プレスリリース

English

プレスリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2017年07月25日

沖縄県「中古車輸出ビジネスモデル実証事業」の船積みを完了
~商船三井運航自動車船、那覇港へ初寄港~

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)は、7月21日(金)に、運航する自動車船を初めて那覇港に寄港させ、ニュージーランド向けの中古車123台を船積みしました。今回の寄港は、商船三井がコンソーシアムで参画している、沖縄県が実施する沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)を活用した「平成29年度国際物流関連ビジネスモデル創出事業(中古車輸出ビジネスモデル実証事業)」の一環です(註)。
商船三井の自動車船“SERENITY ACE”は同日6時54分に那覇港へ着岸し、15時30分に出帆しました。その後、韓国と日本の積地数か所を回り、8月18日頃ニュージーランドのオークランド港に到着予定です。

船積みの様子は、行政・メディア・港湾関係者の皆様にご覧いただくとともに、コンソーシアム構成各社と、今回の実証事業の意義や安定した事業化へ向けた今後の課題について、更なる検討を行いました。


那覇港に寄港中の自動車船“SERENITY ACE”


船積みの様子

(註) 詳細は2017年7月13日付プレスリリース「沖縄県『中古車輸出ビジネスモデル実証事業』にコンソーシアムとして参画」をご参照ください。

このページの先頭へ