九州今どきスポットVol.4アイキャッチ

もくじ

皆様、おやっとさあ!鹿児島県観光連盟の日髙と申します。
「おやっとさあ」という言葉、鹿児島弁なのですが、比較的耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか。「おつかれさまです」というあいさつを意味する言葉です。
さて、5月に大阪南港-志布志港に「さんふらわあ」の新造船が就航したことをご存知でしょうか。私も早く新造船に乗って旅をしてみたい・・・。今回は、鹿児島県の寄港地、志布志港のある大隅半島を中心に、ついつい写真におさめたくなる旅の魅力をご紹介したいと思います。

≫新造船「さんふらわあ さつま」について詳しくはこちら

志布志名産のお茶をテイクアウトしてパチリ!

志布志名産のお茶をテイクアウトしてパチリ!1

 
 
志布志は鹿児島県内でも有数のお茶処。車を走らせればお茶畑が広がります。JAあおぞらが経営する「グリーンティーカフェあおぞら」では、志布志市有明町産のお茶を使用したドリンク、パンケーキ、定食などを味わうことができます。

インスタ映えするドリンクをテイクアウトすると、ドライブの気分が高まること間違いなしです。

グリーンティーカフェあおぞら

住所
鹿児島県志布志市有明町野井倉1207-1
営業時間
11:00~16:00(LO15:00)
休み
火曜(祝日除く)

カブト虫相撲大会の雰囲気をオブジェで

カブト虫相撲大会の雰囲気をオブジェで1

「グリーンティーカフェあおぞら」から車で20分くらい走ると、左側に大きく光る物体が見えてきます。

よーく見てみると、それは巨大な・・・カブト虫!

ここは、志布志市のお隣、大崎町にある「道の駅くにの松原おおさき」。このカブト虫のオブジェが目印です。なぜ、カブト虫のオブジェかというと、大崎町は毎年7月下旬に「カブト虫相撲大会」が開催されているからです。

道の駅 くにの松原おおさき

住所
鹿児島県曽於郡大崎町神領2419
営業時間
売店7:00~21:00、レストラン11:00~15:00、17:30~21:00、
温泉6:00~8:00、10:00~22:00、宿泊施設15:00~翌10:00
休み
第3火曜
カブト虫相撲大会の雰囲気をオブジェで2

隣接するキャンプ場は、7kmにも及ぶ白砂青松が美しい益丸海岸一帯、日南海岸国定公園内にあります。ウミガメの産卵でも知られているところです。ここではセグウェイ体験ができます。さわやかな海風を感じながらセグウェイで松林を散策してみませんか?

くにの松原キャンプ場

住所
鹿児島県曽於郡大崎町益丸226-1

大きなネタの海鮮丼はインパクト抜群

大きなネタの海鮮丼はインパクト抜群1

ドライブには欠かせない!グルメ情報をご紹介しましょう。畜産で有名な大隅半島なのですが、海産物も負けてはいません。大隅半島をぐーんっと南まで車を走らせること約1時間30分。食事処「時海(ときみ)」の海鮮丼。ネタの大きさと新鮮さが自慢です。

いかがですか!?この見た目のインパクト!テンションがあがります。
人気店ということもあり、予約をして行くことをおすすめします。

時海

住所
鹿児島県肝属郡南大隅町佐多伊座敷3931-2
営業時間
12:00〜14:00、17:30〜22:00
休み
水曜、第3日曜(他にも臨時休みあり、HPで確認を)
電話
0994-26-0663

いま話題といえばエメラルドグリーンの「雄川の滝」

いま話題といえばエメラルドグリーンの「雄川の滝」1

最近話題のスポットとしてご紹介したいのは、エメラルドグリーンの滝壺が美しい「雄川の滝」。某ドラマのオープニング映像で使われたことから、さらに人気のスポットとなっています。

落差36m、幅60m。夏の癒しスポットです。駐車場までの道が狭い事や、駐車場から滝壺までが約1200mある事も、たどり着いた先の景色がきっと忘れさせてくれるでしょう。

雄川の滝

住所
鹿児島県南大隅町根占川北12222
いま話題といえばエメラルドグリーンの「雄川の滝」2

今年4月、駐車場に新しいカフェ「aqua_base_cafe(アクアベースカフェ)」もオープンしました。aquabasecafe限定の雄川の滝をイメージしたオリジナルドリンクや地元食材を使用した飲み物,オリジナルみやげ品などが販売されています。

アクアベースカフェ

住所
鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北12070
営業時間
11:00ー17:00(平日)
10:00ー17:00(土日祝・GW・お盆・シルバーウィーク)
休み
水・木曜

夕日が沈む海を背景に影絵が浮かぶ

夕日が沈む海を背景に影絵が浮かぶ1

こちらも最近SNS等で話題のスポット。雄川の滝から国道を北上すること約40分。錦江湾に浮かぶ桜島と薩摩半島南端の薩摩富士「開聞岳」が一望できる神川ビーチは、夕日がきれいなスポットとして知られています。

夕日が沈む海を背景に影絵が浮かぶ2
夕日が沈む海を背景に影絵が浮かぶ3

 
 
地元の役場の職員さん達が仕事の合間を利用して、手作りで人や動物などを黒い板でかたどって並べ、影絵アートを完成させました。8月いっぱいまで展示されていますが、その後は不定期での開催となります。

神川ビーチ

住所
鹿児島県肝属郡錦江町神川3306−11

大隅半島から錦江湾を隔てて薩摩半島の指宿へ、フェリーで約50分、高速船で約20分で渡ることができます。ちょっと足を伸ばして、指宿の魅力も少しだけご紹介します。

≫新造船「さんふらわあ さつま」をもっと知りたい方はこちら

砂むし温泉といえば指宿!

砂むし温泉といえば指宿!1

指宿といえば、全国的にも類を見ない天然砂むし温泉。デトックス効果の高い砂むし温泉を体験すれば、旅の疲れもどこへやら。吹く風がとても気持ちよく感じられますよ。

3月から10月限定の「縁結びの島」

3月から10月限定の「縁結びの島」1

3月~10月までの干潮時、砂の道ができた時だけ渡ることが出来る無人島「知林ヶ島」は、陸と繋がる島であることから、縁結びの島とも言われています。神秘的ですね。

JR最南端の駅のひまわりは必見です!

JR最南端の駅のひまわりは必見です!1

8月下旬、JR日本最南端の駅「西大山駅」の目の前には、たくさんのひまわりが咲き誇ります。

JR最南端の駅のひまわりは必見です!2

 
 
駅前のお土産店では特産のマンゴーを使ったかき氷が人気!

西大山駅

住所
鹿児島県指宿市山川大山602

いかがでしたか?
夏の太陽を浴びて、キラキラ輝く景色やグルメをパシャリ。旅の思い出をカメラにおさめてみたくなりましたか?是非、「さんふらわあ」に乗ってかごんま(鹿児島)へ遊びにきてくださいね。

新造船さつま・きりしまの大阪~志布志航路で、
いざ、鹿児島へGO!

フェリーさんふらわあ Webサイト

※フェリーさんふらわあのWebサイトへ移動します

新造船さつま・きりしまの大阪~志布志航路で、
いざ、鹿児島へGO!

フェリーさんふらわあ Webサイト

※フェリーさんふらわあのWebサイトへ移動します

関連記事RELATED