いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」アイキャッチ

愛するペットと一緒に移動・旅行したい…でも移動中のストレスはなるべくかけさせたくない…。そんなお悩みを持つ方、交通手段にフェリー「さんふらわあ」を利用してみてはいかがでしょうか。 2017年5月、大洗と苫小牧を結ぶ夕方便として就航した「さんふらわあ ふらの」、そして同じく10月に就航した「さんふらわあ さっぽろ」。この2隻の新造船の優れたところはたくさんあるのですが、特に声を大にして言いたいのは、“ペットファースト”だということ。 実は、ペット連れのお客様に嬉しい設備が、すごく充実しているんです。どんな設備なのでしょうか?大洗発・苫小牧行の夕方便に乗船し、ご利用されたお客様にお話を聞いてみました。

※当該記事は2018年4月時点のものです。乗船規定が変更となっていますのでご注意ください。
≫<首都圏~北海道航路>商船三井フェリーペット乗船規定について詳しくはこちら
≫<関西~九州航路>フェリーさんふらわあペット乗船規定について詳しくはこちら
 

一般的にペットとフェリーに乗船する際は、ゲージに入れて、さらに専用のペットルームに預けます。愛するペットと離れず、一緒に旅を楽しみたいものですよね。
そんな要望に応えるべく、「さんふらわあ ふらの」と「さんふらわあ さっぽろ」では、ペットと一緒に泊まることができる個室「スーペリアウィズペット」が用意されているのです。

スーペリアはスイート、プレミアムに次ぐ3番目クラスの個室の名称であり、その、“ペットと一緒に泊まれる”版がこちらのお部屋。

≫愛犬と同じ部屋で過ごせるフェリー「さんふらわあ ふらの」について詳しくはこちら

いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」1

「スーペリアウィズペット」は、5階~6階の客室フロアのうち、5階に2室、6階に3室、計5室あります。

4名定員の洋室で、ベッド2台、プルマンベッド1台、ソファーベッド1台という構成。

部屋が広々としているので、ペットにストレスをかけさせることなく伸び伸びと過ごさせることができます。

いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」2

シャワー&トイレユニット、テレビ、冷蔵庫、そしてペット用の水飲み皿などを完備しています。

さっそく、この部屋に愛犬と一緒にお泊りの高井さんにお話を伺いました。

いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」3
高井仁史さん、妻・純子さん、息子・奏太くん
あんこちゃん(メス・4歳)、おもちちゃん(メス・3歳)
犬種=チン お住い=栃木県

 

Q. なぜこのフェリーを利用されたのですか?
A. 北海道の実家で不幸がありまして……。飛行機は犬が鼻ぺちゃなのでムリ。かといってホテルに預けるのも可哀想だったので、この船を利用しました。

Q. 今回が初めての利用ですか?
A. いえ、昨年1度利用しています。その時の印象がとても良かったので、また今度も利用したいと思い、問い合わせたら運良く部屋の空きがありました。

Q. どんなところが気に入っていますか?
A. やっぱり愛犬と一緒の部屋で過ごせることですね。一晩でもゲージに入れておくのは可哀想なので。あと、部屋の外にもう1つドアがあるので、万が一逃げ出しても、他の場所に行けないのは安心です。(5階のウィズペットルームは)5階のドッグランにすぐ出られるのも便利です。よくできてるな〜と思います。
移動時間が長くても、自由に走り回らせることができるドッグランがあるのはありがたいですよね。

また、一般的な「ペットルーム」(5階)も用意されています。

いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」4

ケージの数は12台。大型犬用も1台あります。

いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」5

室内は温度管理が徹底されており、寒さ、暑さの対策も万全。“利用者専用カード”が無いと入れないので、いたずらや盗難などの心配もありません。

次は、「ペットルーム」をご利用中の古谷さんにお話を伺いました。

いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」6
古谷喜代美さん、ご主人
チョコくん(オス・5歳)
犬種=ミニチュアダックスフント お住い=埼玉県

Q. なぜこのフェリーを利用されたのですか?
A. 実家がある札幌へ。犬がいるので船じゃないと。人間だけなら飛行機の方が早いんですけどね。

Q. 今回が初めての利用ですか?
A. いえ。仕事の関係で札幌と埼玉を行ったり来たりしているので、2年ほど前から年に2回ぐらいはフェリーを利用しています。この船は2度目ですね。

Q. どんなところが気に入っていますか?
A. 以前よりとてもきれいになりましたね。若いころからフェリーに乗っていますが、相部屋でザコ寝をしていた頃に比べたら雲泥の差です。ドッグランがあるのも嬉しいですね。

古谷さんもお気に入りの「ドッグラン」は、5階の左舷側と右舷側の2カ所にあります。

いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」7
いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」8

左舷は「スーペリアウィズペット」、右舷は「ペットルーム」に直結しているので、犬を連れていないお客様と一切接触することなく、遊びに連れ出せます。

ペットを連れての旅は、“他人に迷惑がかからないかどうか”が一番の心配の種。これなら安心して愛犬とゆったり旅を楽しめそうです。

≫新造船「さんふらわあ ふらの」をもっと知りたい方はこちら

それでは、気になる「ドッグラン」をちょっと覗いてみましょう!

いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」9

心地よい風と程よい陽の光が差し込み、明るい空間。壁にはカラフルなイラスト、そして床には大きな犬の足あとマークがデザインされているなど、いるだけで楽しくなります。

いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」10

もちろん、洗い場や水飲み場もあります。

いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」11

ウンチ用ビニール袋とウンチボックスも完備。

細部にまで配慮があり、“ペットも乗客の一員として迎えよう”というスタッフの気持ちが伝わってきます。なにかと大変なペット連れの旅ではあるものの、「さんふらわあ ふらの」や「さんふらわあ さっぽろ」なら、愛犬と一緒に楽しく旅行ができそうですね。

このほか「さんふらわあ」には神戸−大分航路に就航する「さんふらわあ ごーるど」「さんふらわあ ぱーる」にも、ペットと一緒に過ごせる客室「ウイズペットルーム」があります。

いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」12
いかがですか、「ペットと一緒にフェリー旅」13

こちらは定員2名と4名の2段ベッドのお部屋が用意されています。

また大阪−志布志航路に就航中の「さんふらわあ さつま・きりしま」にも、デラックスタイプの「ウイズペットルーム」と「ドッグラン」があります。

「さんふらわあ」各船にはペットケージが用意されています。

ペットファーストの名に偽りない、飼い主にもペットにも安心・快適な設備環境ですね!

“ペットと一緒に旅をするならフェリー”が、今では定番。ぜひ皆さんも愛犬と一緒に船旅を楽しんでみてください。

移動だけでなく、宿泊場所も一緒にとりたい方には、さんふらわあトラベルで販売中の北海道・九州宿泊付きのお得なプラン「愛犬とお家からず~っと一緒」がおすすめです!
≫北海道 愛犬とお家からず~っと一緒
≫九州 愛犬とお家からず~っと一緒
 

文・写真:いからしひろき

さんふらわあ ふらの
さんふらわあ さっぽろで
ペットと一緒に快適な船旅を!

さんふらわあ 詳細

※商船三井フェリーのWebサイトへ移動します

さんふらわあ ふらの
さんふらわあ さっぽろで
ペットと一緒に快適な船旅を!

さんふらわあ 詳細

※商船三井フェリーのWebサイトへ移動します

関連記事RELATED