関西から九州へペット同伴旅行

もくじ

愛する家族の一員であるペットと一緒に九州旅行を考えている方には、自宅からマイカーで大阪南港もしくは神戸港から「さんふらわあ」に乗って行くのがおすすめ。フェリーの船内でもずっと愛犬・愛猫と一緒に過ごせる「ウィズペットルーム」があるからです。
今回、大阪在住のきよみさん、娘のきらりさん、愛犬パルフェちゃんの鹿児島フェリー家族旅に密着同行しました。
※一部、撮影のためにマスクを外しています。
※最新の営業状況については、各店舗・施設HP等にてご確認ください。

<編集部コメント>
2021年2月に家族になったトイプードルのパルフェちゃん。いつも「パルちゃん」と呼んでいます。
久しぶりに母娘旅行に行くことを計画。初めてパルちゃんも一緒に行くお泊り旅行です。行先は、きよみさんが子どもの頃に何度か行ったことのある鹿児島。「さんふらわあ」を利用した旅行です。

左から、きらりさん、パルフェちゃん、きよみさん。
左から、きらりさん、パルフェちゃん、きよみさん。

「さんふらわあ」のウィズペットルームなら移動中もペットとずっと一緒で安心・快適

飛行機や新幹線を利用してペット同伴旅行をするとなると、空港や駅でのたくさんの荷物を持っての移動が大変。飛行機だと機内ではペットは暗い貨物室での移動になります。また、現地に着いてレンタカーを借りる場合、ペット同乗OKの車両を選ぶ必要がある上、普段乗り慣れていない車だとペットにも人にもストレスがかかってしまうことも。
その点、自宅から車で港までに移動し、そのまま車ごと乗船して九州へ行ける「さんふらわあ」なら、移動が快適でストレスもありません。さらに、移動中の船内でもずっとペットと同じ部屋で過ごせる「ウィズペットルーム」があるのが一番のポイント。ペットも人もリラックスして移動できるのは、船旅ならでは。
さらに自宅からマイカーで行けるから、着替えはもちろん、パルちゃんを乗せるバギー(キャリーケース脱着式)など、多くの荷物も積めるし、現地でレンタカーを借りる手間もなし。普段乗り慣れている愛車でドライブできるので、安心して旅行を楽しめます。
「さんふらわあ」でのペットとの九州旅行を選んだのには、こうした理由が。

大阪から鹿児島・志布志へ、ワンちゃん連れの母娘フェリー旅

大阪南港の志布志(鹿児島)行き「さんふらわあターミナル(大阪)第2ターミナル」横には、リードを付けて愛犬の散歩ができる「ペットお散歩ひろば」があります。乗船前に軽く運動できるのは助かります。

お散歩ひろばには、シャワーヘッドがついた水場やペット専用ゴミ入れもあります。
お散歩ひろばには、シャワーヘッドがついた水場やペット専用ゴミ入れもあります。
「さんふらわあ」の船体を見ながらお散歩できます。
「さんふらわあ」の船体を見ながらお散歩できます。

自動車の乗船時間が近づいたら車に戻り、車両誘導の方の指示に従って乗船します。

乗船前
フロントガラスに「ペット」の紙

乗船受付時にもらった「ペット」と書かれた紙を車のダッシュボードに置いておくと、船内に入りやすい駐車位置に誘導してもらえます(繁忙期や予約状況によっては、対応できない場合があるそうです)。

ペットカートと必要な荷物を車から降ろし、エレベーターでウィズペットルームのある7階へ上がります。

今回、往路で乗船するのは「さんふらわあ さつま」。ウィズペットルームやペットルームのあるエリアへは、専用のカードキーがなければ立ち入ることができなくなっているので安心です。

カードキーはタッチ式。
カードキーはタッチ式。

今回利用するデラックス(ウィズペット)ルームにも同じカードキーで入ります。

デラックス(ウィズペット)ルームは窓付きのお部屋。エアコン、テレビ、空気清浄機など一連の備品が揃っていて、まるでホテルのよう。ソファーがあるのでくつろげますね。通常2名の部屋ですが、ソファーをエキストラベッドに変化させて最大4名で利用できるそう。
ワンちゃん用の食事皿・水皿・トイレマットもあり、お部屋の中では自由に動き回れます。

パルちゃんも初めてのお部屋に入って探検中。
パルちゃんも初めてのお部屋に入って探検中。

ウィズペットエリアの通路には、ワンちゃん・ネコちゃんの絵がいくつも飾ってありました。

7階のウィズペットエリアの外部デッキには、ペット連れ専用のドッグランがあり、乗船中はいつでも好きな時にドッグランを使えます。

夕食前と翌朝到着前にドッグランで遊ばせました。
夕食前と翌朝到着前にドッグランで遊ばせました。
水場には「おしっこポール」も。使用後は水をかけて流します。
水場には「おしっこポール」も。使用後は水をかけて流します。

パルちゃんの食事を済ませ、レストランで夕食です。バイキングスタイルなので食べたいものをチョイス。季節限定のご当地グルメなどもあり、ついつい取り過ぎちゃいます…。

食後のデザートもいただきました(別腹)。
食後のデザートもいただきました(別腹)。

夕食後、船内ショップに立ち寄り。九州のお土産やスナック菓子など、種類が豊富で目移りするほど。これならお土産を買い忘れても、帰りの「さんふらわあ」で買えば大丈夫(笑)。
お部屋で食べるお菓子を買って、パルちゃんが待つお部屋に戻ります。

お酒好きな方には焼酎も揃っています。
お酒好きな方には焼酎も揃っています。
部屋にも慣れてきて、持ち込んだ愛用のベッドの中で落ち着くパルちゃん。
部屋にも慣れてきて、持ち込んだ愛用のベッドの中で落ち着くパルちゃん。

翌朝、朝食の時間。レストランで食べることもできますが、テイクアウトできる「うどん・おにぎりセット」にして、パルちゃんと一緒にお部屋で食べることにしました。

下船の時間が近づき、船内アナウンスに従って、車両甲板の車に戻ります。

いよいよ鹿児島に到着。曇り空ですが雨は降っていません。よかった。
車両甲板の車に乗り込み下船を待ちます。
フェリーを降りたらそのまま鹿児島ドライブのスタート。パルちゃん、九州初上陸です!

南岳の麓、険しい表情の桜島が見られる溶岩原の有村溶岩展望所

志布志港から最初に目指したのは、鹿児島のシンボルともいえる桜島の麓にある「有村溶岩展望所」。途中休憩を取りつつ、1時間半ほどのドライブで到着です。

ゴツゴツした溶岩の中、展望所へ。桜島を詠んだ句碑・歌碑が点在する遊歩道もあります。
ゴツゴツした溶岩の中、展望所へ。桜島を詠んだ句碑・歌碑が点在する遊歩道もあります。

桜島の南側に位置する有村地区の大正溶岩原に設けられた「有村溶岩展望所」。パルちゃんにリードを付けて、見晴らしの良い展望所へ上ります。舗装された道や階段の脇には、黒々とした溶岩が点在する溶岩原が広がっています。
展望所へ上ると、雲はあるものの青空が見え、日が射すほどに天気が回復。山頂部分が切り立った桜島の険しい姿がキレイに見えました。

猛々しい桜島をバックに。風が強い…。
猛々しい桜島をバックに。風が強い…。

展望所から桜島と逆側を眺めると、錦江湾(きんこうわん)と呼ばれる鹿児島湾が一望できます。

有村溶岩展望所

住所
鹿児島県鹿児島市有村町952
電話番号
099-298-5111(観光交流センター)
ペット
リードをつけて散歩可能

全長約100m、日本最大級の足湯に入りながら桜島を眺められる「桜島」溶岩なぎさ公園足湯

有村溶岩展望所からさらに西へ車を走らせると、約15分で「桜島」溶岩なぎさ公園足湯があります。途中、近くのスーパーでお弁当を購入。すっかり天気が良くなったので、ピクニック気分でのランチタイムを楽しみます。

足湯に入りたそうなパルちゃん。でもワンちゃんは入れません。
足湯に入りたそうなパルちゃん。でもワンちゃんは入れません。

「桜島」溶岩なぎさ公園で有名なのは、全長約100mの日本最大級の足湯。地下1,000mから湧出する赤褐色の天然温泉で、無料で利用できます。パルちゃんも興味津々(ペットは足湯には入れません)。こんな公園が近所にあったら、毎日ワンちゃんの散歩の後に足湯に入って疲れを癒せますね!

錦江湾は目の前。鹿児島中心部へ渡るフェリー乗り場もすぐ近くにあります。そして振り返れば、悠然と桜島がそびえています。
ちなみに、「桜島」溶岩なぎさ公園から海辺沿いに約3Km続く「溶岩なぎさ遊歩道」は、「日本の遊歩百選」にも選ばれています。

芝の上で思わず走り出すパルちゃん。桜島がよく見えます。
芝の上で思わず走り出すパルちゃん。桜島がよく見えます。

芝の上でパルちゃんをお散歩させて、じんわりと温かい足湯を楽しんだ後は、今日の宿泊先へ向かいます。

「桜島」溶岩なぎさ公園足湯

住所
鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-3
電話番号
099-298-5111(観光交流センター)
営業時間
足湯は9:00~日没まで
ペット
リードをつけて散歩可能(足湯にペットは入れません)

愛犬と一緒にラグジュアリーな空間で、贅沢な時間を過ごせるD+KIRISHIMA

パルちゃんと初めての旅行だから、宿泊先も厳選。霧島温泉郷にあり、ワンちゃん用の懐石料理をお部屋で一緒に楽しめる「D+KIRISHIMA」(ディープラスキリシマ)が今回のお宿。霧島唯一の展望温泉を備えた霧島観光ホテルに併設した、ペット同伴でスタイリッシュな宿泊ができるホテルです。温泉とおいしい料理がクチコミで人気です。

上品なカラーでまとまっているインテリアに落ち着きます。
上品なカラーでまとまっているインテリアに落ち着きます。
ワンちゃん用露天風呂(右)にパルちゃんも興味津々。
ワンちゃん用露天風呂(右)にパルちゃんも興味津々。

広々とした室内は、家具やインテリアも洗練された上質なものが配置されています。開放的な専用の露天風呂が備わっていて、人とワンちゃん専用のお風呂が並んでいるので、一緒にバスタイムを満喫できます(食事の後にゆったりと楽しみました)。

お待ちかねのディナータイム。パルちゃん用の夕食をオプションで予約し、お部屋で一緒にいただきます。パルちゃんには「鹿肉ハンバーグ」をチョイス。私たちはフルコース会席です。

この日のお品書きは、シャンパン、フォアグラの茶わん蒸し、新鮮な魚介のお造り、黒豚のつゆしゃぶなど全11品。
この日のお品書きは、シャンパン、フォアグラの茶わん蒸し、新鮮な魚介のお造り、黒豚のつゆしゃぶなど全11品。どれも選び抜かれた素材が使われ、手の込んだお料理でした。

地元・鹿児島の食材がふんだんに使われていて、見た目にも美しく、とてもおいしくて大満足!パルちゃんも、ちょっと食べすぎなくらい食べていました。

ワンちゃんの大きさに合わせて4サイズから選べる愛犬料理(オプション料金)。
ワンちゃんの大きさに合わせて4サイズから選べる愛犬料理(オプション料金)。
パルちゃんは一番小さいSサイズ。鹿肉ハンバーグに舌鼓。

食後にひと息ついたら、疲れを癒すバスタイム。お部屋に付属の露天風呂があり、愛犬と一緒に温泉を楽しめるのはうれしいですね。
D+KIRISHIMAに宿泊すると、霧島観光ホテル館内にある展望大浴場、桜島の溶岩を使用した霧乃溶岩露天風呂など、源泉かけ流しの温泉も利用することができます。

おいしい食事と温泉を堪能し、ぐっすり眠ることができました。

翌朝、朝食も豪華です!手が込んでいて、朝からテンションが上がります。

品数豊富で、どれもおいしそう。
ワンちゃん用の朝食もオプションで付けました。
ワンちゃん用の朝食もオプションで付けました。

朝食後、ホテル敷地内にあるドッグランへ。パルちゃん、大喜びで走り回ります。朝から元気いっぱいです。
ドッグランの施設には、洗い場も付設。シャワーホースもありました。また、ワンちゃん用タオルやエチケット袋も用意されていて、至れり尽くせり。

そうこうしているうちに出発の時間。上質な空間で、贅沢なひとときをパルちゃんと母娘でたっぷり満喫できました。

D+KIRISHIMA(ディープラスキリシマ)

住所
鹿児島県霧島市牧園町高千穂3885(霧島観光ホテル併設)
電話番号
0995-78-2531(予約)
ドッグラン
無料
愛犬用アメニティ
客室に、トイレシート・ウンチ回収袋・タオル(大・小)・皿(大・小)・水飲み用器など。
その他、ワンちゃん用の貸し出し品として、ドライヤー・シャンプー&リンス・ケージなどあり。詳しくはお問い合わせを。

四季の花々に包まれた錦江湾公園を一望できる霧島神話の里公園

昨日、ホテルへ向かう途中に見つけた、山の斜面に桜がキレイな場所へ行ってみました。そこは、霧島錦江湾国立公園内にあり、錦江湾・桜島・開聞岳などを眺められる標高680mに位置する「霧島神話の里公園」でした。

四季折々の自然の景色を楽しめる公園で、子ども向け遊具が充実しています。ロードトレイン・ポッポ号やリフトで山頂まで楽に行けるので、小さな子や年配の方でも安心です。
道の駅・霧島が隣接していて、地元名産の食べ物やお土産品が揃っています。お土産をたくさん買っちゃいました。

霧島神話の里公園

住所
鹿児島県霧島市霧島田口2583-22
電話番号
0995-57-1711
営業時間
9:00~17:00
ペット
リードをつけて散歩可能

ボリューム満点のランチを、ワンちゃんネコちゃん同伴可のテラス席で。マテリアランチ.com

霧島神宮にほど近い場所に、地元でも人気のランチが食べられる「マテリアランチ.com」があります。鹿児島県産の野菜や脂の乗りが良くてほんのり甘みを感じる鹿児島名物の黒豚など、素材にこだわった料理を提供してくださるお店です。ご飯は、鹿児島県伊佐市のブランド米「伊佐米」だそう。

お肉と野菜のバランスもGoodの「マテリアプレートランチ」。
お肉と野菜のバランスもGoodの「マテリアプレートランチ」。

こちらでいただいたランチは、1日10食限定のマテリアプレートランチ。黒豚のカツのほかに、季節の旬の食材を使った料理が付きます。この日は、菊芋のチーズ焼きのほかに、新玉ねぎや蕨(わらび)など春の食材の天ぷらが味わえました。小鉢が充実していて、いろんな味や食感が楽しめるのもうれしいですね。

カツがプレートの上でひしめき合う「黒豚ヒレカツ(小)ランチ」。
カツがプレートの上でひしめき合う「黒豚ヒレカツ(小)ランチ」。

そしてもう一品は、黒豚ヒレカツの小ランチ。このボリュームで「小」なんて!食べ応え満点です。もちろん味は、黒豚の甘みが感じられるジューシーなお肉でおいしいことこの上なし。
ちなみに、もっとたくさん黒豚を味わいたい方には、黒豚ヒレカツ大ランチもあります。

愛犬と一緒にテラス席でランチタイムを楽しめます。パルちゃんもお腹ペコペコ。

ランチには、スープやドリンク、デザートもセット。ペット同伴で、霧島神宮近くでランチを食べるならマテリアランチ.comがおすすめ。Webサイトからペット同伴の予約も可能(平日のみ)。また、店内では自家製パンの販売のほか、薩摩黒にんにくや黒酢などの鹿児島特産品、雑貨も販売されているので、お土産の購入もできます。

マテリアランチ.com

住所
鹿児島県霧島市霧島田口2458-8
電話番号
0995-57-0291(ランチ)
営業時間
ランチ営業のみ11:00~無くなり次第終了
定休日
火曜日
ペット
テラス席で同伴可(予約推奨)

約2Km続く桜並木が圧巻!日本の桜名所100選にも選出された母智丘公園

ランチの後は宮崎県・都城方面へ向かいます。霧島神宮付近から、車でおよそ30分の場所にある「母智丘公園」。母智丘(もちお)と読みます。

雨予報でしたが青空が見えるほど天気が良くなり、いいお花見ができました。
雨予報でしたが青空が見えるほど天気が良くなり、いいお花見ができました。
お散歩途中で出会った地元のワンちゃんとご挨拶。
お散歩途中で出会った地元のワンちゃんとご挨拶。

ここは桜の名所として有名で、開花時期になると県内外から多くの人がお花見に訪れます。例年は3月下旬から4月上旬にかけて「桜まつり」が開催されるのですが、コロナ禍で2020年・2021年・2022年と3年連続で中止…。でも、桜はキレイに咲いていました。
母智丘公園から母智丘神社までの約2Kmを「桜のトンネル」が続きます。宮崎県では唯一、日本の桜名所100選に選ばれている場所。

私たちが訪れた時には、もう満開の時期は過ぎていましたが、それでも舞い散る桜吹雪の中をパルちゃんとお散歩しながら、春を楽しみました。

母智丘公園

住所
宮崎県都城市横市町6633
電話番号
0986-37-2929(都城観光協会 関之尾緑の村)
ペット
リードをつけて散歩可能

都城で人気のフラッペやスイーツを堪能!こだわりのコーヒーも評判の黒髭珈琲

パルちゃん同伴旅行もそろそろ終盤。都城市街地へ車を走らせ、都城図書館の横にある「黒髭珈琲 マルヨコブリッジ店」で甘いものを補給します。店舗前のテラス席はペット同伴可なので、パルちゃんと一緒でも安心です。床にリードフックが付いているのもうれしいポイント。

カウンターでオーダーするセルフサービススタイル。
カウンターでオーダーするセルフサービススタイル。

店内は落ち着いた雰囲気で、小さな子どもが遊べるスペースもあり、地元の人たちに愛されているお店であることがわかります。そして、豊富なスイーツメニュー!ショーケースの中には瓶に入った「イチゴのショートケーキ」や「大人のティラミス」「大人のプリン」など、そそられるスイーツが並んでいます。シフォンケーキもおいしそう!

パルちゃん、お行儀よくお座り中。床のフックにリードを付けられるので安心です。
パルちゃん、お行儀よくお座り中。床のフックにリードを付けられるので安心です。

甘酸っぱいイチゴソースと生クリーム、シャーベットの組み合わせがクセになる人気のストロベリーフラッペと、濃厚でおいしいチョコレートが味わえるモカチョコフラッペを注文。テラス席でいただきました。

黒髭珈琲 マルヨコブリッジ店

住所
宮崎県都城市中町16-22 マルヨコブリッジビル1F
電話番号
0986-21-2190
営業時間
11:00~18:00
定休日
なし
ペット
テラス席で同伴可

鹿児島の名店・萬來で、どんぶり選手権でグランプリに輝いた「志布志黒豚三昧丼」のお弁当をゲット!

都城を後にして、一路志布志港へと向かいます。途中、地元で人気、全国的にも知る人ぞ知る「黒豚角煮どんぶり」が有名な「萬來」でお弁当を購入します。「さんふらわあ」船内で食べる用です。
「こんなところにお店があるのかな?」とちょっぴり不安を感じつつ車を走らせると、工場に隣接した「萬來」の店舗がありました。

お弁当以外にも持ち帰りできるメニューがあります。詳しくは店舗にお問い合わせを。
お弁当以外にも持ち帰りできるメニューがあります。詳しくは店舗にお問い合わせを。
黒豚角煮のおいしさがたっぷり詰まったどんぶり。日本一の味をテイクアウト。
黒豚角煮のおいしさがたっぷり詰まったどんぶり。日本一の味をテイクアウト。

店内では、11時から14時までのランチタイムに食事ができます。なんといってもおすすめは、ふるさとまつり東京・第9回どんぶり選手権でグランプリを受賞した地元・鹿児島の黒豚角煮がたっぷり入った「志布志黒豚三昧丼」。テイクアウトできるお弁当は17時までの販売です。

食べ応えのある黒豚三昧丼。ウィズペットルーム内でおいしくいただきました。
食べ応えのある黒豚三昧丼。ウィズペットルーム内でおいしくいただきました。

萬來から志布志港までは、車で10分強の距離。
フェリーターミナルで手続きを済ませて「さんふらわあ きりしま」に乗船し、大阪へ戻ります。もちろん帰路も、パルちゃんと一緒に過ごせるデラックス(ウィズペット)ルームです。

お腹がすいてきたところで「志布志黒豚三昧丼」をいただきます。
トロトロやわらかな角煮、炙りの入った角煮、甘めの出汁巻き卵に包まれた角煮の3種が、角煮のタレで炊いた炊き込みご飯の上に乗っています。煮卵も角煮のタレでじっくり煮込まれ、しっかり味がしみています。付属のからしを好みで付けながら、まさに黒豚角煮三昧に大満足でした!

萬來

住所
鹿児島県志布志市志布志町安楽4623-5
電話番号
099-472-3835
営業時間
9:00~17:00(店内飲食は11:00~14:00)
定休日
日曜日・祝日
ペット
不可
帰りの「さんふらわあ」客室内では、すっかり慣れた様子でした。
帰りの「さんふらわあ」客室内では、すっかり慣れた様子でした。

初めてのフェリー、初めての長距離ドライブ、初めてのお泊りで、パルちゃんはちょっと疲れちゃったかも。でも、普段とは違う環境の中でずっと一緒に過ごせて、今まで以上に絆が深まったと思います。きっとパルちゃんもいい思い出ができたはず。
また「さんふらわあ」に乗って、今度はもっとのんびりと愛犬・パルフェと九州旅行を一緒に楽しみたいなと思いつつ、帰路につきました。

愛するペットと一緒に、関西から九州へ。
「さんふらわあ」なら自宅からずっと
愛犬と一緒に旅行を楽しめます。

関西~九州航路「フェリーさんふらわあ」はこちら

※フェリーさんふらわあのWebサイトへ移動します

関西~九州航路「フェリーさんふらわあ」はこちら

関連記事RELATED