「カジュアルクルーズ さんふらわあ」Webマガジン編集部の天野です。最近、皆さんは旅に出かけていますか? 僕はかねてから計画していたフェリー旅を実行すべく、連休を利用して大阪港から「さんふらわあ さつま」に乗船。鹿児島県志布志でひとり(ソロ)キャンプを満喫してきました。

 

いよいよ「さんふらわあ」に乗船です。

大阪と鹿児島県志布志を結ぶ大型フェリー「さんふらわあ さつま」は、同じ航路を走る姉妹船「さんふらわあ きりしま」とともに、多くの人に愛されながら航海を続けています。2018年に新造船が竣工し、船内施設が一新されて、よりカジュアルで、居心地のよい船旅が楽しめるようになりました。出航の合図である大きな銅鑼(どら)が鳴り、一路、鹿児島へ。

船にある大きな丸窓をイメージさせる部屋番号のプレート。
キレイで洒落た船室。秘密基地のような雰囲気もあり、ワクワクします。
キャンプ道具一式置いても圧迫感なく過ごせます。

僕がフェリー旅の宿(客室)として選んだのは、プライベートベッドというタイプ。シングル利用向けの2段ベッドです。身長175cmの僕が横たわっても窮屈な感じもせず、快適に過ごせる広さ。カーテンもついているので、一人の時間もしっかり確保できます。明るく清潔感があり、船旅をしていることを忘れてしまうほど心地よい空間にはびっくりです。テレビも備わっているので、退屈することもなさそう。

広々としたビュッフェ。夕食時は大賑わい。

とはいえ、せっかくのフェリー旅。お腹も減ってきたので、船内のレストランへ向かいます。

盛りだくさんの夕食プレートができました。

今回、乗船した「さんふらわあ さつま」では、夕食、朝食ともにバイキング形式になっていました。カレーなどの定番メニューはもちろん、新鮮野菜のサラダから九州地方の名物料理まで、とにかくラインアップが豊富。腹ペコだったとはいえ、どれも美味しそうであっという間にトレーの上がいっぱいになってしまいました。

大分県の名物「りゅうきゅう」。何杯でもご飯が食べられます。

なかでもおすすめだったのは、大分の郷土料理として知られる「りゅうきゅう」。今回はカンパチでしたが、アジやサバ、ブリなどの新鮮な魚の切り身を醤油やみりん、生姜などに漬けたもので、もともとは“漁師メシ”だったそう。フェリーで郷土料理を食べられるとは、なんとも粋な計らいです。

リピーターも多いオリジナルビーフカレー。

ちなみに、レストランで提供されているビーフカレーは「さんふらわあ」のオリジナル。この春には、お客さまのご要望にお応えして、お子さまでも食べられる甘口「マイルド」も発売されました。春休み、GW、夏休み、年末年始限定で、船内レストランにて提供されます。船内や別府港、大分港の売店のみで販売されている人気のレトルトタイプは、旅の思い出にと、オリジナルグッズなどと一緒にお土産にする方も多くいるのだとか。ソロキャンプを楽しむ僕にとっても有難い限り。キャンプ用の食材として、よいお土産ができました。

身も心も、胃袋も満たされた後は、船内の大浴場で疲れを癒します。貴重品を預けられるロッカーも完備しているから安心です。湯上りには太平洋を望みながらマッサージチェアでくつろいだり、吹き抜けになっているエントランス内にあるアトリウムで美しいプロジェクションマッピング映像を楽しんだり、充実した時間を過ごせました。明朝には志布志に到着する「さんふらわあ さつま」。ベッドにもぐり込み、深い眠りにつきました。

景勝地としても知られるキャンプ場へ。

志布志港に到着して、僕が目指したのは志布志市の隣町、大崎町にある『くにの松原キャンプ場』。フェリー乗り場から車で約20分の同市は大隅半島の根元あたりに位置し、山と海に囲まれ、温暖な気候と豊かな自然環境に恵まれた地域です。特筆すべきは「白砂青松100選(社団法人・日本の松の緑を守る会)」にも選ばれた景勝地にあること。

いにしえの人々が防風林として植林を続けてきた松林に圧倒されます。

志布志湾に沿った約7キロにもおよぶ松林の中にあり、日南海岸国定公園の一部にも指定されています。実はウミガメが産卵にやってくる場所としても有名で、人気のあるスポットです。

一人利用対象の「ツーリングキャンプ」にテントを設置。雨に強い高床式タイプで、側面には電源が備えられています。
松林を抜けると潮干狩りも楽しめるビーチへ。

心地よい海風と美しい松林に囲まれた『くにの松原キャンプ場』は、バンガローやフリーのテントサイト、オートキャンプなどを楽しめるほか、子どもから大人まで遊べるアスレチック風の遊具やレジャープールもある施設。少し歩けば潮干狩りや釣りもできるので、家族旅行にもぴったりです。

近隣には温泉施設もあります。

近隣には、道の駅や温泉施設、スーパーやコンビニなどもあるので、食材の買い出しや雑貨類の購入にも便利。極力荷物を少なくしたい、僕のようなソロキャンパーにもちょうどよい、気軽に泊まれるキャンプ場です。

肉厚でジューシーな宮崎牛を独り占め。

素晴らしい景色、そして温泉でまったり。すっかりくつろいだ後は、お楽しみの夕飯タイムです。志布志市は宮崎県と隣接しているということもあって、新鮮な牛肉を手ごろな価格で購入することができます。僕は迷わず宮崎牛を選び、豪快に炭火焼き。

とにかく星が美しいのです。

食後は、キャンプ場の展望台へ。木の櫓を上っていくと、漆黒の空に燦々と輝くたくさんの星々が出迎えてくれました。

次はどんなフェリー旅をしようかな!

都会の喧騒を忘れて非日常の時間を満喫した、自由気ままなフェリーとキャンプの旅。なんだかとても得した気分です。皆さんもぜひ「フェリーからはじまる旅」を楽しんでみては?本当に充実した、とっておきの一人旅でした!

▼キャンプ場の雰囲気は以下の動画にて紹介!

くにの松原キャンプ場

住所
〒899-7303 鹿児島県曽於郡大崎町益丸226-1
電話番号
099-476-3611
FAX
099-476-3622

いざ、九州でキャンプ!
フェリー「さんふらわあ さつま」なら、
マイカーで九州上陸もできるので便利です。

「フェリーさんふらわあ」WEBサイト

※フェリーさんふらわあのWebサイトへ移動します

いざ、九州でキャンプ!
フェリー「さんふらわあ さつま」なら、
マイカーで九州上陸もできるので便利です。

「フェリーさんふらわあ」WEBサイト

※フェリーさんふらわあのWebサイトへ移動します

関連記事RELATED