MOL SMART SHIP PROJECT~」により、今後はさらに積極的に環境負荷低減技術の採用を推進します。また、再生可能エネルギー事業などの環境事業分野に新たに参入し、将来的に中核事業に育てることを目標としています。

大気への負荷

  • CO2の排出(地球温暖化)
  • NOxの排出(大気汚染)
  • SOxの排出(大気汚染)
  • 燃料消費削減(ECO SAILING)
  • 技術開発(船舶維新、新型帆装装置)

参照:CO2排出対策

  • 燃料消費削減
  • 技術開発(NOx除去装置、SOxスクラバー、DPF*など)

参照:NOx排出対策SOx排出対策煤煙・煤塵対策

*PM(煤塵)除去装置

  • 適正な処理

参照:海洋環境保全への取り組み

  • 技術開発
    (ペイントなど)

参照:生物多様性保全への取り組み

  • 技術開発
    (バラスト水処理装置)

参照:生物多様性保全への取り組み

海洋への負荷

  • 油による汚染(海洋汚染)
  • 船内廃棄物(海洋汚染)
  • バラスト水(生物多様性)
  • 船体付着物(生物多様性)

当社グループの環境負荷に関する詳細は、環境データをご参照ください。

このページの先頭へ