港と港をつなぐフェリーの旅。「さんふらわあ」が発着する各地の港を巡る連載企画、第二弾は大阪の海の玄関口「大阪南港」です。

大阪〜別府間を結ぶ「さんふらわあ あいぼり」「さんふらわあ こばると」と、大阪〜志布志間を結ぶ「さんふわらあ さつま」「さんふらわあ きりしま」が発着する「大阪南港」は、水の都と呼ばれる大阪らしく日本最多の中長距離フェリー発着数を誇ります。

大阪南港には三ヶ所のフェリーターミナルがあります。その一つが「さんふらわあ」が発着する「さんふらわあターミナル(大阪)」。大阪市内中心部から電車で直結という利便性の高さを誇ります。実はここ、2017年まで「大阪南港コスモフェリーターミナル」の名称で親しまれていました。2017年10月に大阪市港湾局のネーミングライツ制度第一号として、2027年までの命名権を「㈱フェリーさんふらわあ」が取得し、「さんふらわあターミナル(大阪)」となったのです。

さんふらわあターミナルは、第1ターミナルが別府航路、第2ターミナルが志布志航路と分かれており、第1ターミナルはアジア太平洋トレードセンター(通称ATC) 直結なので徒歩で乗下船できます。第2ターミナルへは第1ターミナルからシャトルバスで移動します。

さんふらわあターミナルは、大阪南港のランドマークとされるATC内にあります。ATCは飲食店やアウトレットモールといった商業施設や、大型展示場、オフィスなどで構成され、乗船前のお買い物や食事には事欠きません。

ATCには大型駐車場もあり、平日最大800円、土日祝最大1000円で駐車できます。「さんふらわあ」利用客は、乗船手続きの際に駐車チケットを提示すれば、ATC 第1駐車場2時間分(800円相当)の駐車無料券が貰えます。また、港に愛車を停めて船旅を楽しむ“パーク&シップ”を利用して、上手に節約することも可能です。

ATCはニュートラム・南港ポートタウン線「トレードセンター前駅」に直結なので、大阪市内とのクルマ以外での交通アクセスも良好です。「トレードセンター前駅」より1駅の「コスモスクエア駅」からはOsaka Metro(地下鉄)・中央線で、また終点の「住之江公園駅」からはOsaka Metro(地下鉄)・四つ橋線で、大阪市内中心部へ移動できます。

大阪南港のさんふらわあ発券窓口は、ATC・ITM棟の2階、ハーバーアトリウム横にあります。同じフロアには銀行ATMや外貨両替機も設置されています。

発券窓口からハーバーアトリウムを挟んでフロアの反対側にATCの総合案内所があります。施設内の一覧とわかりやすいフロアマップがあるので、初めての方でも迷うことはないでしょう。

ATC内にはコンビニも複数店舗あり、時間を問わず利用できます。船内はATMがないので、乗船前、下船後にお金をおろしたりするにも便利です。

朝7時半からオープンするカフェもあります。

ATCでゆっくりお買い物や食事を楽しむのもオススメ。「さんふらわあ」を眺めながら焼肉バイキングが味わえるなんて、大阪南港ならではです。しかもランチなら平日大人1,296円!

また、グルメサイトでランキングトップクラスの「金久右衛門」のラーメンもATC内で味わえます。薄口と濃口の醤油を程良くブレンドした紅醤油ラーメン(670円)はオンリーワンな中華そばとして人気です。

ATCを拠点にした観光スポットはたくさんありますが、大阪初の世界文化遺産に登録された「百舌鳥・古市古墳群」方面へのアクセスが良いことは意外と知られていません。

大阪南部の堺市と南港エリアを結ぶ南海バス・南港線を利用すれば、ATCから南海堺駅前まで約20分、500円で到着します。駅の近くに広がる世界三大墳墓のひとつ「仁徳天皇陵古墳」は、「百舌鳥・古市古墳群」に属していることで、今後注目を集めそうなスポットです。ほかにも堺市内には、戦国時代から貿易港として栄えてきた歴史を今に伝える文化的な場所が多く見られます。

またATCから天保山まではタクシーなら3km、約10分。ニュートラムと地下鉄中央線でも20分少々で到着します。天保山といえば、海遊館や天保山マーケットプレイスがあり、最近は海外からの観光客も増えている注目スポットです。

天保山大観覧車は直径100mの中に8台だけ8名乗りシースルーゴンドラを備えています。夜のライトアップは芸術性豊か、アートな観覧車としても高く評価されています。

さらなる裏ワザとして、天保山の「海遊館西はとば」からシャトル船「キャプテンライン」を利用すれば、乗船時間10分でユニバーサルシティポートに到着。そしてユニバーサルシティポートから徒歩5分で…

なんとユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に到着!つまり、「さんふらわあ」で早朝に大阪南港に到着後、南海バス南港線で天保山へ移動して、さらにキャプテンラインを活用すれば、午前中からUSJでたっぷり遊ぶことも可能なんです。

大阪南港のさんふらわあターミナルは、下船後や乗船前にATC内で食事やショッピングができて、さらにバスやシャトル船を利用すれば大阪の主要な観光スポットに短時間でアクセスできます。

もちろん、駅直結だから電車で大阪市内中心部へもラクにアクセスできますし、高速道路のインターチェンジもすぐ近くなのでクルマやバイクの利用でもとても便利です。ぶらっと大阪と九州を往復する旅、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

日本最大のフェリーターミナル「大阪南港」!
大阪と九州を旅する際、ぜひ利用してみては?

フェリーさんふらわあ 詳細ページ

※フェリーさんふらわあのWebサイトへ移動します

日本最大のフェリーターミナル「大阪南港」!
大阪と九州を旅する際、ぜひ利用してみては?

フェリーさんふらわあ 詳細ページ

※フェリーさんふらわあのWebサイトへ移動します

関連記事RELATED