HOMECSR・環境安全運航 > 船をつくる段階

船をつくる段階

English

CSR・環境
CSR
安全運航
環境
人材育成
社会貢献活動
ステークホルダーとの対話
社外からの評価
安全・環境・社会報告書

船主や造船会社とも連携し、全運航船の品質維持・向上に継続的に取り組んでいます。

MOL安全標準仕様、MOLスタンダード

MOL安全標準とは、過去に発生した重大海難事故を契機として、当社運航船の安全レベルを適切に保つことを目的に2006年より策定開始し、都度改訂しています。特に安全運航対策上、社会や当社利益への影響が大きい『衝突、座礁』『火災』『浸水・復原性喪失』『海上漏油、環境汚染』の防止を確固たるものにするために仕様を定め、当社船に適用して来ましたが、2016年度より新たに『労働災害事故』防止も含めることにしました。

MOLスタンダードは、長年の運航経験を通して得られた、(1)粗悪油対策といった運航を阻害する問題への対策、(2)メンテナンスへの対策、(3)救命・保安・環境等に資するポリシーやプラクティス、それぞれに関する知見を技術的・経済的検討を行った上で、標準仕様として体系的にまとめたものです。

対策の一部を以下の通り紹介します(「事例」をクリックするとウィンドウが開きます)。

事例(1)AED 事例(2)高膨張泡消火システム 事例(3)機関室監視カメラ 事例(4)ポータブルダビット 事例(5)錨鎖クイックリリース装置

事例(1)AED
万一、乗組員が心停止を起こして倒れた場合、他の乗組員がAEDを使用して電気ショックを行い、迅速な心肺蘇生を実施することで、倒れた乗組員の命を救います。
事例(2)高膨張泡消火システム
機関室で火災が発生した場合、従来は消火のためにCO2(二酸化炭素)を投入していましたが、逃げ遅れた乗組員が酸欠に陥るリスクや、換気口がうまく閉まらず空気が機関室内に入り込み、消火に時間がかかってしまうリスクがありました。このようなリスクを払拭するため、機関室に大量の泡を投入して消火するシステムを導入しました。
事例(3)機関室監視カメラ
主機・発電機といった燃料を使う機器や、機関室からの脱出ルートの周辺に監視カメラを配置しています。火災発生時の的確な状況把握、消火作業や脱出経路における乗組員の安全確保、録画機能による事後の検証等が可能となります。
事例(4)ポータブルダビット
バラストタンクなど閉区画での作業中に乗組員が動けなくなってしまうことも想定されます。ポータブルダビットを使用することで迅速・確実な救助が可能となります。
事例(5)錨鎖クイックリリース装置
2006年に起きた鉄鋼石専用船の座礁・沈没事故において、錨鎖を船体から迅速に切り離せなかったことが状況を悪化させた要因の1つでした。この苦い経験を踏まえ、導入されたのが錨鎖クイックリリース装置です。ウィンドラス(揚錨装置)による巻き上げができない緊急事態に、錨鎖の付け根部分を素早く切り離すことで船体の自由を確保し、人命と船を守ります。

MOL統合船橋
操船場所である船橋は統合型とすることを当社標準で規定しました。統合船橋は、航海計器類を中央部の一箇所にまとめることにより、当直者の操船位置を明確化し、かつ当直者の動線を確保できます。また、一般的な航海計器配置に比べ刻々と変化する周囲の状況をより迅速に入手でき、安全な操船意思決定ができます。統合船橋配置により以下の効果が期待できます。

  • 全周囲の視界が確保でき、目視による見張りが強化される。
  • 操舵手の前方視界を妨げることなく、当直者の動線を確保でき、船長・水先人・当直航海士の各自が単独で航海計器の操作・監視が可能となり、BRM(Bridge Resource Management)(*)が強化される。
  • 各航海計器類が中央部に集約することにより、その配線も集約でき、当社で過去に経験した居住区火災に伴う航海計器類の電気配線焼損事故の再発防止策に寄与できる。

(*) BRM:Bridge Resource Management。
ブリッジチームマネジメント(Bridge Team Management)とも言う。人間のミスを未然に防ぎ、あるいは起こったミスからの影響を早期に断ち切るため、船橋(ブリッジ)において、人材(船長、航海士および甲板員等の乗組員)および情報等の資源(resource)を最大限に利用しようとする考え方。

イリジウム衛星携帯電話装備
当社グループ会社管理船において、機関室火災に伴い船内電源が喪失した際にイリジウム衛星携帯電話の有効性が実証されました。これを受けて有事の際にも外部との通信をスムーズに行うことができるように既存の通信機器のバックアップとして、イリジウム衛星携帯電話をMOL安全標準仕様に定め、新造船のみならず既存船にも装備することとしました。

この苦い経験を踏まえ、当社船においては、錨鎖のクイックリリース装置を導入しています。この装置は、ウィンドラス(揚錨装置)による巻き上げができない場合や、巻き上げる時間がない状況に陥ってしまった場合に、錨鎖の付け根部分と船体を素早く切り離すことで、船体の自由を確保し、船と人命の安全を確保することを目的としています。

このページの先頭へ

造船所との連携

造船所の建造監督業務は、①品質管理、②工程管理、③労働安全衛生管理(HSE)の三点になります。

品質管理は、当社(安全運航に資するような)要求スペックや各種船舶のルール等を確実に満たしていることを確認するために行います。

労働安全衛生(HSE)の管理とは、例えば密閉された空間に一人で入らないこと等の安全のルールを定めたり、現場で不安全行動を見つけた際に注意する等、現場作業員の安全を確保するために行います。

一隻建造するに当たっては、当社からは2~3名程度が派遣され、当社グループ会社の海技員や当社技術系社員等が担当します。造船所に駐在する期間は、建造の最初(およそスチールカットの一カ月後)から最後(竣工)までとなり、期間は約1~2年程度になります。

このページの先頭へ