もくじ

大分西港から東九州自動車道を経由して車で約40分、別府港からなら同様に約1時間。大分県臼杵市は、国宝の石仏や城下町の町並みなどの見どころがある、情緒あふれる歴史と文化の町です。南蛮文化の影響も色濃く残る臼杵のおすすめスポットをご紹介します。

まずは前編です。
≫後編はこちら
 

対面すれば心が安らぐ、国宝『臼杵石仏』

約千年の時の流れが刻まれた、60体を超える石仏群
臼杵市のシンボルともいえる磨崖仏(臼杵石仏群)は、61体が国宝として指定されています。だれがいつ何のために掘ったのか、造営当時の証拠となる史料は残っていません。地元の長者が娘を亡くし、その供養のために石工に彫らせたという伝説があり、仏像の様式などから平安時代後期から鎌倉時代と推定されています。

磨崖仏(まがいぶつ)とは、崖などの岩肌を彫ってつくられた仏像で、移動できないものを指します。臼杵石仏群周辺の岩壁の石質は、軟らかくて彫刻しやすい阿蘇溶結凝灰岩だったことから、数多くの磨崖仏が彫られたと考えられます。一方で、長きにわたって野ざらし状態だったため、風雨などに浸食されやすいもろさから、仏頭部が落下したものも多数ありました。現在は石仏群の修復が施され、保存環境が整えられています。順路に沿って全体を回るとおよそ800m。石段や坂道などアップダウンがあるので、歩きやすい靴で回ることをおすすめします。
 
優れた彫刻技術で表現された大日如来坐像

臼杵石仏群の中心的な存在である古園石仏の中尊に位置する大日如来坐像。まるで木彫りのような繊細で抑揚のある表情で、見る者を圧倒すると同時に、心を優しく包み込むような安らかさが感じられます。高さは約2.8m。

山王山石仏の如来坐像。その表情は、幼児のようなあどけなさのある童顔に彫られていて、心を和ませてくれます。

臼杵石仏

住所
臼杵市大字深田804-1
電話
0972-65-3300(臼杵石仏事務所)
営業時間
6:00~19:00(4~9月)
6:00~18:00(10~3月)

創業100年!生姜が効いた臼杵煎餅の老舗『後藤製菓』

大分県の銘菓として地元では有名な「臼杵煎餅」。江戸時代に参勤交代する一行の携行食として誕生したと言われています。
市内に数社ある臼杵煎餅をつくる会社の中でも、2019年に創業100年を迎えた『後藤製菓』は老舗中の老舗。臼杵石仏の駐車場前の石仏会館が本店です。
 
昔ながらの手作業でつくられる、歴史ある銘菓

小麦粉を主原料に焼き上げた素焼き煎餅に、臼杵特産の生姜と砂糖を煮てつくった蜜を、1枚1枚刷毛で塗るという丁寧な手作業でつくられる煎餅。刷毛で塗られた蜜が冷えると白い筋状になり、まるで臼の木目のよう。一見簡単そうな作業ですが、蜜は沸騰しており、手袋をしていても熱さが伝わってくるため、熟練の技が必要なのだとか。なお、事前に予約をしておけば、刷毛塗りを体験することができます。

食べると、生姜の風味が口の中に一気に広がります。砂糖の甘さと生姜の辛さが絶妙で、クセになる味。平らなタイプは歯ごたえのある堅焼き、臼の形のように曲がったタイプは軽い歯ごたえの薄焼きです。
 
臼杵煎餅を活かした現代風スイーツやお土産も人気

臼杵煎餅を使ったソフトクリームもあります。ソフトクリームにも生姜が入っていて、甘さの後から生姜のピリッとした辛さが追いかけてきて、トッピングされた煎餅の食感もバツグン。石仏を見て回って疲れた体に、生姜パワーで活力が湧いてきます!

そのほかにも、食べやすいひと口サイズのもの、スタイリッシュなパッケージデザインのものなど、伝統の品質と現代のフィーリングが融合した商品がそろっています。大分特産のカボスを使ったものもあり、お土産選びに迷ったら幅広い年齢層に喜んでもらえる品々がそろった、『後藤製菓』のアイテムを選べば間違いないでしょう。

後藤製菓 本店(石仏会館)

住所
臼杵市深田118
電話
0972-65-3555
営業時間
8:00~17:00
休み:無休

リーズナブルな「ふぐ天丼」や旬の鮮魚が選べる「勝手丼」が人気の『臼杵みなと市場』

臼杵名産の魚介メニューで腹ごしらえ
臼杵のグルメと言えば、やはり新鮮な魚介。臼杵では、関あじ、関さばのほか、ふぐも名産です。専門店がいくつもありますが、お値段が…という方は、「臼杵ふぐ天丼」が1,000円以下で味わえる『臼杵みなと市場』に足を運んでみてはいかがでしょうか。

肉厚なふぐの身が、カラッと揚げられた衣に包まれています。その身は、やわらかくも歯ごたえが残っていて、かけられたやや甘めのタレと相まって、噛むほどに旨さが口の中に広がります。ふぐの天ぷらを、贅沢な気持ちで存分に味わえます。
 
自分勝手に好きな魚介をのせられる「勝手丼」
好きな魚介を選んで、自分だけのオリジナル海鮮丼にできる「勝手丼」も人気メニューのひとつです。季節によって魚介が入れ替わるので、訪れたタイミングで旬満載の海鮮丼が食べられます。
ご飯、みそ汁、茶わん蒸し、小鉢のセットが基本で、好みのネタを選んで注文します。この日、編集部スタッフのチョイスは、りゅうきゅう、地だこ、たいらぎ貝、まぐろ赤身、関あじ。「りゅうきゅう」は、さば、あじ、ぶりといった大分産の鮮魚をしょうゆなどのタレに浸し漬けた郷土料理です。

「勝手丼」は、まず丼のご飯の上に魚介ネタをのせます。生卵にお店特製のタレを適量たらし、お好みでわさびも入れて、よく溶き合わせ、丼に回しかけたら完成。食べたい具材を集めたお好み海鮮丼なんて、鮮魚好きにはたまりません。
ちなみに特製のタレは、昆布出汁が利いた甘めの味付けなので、たっぷりかけてもしょっぱくなりすぎません。
 
大分“B級グルメ”グランプリ受賞の「はも南蛮」
お店の名物がもう一品。2015年の「おおいたB級グルメNo.1決定戦」でグランプリを獲得した「はも南蛮ナゲット」です。定食になった「はも南蛮御膳」もあります。

はもの身は丁寧に包丁が入れられていて、ふわっふわのやわらか食感。炒めて甘さを増した玉ねぎと酸味が利いた南蛮ダレに漬け込んでいるので、しっかり味が付いていてそのままでも十分、タルタルソースを付ければ美味しさがワンランクアップ。また、大分名産のカボスを搾れば、さわやかな柑橘系の酸味が加わり、はもの旨みをさらに引き出して極上の味わいに。グランプリを獲得したのもうなずけます。
『臼杵みなと市場』は、豊後水道の恵みに思う存分舌鼓を打て、お土産物も購入できるグルメスポットです。

臼杵みなと市場

住所
臼杵市大字臼杵72-9
電話
0972-83-5660
営業時間
食事 10:30~14:45(オーダーストップ)、17:00~20:30(オーダーストップ)
お土産コーナー 10:30~21:00
休み:無休

腹ごしらえができたら、趣のある臼杵の町並みを散策してみましょう。
後編に続きます!

訪れればきっと好きになる、
情緒あふれる歴史の町、大分・臼杵。
さんふらわあで出かけよう。

「フェリーさんふらわあ」詳細ページ

※「フェリーさんふらわあ」のWEBサイトへリンクします。

訪れればきっと好きになる、
情緒あふれる歴史の町、大分・臼杵。
さんふらわあで出かけよう。

「フェリーさんふらわあ」詳細ページ

※「フェリーさんふらわあ」のWEBサイトへリンクします。

関連記事RELATED