プレスリリース

English

プレスリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2017年09月13日

当社社員がウィルチェアーラグビー国際大会で最優秀選手に選出


受賞式の様子


最優秀選手メダル

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)の社員である倉橋香衣(人事部)は、ウィルチェアーラグビー(*)日本代表チームの一員としてニュージーランドで開催された国際大会(世界選手権アジアオセアニア地区予選)「2017 Asia-Oceania Zone Championship」(8月27日~8月31日)に出場しました。

ウィルチェアーラグビー選手は、障がいの重い0.5から軽い3.5まで、障がいの程度により0.5刻みで、7段階にクラス分けされています。倉橋は、本大会において持ち点「0.5」の最優秀選手、"Best 0.5"に選出されました。

あわせて、倉橋の所属する日本代表チームも、参加4か国(オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国)中第2位となり、世界選手権出場権を得ました。

商船三井は、ウィルチェアーラグビーの更なる発展の一助となると共に、多様な社員が社内外で活躍できる環境を整備していきます。

(*)ウィルチェアーラグビーとは
四肢に障がいのある車いすの選手が出場する団体競技で、パラリンピック競技の中で唯一、車いす同士のぶつかり合いが認められている。選手は障がいの程度によって0.5点~3.5点までの持ち点が与えられ、コート上でプレーする4人の選手の合計が8.0点以内になるように組み合わせを調整する。使用する車いすは、激しいぶつかり合いができる耐久性があり、 ポジションに応じた役割が果たせるよう改良されている。

このページの先頭へ