「船」は、人や物をのせて水上を移動するために作られた乗り物です。ヨット、漁船、艦艇など様々な種類がありますが、人や貨物を運ぶための船を「商船」と呼びます。
 私たちの衣食住に必要な製品やエネルギー、産業に必要な原材料は「商船」が運んでいます。とりわけ島国である日本では、輸出入される物資の99%が「商船」によって運ばれています。「商船」は私たちの生活に不可欠な存在です。

専用船化と大型化

「商船」は多くの物資を効率よく輸送するという使命を果たすために進化してきました。「貨物船」と称される何でも運ぶ船から、石油を運ぶ船、鉄鉱石を運ぶ船、自動車を運ぶ船というように、それぞれの貨物に最適な「専用船」が登場しました。同時に、できるだけ多くをまとめて運ぶことで経済効率を向上させる大型化が進行してきました。

『海運の百貨店』として

 商船三井グループは、商船を運航し暮らしと産業を支える「総合海運企業」です。運航する商船は多岐にわたり、何でも運ぶ……いわば『海運の百貨店』です。
 このページでは、私たちの暮らしや産業に必要なモノが、どのような船で運ばれているのか、商船の構造、特徴などを紹介します。
冊子版PDFはこちら PDFをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。