九州今どきスポットVol.2アイキャッチ

もくじ

「さんわらわあ」が到着する大分県と鹿児島県の間にあるのが「日本のひなた」宮崎県。 全国2位の快晴日数で、南国らしい青空のイメージが強いのですが、6月は驚くほどの雨量です。宮崎に移住してきた方に、「実際に住んでみて驚いたことは?」と尋ねると、かなりの高確率で「梅雨時期の雨がやばい(笑)」といいます。まるでバケツをひっくり返したかのような日も。 そんな宮崎の雨の日でも楽しめるおすすめスポットや、この時期だけしか食べられないおすすめグルメをご紹介します。今回は鹿児島県の志布志からアクセスしやすい場所が中心です。

世界に2つしかない「アポロ月面着陸船イーグルの模型」を見よう

世界に2つしかない「アポロ月面着陸船イーグルの模型」を見よう1
宇宙にいった気分で撮影

大雨の日は、外を歩くことも億劫になってしまいますよね。そんなときには、こちら。志布志からクルマで約1時間半、宮崎駅から徒歩2分という場所にある宮崎科学技術館は、雨の日でも1日楽しめる場所です。

日本ではここだけででしか見ることができない貴重な展示物があります。それが、1969年7月にアメリカが人類初の月に着陸したアポロ11号に搭載されていたイーグルの実物型。他にもエネルギーの仕組みや物理現象など体験をとおして学べる施設がたくさんあるので、子供から大人まで楽しむことができます。

世界に2つしかない「アポロ月面着陸船イーグルの模型」を見よう2
宮崎駅からも見える大きなドームが目印
世界に2つしかない「アポロ月面着陸船イーグルの模型」を見よう3
H-Iロケット実物大模型

また、こちらのプラネタリウムは、ドームの直径が27メートルと世界最大級なんです。その日、宮崎で見える星空を映し出してくれるので、「雨で星を見ることができない」という日も、夜空を楽しむことができます。スタッフさんのなかでは、「カップルにおすすめのシート」という場所もあるらしく、こっそり聞いたら一番ロマンチックな席を案内してくださるかもしれません。

宮崎科学技術館

住所
宮崎市宮崎駅東1丁目2番地2
営業時間
9:00~16:30
定休日
毎週月曜日(祝・休日は除く)、祝日の翌日(土日祝・休日は除く)、12/29~1/3
料金
高校生以上750円、4歳〜中学生320円(展示室+プラネタリウム)

雨の日は迫力倍増。伝説が残る「ままこ滝」を見よう

雨の日は迫力倍増。伝説が残る「ままこ滝」を見よう1
雨の日で水量が増したままこ滝

「雨に濡れてもいいから楽しみたい!」というアウトドア派な方におすすめのスポットが、こちら。小林市のすきむらんど内にあるこの滝の正式名称は、「須木の滝」。幼女と継母の魂が眠るという伝説が残っていて、通称、「ままこ滝」と呼ばれています。

昔から景勝地として知られているままこ滝は、わざわざ訪れる価値のあるフォトスポット。それが雨の日になると水量が増し、小野湖に水しぶきをあげて落下する滝の姿は、よりダイナミックです。また、すきむらんど自体が広く、宿泊、温泉、食事と楽しむことができるので、いろいろな楽しみ方ができます。雨に濡れて冷えた身体を、温泉で温めるなんていうのも最高です。志布志から霧島方面に向かう方は、ほんのちょっと寄り道するだけで、宮崎の豊かな景色も楽しむことができます。

もちろんお天気と相談しながら、くれぐれも無理はなさらずに!

須木の滝(ままこ滝)

住所
宮崎県小林市須木下田412-6 すきむらんど内

雨の日はさらに風情が増す。飫肥の城下町を歩こう

雨の日はさらに風情が増す。飫肥の城下町を歩こう1
雨の日の飫肥城の門前

雨の日にでもこんな絵になる場所だと、お気に入りの傘をさして歩きたくなります。そんな場所が、九州の小京都ともいわれる日南市飫肥の城下町。昔からの暮らしが息づくこの町は、いつ訪れても美しく、景観を大事に守り続けていることを感じます。こちらも志布志からクルマで1時間ほど。

最近は、古民家を改装した宿「季楽」や羽釜で炊いたごはんが楽しめる「伊東邸」が開業して、さらに賑わいを増しています。また飫肥城は、城域のなかに小学校があるという、ちょっと珍しい城址。雨にも負けない元気な子供達の挨拶で、気分はあっというまに晴れやかになります。

雨の日はさらに風情が増す。飫肥の城下町を歩こう2
古民家を改装した季楽
(写真提供:KirakuJapan合同会社さま)
雨の日はさらに風情が増す。飫肥の城下町を歩こう3
羽釜で炊くごはんが魅力的な伊東邸

飫肥城

住所
宮崎県日南市飫肥10丁目1-2
営業時間
9:30~16:30

季楽 飫肥(勝目邸)

住所
宮崎県日南市飫肥6-7-10

武家屋敷 伊東邸

住所
宮崎県日南市飫肥8-6-10
営業時間
9:00~17:00

そして、旅の醍醐味は、やっぱりここでしか食べられないグルメ。6月、この時期だからこそ美味しい食をご紹介します。

この時期しか食べられない旬のフルーツ&野菜を味わいつくそう

この時期しか食べられない旬のフルーツ&野菜を味わいつくそう1

5月から6月にかけて旬の果物が、マンゴー。高級な果物のイメージも強いですが、道の駅や地元のスーパーなどでは、1個1000円くらいから手に入ります。ブランドでなくても、糖度も高く、ジューシー。香り高く、がぶりとかぶりつくとやみつきになります。

他にも、6月のこの時期にしか食べることのできないおすすめのスイーツがあります。それが、こちらのとうもろこしのソフトクリーム。川南町にある地産地消のお料理を楽しめるお食事処「赤坂」でいただくことができます。

この時期しか食べられない旬のフルーツ&野菜を味わいつくそう2
とうもろこしの旨味がぎゅっとつまったソフトクリーム

川南町尾鈴の大自然で育ったとうもろこしをまるごと使っていて、とっても濃厚。着色料、香料、添加物を一切使用せずにつくっているので、子供達も安心して食べることができます。たった1ヶ月だけしか食べることのできない、幻のソフトクリームです。ここは、志布志からだとクルマで2時間ほどかかりますが、わざわざ訪れる価値ありです。日向や延岡方面に向かわれる方は、休憩スポットにもおすすめです。

お食事処 赤坂

住所
宮崎県児湯郡川南町大字川南13613-21
営業時間
11:00~22:00
定休日
不定休
料金
ソフトクリーム 1ヶ350円

ラッキーなことに「梅雨時期のつかの間の快晴にあたった!」って日は、やっぱり宮崎の夏を先取りして楽しみましょう。そんなときには、こちらへ。

ビーチサイドを味わいつくそう!「Aoshima Beach Park」

ビーチサイドを味わいつくそう!「Aoshima Beach Park」1

今年で4回目の開催となるAoshima Beach Parkは、年々、来場者が増えている人気スポット。青島のビーチサイドの楽しみ方が無数に広がりました。2018年は、9月30日まで開催されます。

ビーチサイドを味わいつくそう!「Aoshima Beach Park」2
青島の海を眺めながら
ビーチサイドを味わいつくそう!「Aoshima Beach Park」3
こだわりの飲食店がずらり

5つのコンテナが並び、絶品のピッツアをはじめポキボールやエスニック料理などの飲食店や雑貨店が並びます。ヨガやSUPクルージングなどイベントも盛りだくさんなので、事前にHPで確認をしてからお出かけすることをおすすめします。

ちなみに青島は先ほど紹介した飫肥城からクルマで1時間弱。セットで回ってみてはいかがでしょう。古来の日本美とまるで海外のような空間。対照的な宮崎を楽しめますよ。

Aoshima Beach Park

住所
宮崎市青島2丁目233番地
営業時間
平日11:00~18:00/土日祝11:00~19:00
定休日
水曜日

大分からも鹿児島からもアクセスしやすい「日本のひなた」宮崎県。雨の日も晴れの日も、おもいっきり「あなたなりの宮崎の旅」を楽しんでくださいね。

2018年に新造船さつま・きりしまが、
大阪~志布志市(鹿児島)航路で運行スタート!
宮崎の今どきスポットへは、「さんふらわあ」で!

フェリーさんふらわあ

※フェリーさんふらわあのWebサイトへ移動します

2018年に新造船さつま・きりしまが、
大阪~志布志市(鹿児島)航路で運行スタート!
宮崎の今どきスポットへは、「さんふらわあ」で!

フェリーさんふらわあ

※フェリーさんふらわあのWebサイトへ移動します

関連記事RELATED