プレスリリース

English

プレスリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2017年04月28日

新経営計画「ローリングプラン2017」

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)は、2017年度から始まる新しい経営計画として「ローリングプラン2017」を策定しました。

今般の経営計画策定にあたっては、経営環境の変化が著しい状況下、商船三井グループの10年後のありたい姿と中長期的な経営の方向性を定め、それに基づき3か年及び長期的な事業戦略を策定する形を取りました。リソース配分について選択と集中を行い、財務体質の改善とともに事業ポートフォリオの変革を図っていきます。名称は「ローリングプラン201X」とし、1年毎にレビューしていく予定です。

1. 商船三井グループの10年後のありたい姿

  • 世界中で「お客様にとって使い勝手がよくストレスフリーなサービス」を提供し、「いつもお客様の傍にいる強くしなやかな存在」をめざす。
  • 環境・エミッションフリー事業をコア事業のひとつに育てる。
  • 相対的に強い事業の選択と集中を行い、「競争力No.1事業の集合体」になる。

2. ありたい姿達成のための戦略

  • 新規投資の厳選、キャッシュフローを重視したビジネスモデルの追求
  • 攻める事業分野と守る事業分野でリソースの選択と集中を進める
  • 全社強化項目
    「海技力」 : 海技力を活かしたサービス提供
    「ICT」 : 洋上の見える化(安全運航と最適運航)と顧客への付加価値提供
    「技術開発」 : “船舶維新NEXT”プロジェクト推進(高度安全運航支援技術・環境負荷低減技術)
    「環境」 : 外部環境の変化を先取りし、次世代の柱となる新規事業として「環境・エミッションフリー事業」を推進・育成
    「働き方改革」 : 生き生きと働ける組織風土により人的競争力向上とイノベーションの実現

3. 中長期的利益水準・財務指標

  中期的にイメージする水準 2027年目標
経常利益 800~1,000億円 1,500~2,000億円
ROE 8~12% -
ギアリングレシオ 2.0倍以下 1.0倍

「ローリングプラン2017」の補足説明資料はこちら[1.32MB]からご覧いただけます。

このページの先頭へ