プレスリリース

English

プレスリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2017年11月01日

「振動センサーによる舶用回転機器異常の予兆検知」の実証プロジェクトの実施を決定
-船舶IoTを活用した舶用推進プラントの新たな監視技術により、安全運航を強化-

船舶維新NEXT株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)はこのたび、旭化成エンジニアリング株式会社(社長:河野龍次、本社:神奈川県川崎市、以下「旭化成エンジニアリング」)と共同で振動センサーを用いた舶用回転機器異常の予兆検知の実証プロジェクトを実施します。

本プロジェクトでは、建造中の自動車専用船およびVLCCの重要補機(ポンプ・清浄機等)に専用の振動センサーを設置し、解析ソフトを用いて状態監視を行います。船上での専用解析ソフトを用いた監視のみならず、船舶IoTの一環としてリアルタイム船陸間通信のプラットフォームである「Fleet Monitor」(註1)を活用し、不具合発生時にはタイムリーに陸上で精密解析させることを想定しています。船舶IoTと旭化成エンジニアリングが陸上プラントで培った振動解析技術を舶用展開し、効果を検証します。

また、舶用推進主機・発電機・推進軸の軸受向け振動センサーについては一般財団法人日本海事協会の業界要望による共同研究スキームのもと、当社技術研究所保有の発電機エンジンを用いて摩耗試験を行い、評価を行います。

本件は「船舶維新NEXT ~MOL SMART SHIP PROJECT~」(註2)の一環と位置付け、開発・開発運航を通して得られる知見やノウハウをさまざまな船種に生かし、船舶IoT・舶用推進プラントの技術発展と安全運航の強化に積極的に取り組みます。

商船三井グループは、他業種で培われた技術の舶用展開を積極的にサポートし、安全運航、環境優良に取り組みます。


システムのイメージ図

(註1)三井造船株式会社が開発した船舶運航モニタリングシステムで、商船三井の運航船60隻以上に搭載。
詳細は2017年10月27日付プレスリリース「『次世代型船舶管理支援システム』開発に向け、運航データ収集・監視機能を強化」をご参照ください。

(註2)商船三井の技術開発プロジェクト。詳細は2016年11月24日付プレスリリース「『船舶維新NEXT ~MOL SMART SHIP PROJECT~』発足」をご参照ください。

このページの先頭へ