HOMECSR・環境 > 安全運航

安全運航

English

CSR・環境
CSR
安全運航
環境
人材育成
社会貢献活動
ステークホルダーとの対話
社外からの評価
安全・環境・社会報告書

商船三井のアプローチ

商船三井グループでは、事故が起きた場合に社会や自然環境やステークホルダーに与える影響が甚大なものとなるため、安全運航を最重要課題と位置付けています。当社グループは、2006年の重大海難事故の教訓を活かし、「4ゼロ」をはじめとする目標を立て、「世界最高水準の安全運航」の実現を目指してグループ一丸となって取り組んでいます。

ICT(IoT/ビッグデータ)の活用
ICT(情報通信技術)を活用した安全運航・環境保全への取り組み事例を紹介します。

安全運航管理体制
安全運航を支える当社の組織と体制を紹介します。

安全コストを重視する経営
当社は安全のため必要なコストは負担する方針としています。

安全運航の客観的指標
安全性を測るための客観的な指標として設定している数値目標を紹介します。

安全運航への取り組み①
「船をつくる段階」における取り組みについて紹介します。

安全運航への取り組み②
「モノを運ぶ段階」における取り組みについて紹介します。

安全運航支援センター
安全運航支援センター(SOSC)による当社運航船への支援体制を紹介します。

エラーチェーンを断ち切る
事故の再発防止・未然防止のためにいかにエラーチェーンを断ち切るかについて紹介します。

ヤマルLNGプロジェクトを支える安全対策
世界で初めて砕氷LNG船を使用するヤマルLNGプロジェクトの安全対策について紹介します。

このページの先頭へ