プレスリリース

プレスリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2017年12月04日

中学校のキャリア教育授業で商船三井社員が講義
~船が浮かぶ・動く仕組みや海運業界を知る機会作りに~


講義の様子

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)は11月24日、相模原市立大野北中学校が取り入れているキャリア教育の講師として、社員を派遣しました。同中学校は、生徒が授業で学ぶ知識の重要性を再認識したり、実社会の仕事・職業に対する視野を広げて自分の進路について具体的に考えられる機会を持てるよう、様々な業界で働く社会人を招いて特別授業を実施しています。

当日は、1年生212名を前に、世界地図や映像を使用して、理科の授業で学んだ「浮力」で船舶が浮かんだり動く仕組みや、船舶の種類、海運業界で働く若手社員の仕事などについて講義を行いました。生徒からは「どうやって船を設計しているのか」「商船にはどんな種類があるのか」といった質問から、「自分が勉強している理科や英語が社会で役に立つ大切な科目だと感じた。もっと勉強を頑張っていきたい」といった感想や決意などが寄せられました。

商船三井はよき企業市民として積極的に教育支援活動に関わるとともに、より多くの若い世代に海運業を知ってもらう活動を今後も続けていきます。

このページの先頭へ