もくじ

北海道~首都圏、および九州~関西をつなぐ「さんふらわあ」。 実は運賃はもちろん、旅先でもさまざまな特典を受けられる「お得プラン」があることをご存知でしょうか。

第1回はファミリー向け、マイカー派向けのプランについて紹介しました。
≫第1回はこちら

今回は北海道や九州をツーリングするバイクライダーから、車無しの徒歩乗船者、自転車利用の方、女子旅、学生のグループ旅行、カップル、そしておひとり様まで、あらゆるタイプの旅にも対応したお得プランをご紹介しましょう。

九州をお得にバイクで巡るなら3大お得プランの活用を!

魅力あるスポットが広く点在する九州や北海道。それらを効率よく、かつ自分のペースでめぐる強い味方がバイクです。

前回もご紹介したように大阪と別府、大阪と志布志(鹿児島)、そして神戸と大分を結ぶ「フェリーさんふらわあ」には、大きく分けて3つの運賃割引プランがあります。

「船に泊まろう。」「舟遊®(しゅうゆう)プラン」「弾丸フェリー&弾丸クルーズ®」です。

「船に泊まろう。」は片道運賃の大幅な割引、さらに同一航路を同一等級で往復乗船した場合、復路の運賃が割引となるプランです。復路における割引の適用期間は、往路乗船日を含む30日以内と長めに設定されているので、使い勝手の良さも魅力です。

「舟遊プラン」は往復で、瀬戸内海航路(大阪~別府航路または神戸~大分航路)と、太平洋航路(大阪~志布志航路)をそれぞれ片道ずつ利用すると格安になるプランです。たとえば、大分県の別府で下船し、鹿児島県の志布志から乗船できるので、九州縦断旅行に大いに活用できます。こちらも復路における割引適用期間は、「船に泊まろう。」と同じく往路乗船日を含む30日以内なのはうれしいですね。ただし、往路・復路で利用する等級が異なる場合は、このプランでは予約ができません。「船に泊まろう。」片道運賃での予約となります。

「弾丸フェリー&弾丸クルーズ®」は現地0泊、船中2泊のとんぼがえりの往復プランです。夜出発・翌朝到着のフェリーさんふらわあなら、到着から日中7~12時間を九州、もしくは関西で過ごすことができます。

「3大お得プラン」にはそれぞれ、マイカー・バイク・徒歩用のプランが設定されており、フェリーを利用するあらゆるタイプの旅行者に適用されます。繁忙期など時期によっては利用できないことがありますので、事前に各種プランが適用される等級の組み合わせや運賃に関して調べておくことをおすすめします。

九州行きの「さんふらわあ」(フェリーさんふらわあ)には、マイカー同様に各種お得なバイクプランが用意されています。

別府、大分、志布志と3つある目的港のうち一つを指定する「船に泊まろう。バイクプラン」。別府・大分なら九州北中部のツーリング拠点に、志布志なら九州南部のツーリングに便利です。

また、九州全土をくまなくめぐりたいというライダーには、往路と復路では異なる航路を選べる「バイク舟遊®プラン」がおススメ。

短期間なら「バイク弾丸フェリー&弾丸クルーズ®」で、現地0泊の弾丸ツーリングが可能になります。

なおフェリーさんふらわあのホームページには九州・関西へのバイクツーリングを応援する特集も用意されています。体験レポートや動画などがあるので参考にしてみてはいかがでしょう。
≫フェリーさんふらわあwebサイトはこちら

北海道をお得にバイクで巡るなら

首都圏と北海道を結ぶ「さんふらわあ」(商船三井フェリー)にも、バイク利用者が使える「お得なキャンペーン」があります。それが、さんふらわあ特典パスポート企画、そして「マイカーでお得なガソリン値引き!!マイカー・バイクキャンペーン2019」。

 
 
これは「さんふらわあ」下船後、提携先施設で乗船券を提示すれば、宿泊・温泉・観光・食事などさまざまな割引やサービスが受けられる企画のこと。乗船券1枚につき6名まで有効、乗船日より15日間有効となっています。

さらに、「マイカーでお得なガソリン値引き!!マイカー・バイクキャンペーン」で大洗と苫小牧の指定ガソリンスタンドでガソリンや洗車料金が割引となります。対象は乗用車および二輪車での乗船者です。

また、さんふらわあトラベルの「マイデザイン北海道」は、往復のフェリー(相部屋)と北海道各都市のホテル(1泊朝食付)がお得な価格でセットになったプラン。苫小牧のホテルウィングインターナショナル3名1室利用の場合、旅行代金は14,900円〜16,600円です。
夕方便、深夜便ともに設定があり、いずれもツーリストルーム(相部屋)の利用となり、ホテルは札幌、苫小牧、函館、旭川のシティホテルを選ぶことができます。復路は出発日から7日まで延長可能なので、自分たちのツーリングプランに組み込みやすいのではないでしょうか。

徒歩や自転車での乗船者にお得な九州プラン

マイカーやバイクを船に持ち込まず、自分の体ひとつで乗船する人のことを「徒歩乗船者」と言います。また、自転車を持ち込む場合(自転車を折り畳み、専用の袋にしまう必要があり、これを「輪行」といいます)も、徒歩乗船者と同じ扱いとなります。車両甲板に自転車を積載する場合、「特殊手荷物」扱いとなり追加料金がかかりますが、折り畳む手間などを考えるとそのまま積載する方が良いかもしれませんね。

フェリーさんふらわあの3大お得プランは、こうした徒歩乗船者にも有効です。

「船に泊まろう。徒歩プラン」は片道8,250円~、「徒歩舟遊®プラン」は往復9,170円~、そして「弾丸フェリー&弾丸クルーズ®」は往復10,000円~と、いずれも非常にリーズナブル。
*上記はいずれも2019年10〜12月運賃

また、九州では「SUNQパス」の活用もおススメです。これは九州の路線・高速バスが乗り放題の超お得な乗車券。とりわけ往路と復路が異なる「徒歩舟遊®プラン」で九州周遊を考えている人には使い勝手の良いパスなのです。

SUNQパスは「全九州4日間」「全九州3日間」「九州北部3日間」の全3種類。ご自身の旅のスタイルに合わせて自由に選べます。

全九州4日間(九州7県と山口県下関市周辺で連続する4日間利用可能)は14,000円、
全九州3日間(同3日間利用可能)が11,000円、九州北部3日間(山口県下関市周辺、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本で連続する3日間利用可能)が9,000円。

いずれも神戸六甲アイランド港・さんふらわあターミナル(大阪)で販売しています。

女子旅、グループ旅行にも強い味方

近ごろ、フェリーを使った「女子旅」が盛んになっています。その盛り上げに一役買っているのが、関西と九州を結ぶフェリーさんふらわあの「弾丸フェリー&弾丸クルーズ®」。

このプラン、ツーリストの相部屋なら往復最低10,000円。リーズナブルなうえに、気の合う仲間たちとワイワイ楽しめるんです。

 
また、フェリーさんふらわあ各船には女性専用のお部屋「レディースルーム」もあります。これは女性客なら、誰でも利用できます。浴室や化粧室、案内所に比較的近く、リラックスして快適な時間を過ごせるのがメリット。2~4名利用向けの個室と、おひとり様あるいは女性のみのグループ向けの相部屋の2種類があります。もちろん「弾丸クルーズ®」で利用可能なお部屋です。

 
個室にはイオンドライヤー・美肌スチーマー・三面鏡・アメニティセットを用意。また、
ウェルカムドリンクもあります。

もちろん、女性のグループ旅行だけでなく、女性の二人旅での利用も大歓迎。男の子でも、未就学児ならレディースルームを利用できますので、おばあちゃんやお母さんと子どもでの利用や、ママ友同士で子連れ旅行にもぴったりです。

 
いっぽう関東と北海道を結ぶ商船三井フェリーでは、学生を対象にした学生割引を実施しています。これはスポーツ合宿や遠征などの移動に適したリーズナブルなキャンペーンです。

学生証をお持ちの方は旅客運賃(カジュアルルーム/コンフォート・ツーリスト)の10%割引となります。

フェリーとバスの素敵なコラボ

ところでバスを使った船旅といえば、「さんふらわあ」にはバスとコラボしたお得プランも数多くそろっています。

北海道へは「パシフィック・ストーリー」。

これは東京駅と札幌駅の間を、高速バスと「さんふらわあ」夕方便を乗り継いで結ぶストーリーきっぷ。片道最低たった10,260円(10月現在)で東京~札幌を移動することができます。

 
 
さらに、水戸駅~札幌駅の「茨城マリンきっぷ」、宇都宮駅~札幌駅の「北関東マリンきっぷ」がいずれも片道約10,000円からと、こちらもリーズナブル。

九州方面では「弾丸フェリー®+亀の井バス Myべっぷ1日ミニフリー乗車券」のセットがお得。「弾丸フェリー®」と、別府の観光地を網羅する亀の井バスの「Myべっぷ1日ミニフリー乗車券」がセットでたったの10,000円から!

さらに、湯布院まで行ける「Myべっぷ1日ワイドフリー乗車券」も、10,500円から販売しています。徒歩乗船で別府を観光する方にぴったりのプランです。

ワンランク上のお得な船旅

ワイワイ賑やかな船旅もいいけれど、クルーズ客船テイストを味わえるワンランク上の大人の旅をしてみたい。そんな方も少なくないはず。とくに夫婦やカップルそしておひとり様におススメなのが「弾丸クルーズ®(個室利用)」です。

「弾丸クルーズ®」は、船中2泊・現地0泊という点は「弾丸フェリー®」と同じですが、船室を貸切で利用できるのが最大の違い。プライベートな空間で、より一層リラックスして船旅を楽しむことができます。

さらに、デラックス(大分・別府航路)やスイート(志布志航路)といったハイグレードキャビンを利用すれば、気分は九州クルーズ!

マイデザイン北海道を追記。

さんふらわあトラベルが提供する「琥珀の旅」も、ワンランク上の船旅を実現してくれます。

 
たとえば「ゆとりの休日」は大阪発着で60,800円~66,800円。往復は志布志航路のフェリーさんふらわあ(デラックスルーム)を利用し、「妙見温泉 石原荘(本館)」宿泊(1泊夕朝食付)・4名1室利用の場合の価格です(11月現在)。フェリーの往復がついて、現地では一流のホテルで過ごすプランながら、価格はかなりお得ではないでしょうか。なお、「ゆとりの休日」は2020年3月30日まで募集しています。

お得プランが使えない時期に注意

以上、「さんふらわあ」のお得なプランを紹介してきました。ただし、これらプランの一部はGWやお盆休み、年末年始といった繁忙期には適用外、つまり使えないことに注意が必要です。また同じ「さんふらわあ」でも関西―九州を結ぶ「フェリーさんふらわあ」と、大洗―苫小牧を結ぶ「商船三井フェリー」では、料金プランなどが異なります。自分が利用したい航路、時期、プランをよく確認してから申し込んでくださいね。

関連記事RELATED