陸路・空路・海路 交通手段、どれが正解?アイキャッチ

もくじ

旅行や出張など、お出かけの際にはさまざまな移動手段がありますが、みなさんはどんな基準で選んでいますか?飛行機、それとも新幹線? いえいえ海を渡るフェリーだって実は結構使える場面があるのです。 今回は陸・海・空の公共交通機関それぞれの特徴を、東京からの旅行先として人気が高い、北海道札幌市への旅を想定し、さまざまな観点から比較・検討してみました。
※記載の金額は、購入方法や購入時期などによって異なる場合があります。参考値としてお考えください。

[陸路] 最高速度320km/h!北海道新幹線で行く

[陸路] 最高速度320km/h!北海道新幹線で行く1

2016年3月に北海道新幹線が開業したことにより、新幹線での北海道上陸が可能になりました。

まずは東京駅から新幹線「はやぶさ」に乗り北上します。現在の北海道新幹線の終点は新函館北斗駅で、最速列車だと3時間58分(※)。平均では約4時間20分です。

最高速度320km/hとはいえ、それなりに乗っている時間は長いなあ、という印象ではないでしょうか。青函トンネルの速度規制が2018年度末に160km/hに引き上げられ(※)最速列車は4時間を切りましたが、それでも約4時間はかかります。しかも東北・北海道新幹線はトンネル区間が多く、車窓を楽しむ時間はあまりありません。

新函館北斗から特急「北斗」に乗り換え、札幌まで約3時間掛かります。やはり北海道は大きいです。乗り換え時間を含めると東京~札幌間は最速で7時間26分となっています。

(※)2020年12月31日~2021年1月4日に限り、青函トンネル内で時速210Km運転を実施し、東京~新函館北斗間最速3時間55分となります。

陸路ルート

片道運賃:おとな1名

例)
・東京駅─新函館北斗駅
東北新幹線・北海道新幹線「はやぶさ」(JR東日本・JR北海道)
普通車指定席 23,230円

↓乗り換え

・新函館北斗駅─札幌駅
特急「北斗」(JR北海道) 9,440円

所要時間:約7時間26分(最速:乗り換え時間含む)
片道運賃合計:32,670円

[空路] 巡航速度マッハ0.8!飛行機で行く

[空路] 巡航速度マッハ0.8!飛行機で行く1

東京から札幌への移動となると、最も選択肢に挙がりやすいのが飛行機。巡航速度はマッハ0.8、つまり時速864kmです。これは対地速度ではなく対気速度なので偏西風に乗る新千歳行きは追い風のおかげでもっと速いのです。さすがです。

所要時間は1時間30分から40分程度。羽田空港を飛び立つまで少々時間を要するので実際空を飛んで景色を楽しむ時間は1時間程度です。

新千歳空港からは快速「エアポート」に乗り換え、札幌駅まで約40分。飛行機の場合は乗り換えに時間がかかりますが、それでも東京から3時間ちょっとで札幌に到着することができます。ちなみに快速「エアポート」は日中15分間隔と高頻度で運行されており、プラス530円でゆったりした指定席を予約可能なのも魅力です。

空路ルート

片道運賃:おとな1名

例)
・東京駅ー品川駅
東海道本線(JR東日本) 168円(※1)
↓乗り換え
・品川駅―羽田空港
京急エアポート急行(京急電鉄)292円(※1)

・羽田空港─新千歳空港
JAL便利用  大人普通運賃 38,760円 (※2)
↓乗り換え
・新千歳空港駅─札幌駅
快速エアポート (JR北海道) 1,680円

所要時間:約3時間10分
片道運賃合計:40,900円 (※2)

(※1)交通系ICカード利用時の料金。切符の場合金額が異なります。
(※2)時期によって運賃に変動があります(ANA、JALの場合)。

[海路] 航海速力24ノット!!「さんふらわあ」夕方便で行く

[海路] 航海速力24ノット!!「さんふらわあ」夕方便で行く1

そして、海路。「さんふらわあ」の夕方便に乗船して札幌へ行きます。夕方便に就航している「さんわらわあ さっぽろ」と「さんふらわあ ふらの」の航海速力は24ノット、つまり時速約44km。船としては十分速い部類ですがやはりスピードを比べてはいけません。

2018年に就航した船はさまざまな新機軸の投入で波や海流の状況に左右されにくく、所要時間は旧型に比べて1時間15分も短縮されています。そして所要時間は大洗港―苫小牧西港で17時間45分、大海原を見ながら人生を振り返るのに十分な時間ではないでしょうか。

今回は、19:45大洗港発、翌日13:30苫小牧港着の「さんふらわあ さっぽろ」のコンフォートルームを利用した場合のルートで算出しています。客室の等級によって金額は変わります。

「さんふらわあ」には乗船のため茨城県の大洗フェリーターミナルへ向かう必要があります。東京駅から水戸駅まで電車に乗り、水戸駅から大洗港フェリーターミナルまで路線バスを利用する方法のほか、東京駅から高速バス「みと号」で行く方法が選べます。「みと号」は、東京駅~水戸駅を繋ぎますが、水戸駅から大洗フェリーターミナルまで延伸する便が運航し、アクセスがぐんと便利になりました(※)。

苫小牧西港から札幌まではバスがおすすめです。夕方便の到着時間に合わせて札幌駅前ターミナル行きのバスがあります。所要時間は1時間54分。

(※)現在「みと号」の大洗フェリーターミナル延長便は全便運休中です(東京駅~水戸駅間は運行中)。水戸駅~大洗港フェリーターミナル間はバスが運行しています。
 詳しくは茨城交通のHPをご確認ください。http://www.ibako.co.jp/

海路ルート

片道運賃:おとな1名

例)
・東京駅―水戸駅―大洗港フェリーターミナル
高速バス「みと号」2,120円+路線バス620円(茨城交通)
↓乗船
・大洗フェリーターミナル─苫小牧西港フェリーターミナル
さんふらわあ「さっぽろ」夕方便利用 (商船三井フェリー)
コンフォートルーム 13,300円~
↓乗り換え

・苫小牧西港フェリーターミナル─札幌駅 (北海道中央バス)1,450円

所要時間:約25時間30分
片道運賃合計:約17,490円

やはり飛行機の圧勝なのか?

3つの交通手段の結果は、以下のとおり。

交通手段比較表

単純に札幌までの所要時間を見ると、比べるまでもなく飛行機の圧勝です。なにしろ飛行機はマッハ0.8です。追い風の時は時速1000kmを超えることもあるのです。「さんふらわあ」は運賃で勝っていますが、このままでは「なぜこんな記事を作ったのか」という当たり前な疑問が湧くほど、ありふれた結論です。

そう、ここからが本題です。

実はある状況下では北海道への移動に「さんふらわあ」を利用すると、いろんなメリットがあるのです。

ゆっくり出発でき、移動中もくつろげて、ぐっすり寝ることもできる、それがフェリー!

飛行機で行くとしたら羽田を10時過ぎの飛行機に乗れば、新千歳で昼食をとっても14時くらいには現地に着くことができます。飛行機に乗るためには1時間前には着いておきたいですよね?そうなると9時に羽田空港です。家を出るのは何時でしょうか?朝8時前には出ないと、という方も多いと思います。ということは起きるのは朝7時。意外と早起きが必要です。

新幹線の場合、さらに早起きが必要です。東京駅6時32分のはやぶさ1号で10時53分に新函館北斗駅着、11時08分発の北斗9号に乗り換えると苫小牧に13時48分に到着します。東京駅に朝6時32分は、おそらく多くの方が5時過ぎには家を出ることになりますよね。冬なら寒くて真っ暗な時間です。

そこで「さんふらわあ」の登場です。「さんふらわあ」夕方便なら大洗を前日の19時45分に出港するので、東京駅を14時30分に出る「みと号」に乗れば、水戸駅には16:33に到着します。水戸駅から大洗フェリーターミナルまでは、車で約30分。余裕をもって乗船手続きができます。

「さんふらわあ」だったら船内でゆっくり夕食をとって、展望風呂を楽しんで、大海原を見ながら人生を振り返って、たっぷり眠って、朝もゆっくりで大丈夫。船内で朝食・昼食も食べることができます。苫小牧に着く頃にはリフッレシュされた新しい自分で人生に臨める気がしますよね(個人の感想です)。

車ごとの移動もできて、密回避の旅行も可能な「さんふらわあ」

とにかく時間をかけずに北海道へ向かいたい場合は、飛行機が一番効率的です。もうこれは疑う余地がありません。

つまり、“移動時間が短く、なんとしても早く到着したい!”場合は、飛行機が正解。

しかしフェリーは、電車や飛行機とは異なり、移動手段でありながら宿泊施設も兼ねているという側面があります。船内はパブリックスペースであれば自由に行き来できるので、散歩もし放題です。飛行機や電車のように移動中は座りっぱなしで1か所にとどまっていなければならないというストレスはありません。

さらに大人数用の客室もあるので、グループ旅行でも気兼ねなく過ごすことができますし、2018年に就航した「さんふらわあ」なら「スイート」と言わず「スーペリア」あたりのホテルライクなお部屋をチョイスすれば、まさに「カジュアルクルーズ」気分も味わうことができます。

つまり“移動自体も楽しみたい!”なら、フェリーが正解です。

最後に「快適さ」という点も、比較してみます。

交通手段快適さ比較表

繰り返しになりますが、フェリーの大きな利点は、他の移動手段にはないサービスです。
車やバイクも同時に運べますし、ペットと一緒に泊まれるお部屋もあるので、そういった快適さも群を抜いています。

ホテルのような個室に入って移動できるので、他のお客さまとの距離をしっかり保つことができ、接触機会が少なくて済みます。自宅から車ごと「さんふらわあ」に乗り込み、船内の個室でゆったりくつろいで過ごし、苫小牧に到着したらそのままドライブへ。そんな、密を避けた旅行を楽しむこともできるのです。

時間にゆとりがあるのなら、前の日の夕方に出発して、ゆったり目的地を目指すフェリーの船旅はいかがでしょうか? ちなみに北海道各地に向かう高速バスがセットになった「パシフィック・ストーリー」なら、便利な上に運賃もお得になります。

※所要時間は目安です。
ジョルダン調べ(2020年12月時点の情報です)

東京~札幌は、フェリー&高速バス付の
お得な「パシフィック・ストーリー」が
おすすめです!

「パシフィック・ストーリー」 詳細

※商船三井フェリーのWebサイトへ移動します

「パシフィック・ストーリー」 詳細

関連記事RELATED