競走馬のふるさとを訪ねるアイキャッチ

もくじ

北海道は競走馬たちのふるさと。2017年の有馬記念を制したキタサンブラックを始め、ターフを沸かせた名馬たちは、競技生活を終えると生まれ故郷の北海道に戻って、第2の生活をスタートさせます。繁殖シーズンを終えると多くの牧場は見学ができるようになり、観光の際に立ち寄ることができます。今回はみなさんの心に残る名馬たちがいる主な牧場を紹介します。
※最新の営業状況については、各店舗・施設HP等にてご確認ください。

競走馬の牧場見学は7月ごろからがシーズン!

競馬ファンにはおなじみですが、北海道は競走馬の生まれ故郷として知られています。活躍した馬たちは現役を引退すると故郷へ戻り、種牡馬や繁殖牝馬として再び歩み始めます。

 

競走馬の繁殖シーズンは毎年2月~4月。そして5月くらいから休養に入るので、7月ごろには観光客向けに繋養されている馬たちの見学ができるようになります。

 

まずはさんふらわあのターミナルである苫小牧からほど近い3つの牧場からご紹介しましょう。

スターホースが目白押しな「社台スタリオンステーション」

スターホースが目白押しな「社台スタリオンステーション」1
キタサンブラックの現役時代(写真:福嶌 弘)

繋養馬の豪華さでいえば、他の追随を許さないのが社台スタリオンステーション。さんふらわあが到着する苫小牧西港から車で40分ほどの近さです。2017年の有馬記念を制したキタサンブラックを始め、牡馬クラシック3冠を制したディープインパクト、海外のG1レースでも勝ち星を挙げたモーリスなどのスターホースが第二の生活をここで歩んでいます。

スターホースが目白押しな「社台スタリオンステーション」2

毎年、5月の終わりごろから見学が行われていますが、近年は繋養馬の体調を優先して見学期間が以前よりも短くなり、場合によっては終日見学不可ということもあります。そのため牧場を訪問する前には必ず、公式HPを確認してから行くようにしましょう。

「社台スタリオンステーション」

主な繋養馬
キタサンブラック、ディープインパクト、クロフネなど
住所
北海道勇払郡安平町早来源武275
電話
0145-22-4581

元競走馬と触れ合える「ノーザンホースパーク」

元競走馬と触れ合える「ノーザンホースパーク」1

牧場の多くは繋養されている馬を見るだけで、触れるのは原則禁止ですが、ノーザンホースパークは「馬と触れ合える」というコンセプトを持つテーマパーク。

 

数多くの名馬を輩出してきた社台グループの生産馬たちの多くがここで余生を送っています。

元競走馬と触れ合える「ノーザンホースパーク」2

施設内にはあらゆるエリアが用意され、元競走馬を見学するだけでなく、乗馬や馬車といったアトラクションや蹄鉄を装飾するホースシュースタンドのワークショップなどが開催されています。

元競走馬と触れ合える「ノーザンホースパーク」3

しかも見学できる馬には2008年の天皇賞(春)を制したアドマイヤジュピタやダートのG1レースで9勝を飾ったヴァーミリアンなど、社台スタリオンステーションと負けず劣らずの豪華絢爛なメンバーが揃っています。

 

社台スタリオンステーションから車で約20分程度とアクセスもいいので、2つ一緒に観光することもできますよ。

ノーザンホースパーク

主な繋養馬
アドマイヤジュピタ、ヴァーミリアンなど
住所
北海道苫小牧市美沢114-7
電話
0144-58-2116

個性派が勢ぞろいな「ブリーダーズ・スタリオン・ステーション」

個性派が勢ぞろいな「ブリーダーズ・スタリオン・ステーション」1
コパノリッキーの現役時代(写真:福嶌 弘)

タレントのDr.コパさんの所有馬として知られ、ダートのG1レースで最多となる11勝を挙げたコパノリッキーらの個性派スターを多く繋養しているのがブリーダーズ・スタリオン・ステーション。こちらも苫小牧から車で1時間ほど。このあとご紹介する日高地方と苫小牧のちょうど中間にあります。

個性派が勢ぞろいな「ブリーダーズ・スタリオン・ステーション」2

ここは種牡馬たちの見学ができるのはもちろんですが、2001年の香港ヴァーズらを制し、2011年の3冠馬オルフェーヴルの父となったステイゴールドらのお墓もあります。ファンの多い馬だっただけに今でも参拝者が途絶えることなくやってくるそうです。

ブリーダーズ・スタリオン・ステーション

主な管理馬
コパノリッキー、ジャングルポケットなど
住所
北海道沙流郡日高町富川東2-972-3

日高方面に足を延ばすなら「競走馬のふるさと案内所」へ行ってみよう

日高方面に足を延ばすなら「競走馬のふるさと案内所」へ行ってみよう1

北海道の中でも特にサラブレッドの牧場が多いのは、日高地方の新冠町や新ひだか町です。苫小牧西港フェリーターミナルからは車で太平洋沿いに走ること約90分で到着します。

 

牧場見学の前に必ず行っておきたいのが北海道には3ヵ所に設置されている「競走馬のふるさと案内所」という施設。日高案内所はそのなかでも特に有名です。

 

ひとくちに牧場見学と言っても、会場時間や見学におけるルールは牧場によってさまざまで、馬の体調次第では見学不可となることもあります。そのため、詳細を知らないままで牧場に行ってしまい、お目当ての馬に会えずにガッカリ…なんてこともよくある話です。

 

競走馬のふるさと案内所では、牧場見学のルールやマナーをレクチャーしてくれたり、お目当ての馬がいる牧場を教えてくれたりします。また、ここを経由しないと見学の予約ができない牧場もあるので、一度立ち寄ってみるといいでしょう。

競走馬のふるさと日高案内所

住所
北海道日高郡新ひだか町静内神森175-2
電話
0146-43-2121

「優駿メモリアルパーク」にはあの名馬のお墓が!

競馬ファンならずとも知っている名馬・オグリキャップ。2010年に惜しまれつつもこの世を去りましたが、そんなスターホースの記念館やお墓が優駿メモリアルパークにあります。ここでは偉大な名馬の蹄跡をたどることができます。

 

優駿メモリアルパークのあるエリアは通称「サラブレッド銀座」と呼ばれ、国道235線から山間部までの約8キロの道程に数々の牧場が連なっているので、牧場見学のはしごをすることもできます。

「優駿メモリアルパーク」にはあの名馬のお墓が!1
サラブレッド銀座の風景(写真:PIXTA)

優駿メモリアルパーク

住所
北海道新冠郡新冠町字朝日267-3

愛された怪物・ゴールドシップに会える「ビッグレッドファーム」

愛された怪物・ゴールドシップに会える「ビッグレッドファーム」1
ゴールドシップの現役時代(写真:福嶌 弘)

そんなサラブレッド銀座にある牧場のなかから、まずご紹介するのはビッグレッドファーム。2012年の有馬記念などのG1レースを制しただけでなく、ひとたびレースから離れるとヤンチャなしぐさを見せてファンに愛されたゴールドシップが繋養されています。

愛された怪物・ゴールドシップに会える「ビッグレッドファーム」2

他の牧場とは違って基本的には予約なしで入場できるため、比較的見学しやすい牧場として知られています。牧柵から最大1メートル前まで近づくこともできるため、写真を撮るのにも最適です。

ビッグレッドファーム

主な繋養馬
ゴールドシップ、グラスワンダーなど
住所
北海道新冠郡新冠町明和

スピードホースたちが居並ぶ「レックススタッド」

スピードホースたちが居並ぶ「レックススタッド」1
エイシンヒカリの現役時代(写真:福嶌 弘)

こちらもサラブレッド銀座からほど近いレックススタッド。エイシンヒカリやコパノリチャードなど、主に短距離戦線で活躍した馬たちが多く繋養されています。見学の際には数多くの種牡馬が放牧地に出されるため、一度に多くの馬を見られるのがポイント。ほとんどが日本で走った馬たちなので、懐かしい名馬に会えるのが魅力です。

見学時間は10時~12時までと決まっていて、事前に二十間道路牧場案内所での予約が必須です。必ず公式HPを確認して予約を取っておきましょう。

レックススタッド

主な繋養馬
エイシンヒカリ、タニノギムレットなど
住所
北海道日高郡新ひだか町静内目名491-2

苫小牧は牧場めぐりのスタート地点にうってつけです

さんふらわあのターミナルがある苫小牧周辺には、かつてターフを沸かせた元競走馬が繋養されている牧場が多くあることがわかっていただけたと思います。雄大な北海道らしい牧場風景と名馬たち。さんふらわあを利用してぜひ会いに行ってみてはいかがでしょう。

充実の設備とサービスで、快適な船旅を!
北海道へ行くなら「さんふらわあ」で!

関東~北海道航路「商船三井フェリー」はこちら

※商船三井フェリーのWebサイトへ移動します

充実の設備とサービスで、快適な船旅を!
北海道へ行くなら「さんふらわあ」で!

関東~北海道航路「商船三井フェリー」はこちら

※商船三井フェリーのWebサイトへ移動します

関連記事RELATED