プレスリリース

English

プレスリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2017年08月24日

MOLエンジニアリングが救命艇・進水装置などの整備事業所として船級承認を取得
~国際船級協会連合の定める統一規則に則った高品質サービスの提供が評価される~


受領した承認証書

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区)グループのMOL エンジニアリング株式会社(社長:宮井修二、本社:東京都港区、以下「MOL エンジニアリング」)は、一般財団法人日本海事協会(会長:冨士原康一、本部:東京都千代田区、以下「ClassNK」)より、救命艇、進水装置、負荷離脱装置及び自動離脱フックの整備事業所として、承認を取得しました。本業務に関するClassNKの承認取得は国内で2社目となります。

これら船舶の安全設備の点検整備は、海上における人命の安全のための国際条約(SOLAS条約)により規定されており、MOL エンジニアリングは、商船三井グループが運航する船舶に搭載されている救命艇・進水装置の年次検査(5年次検査)を年間約130件実施しています。
MOL エンジニアリングは本業務の品質向上に継続的に取り組んでおり、今回のClassNKからの承認証書取得によって、国際船級協会連合(IACS:International Association of Classification Societies)の定める統一規則(UR:Unified Requirement)に適合したサービスであることが認められました。
引き続き国際ルールに従った更なる安全で確実な作業を提供することで、顧客サービスの向上に努めます。

商船三井グループでは、今後とも環境にやさしい安全海上輸送サービスの一翼を担うべく、より一層のサービスを提供できるように品質の向上に取り組んでいきます。


救命艇・進水装置の年次検査の様子

このページの先頭へ