もくじ

「さんふらわあ さっぽろ」「さんふらわあ ふらの」を利用する方の中には、札幌から苫小牧港まで、または苫小牧港から札幌へ、車やバイクで移動するという方も多いでしょう。最短ルートなら1時間10分ほどで行けますが、時間に余裕があるなら、ちょっと寄り道してみませんか? 札幌と苫小牧港の間には、気軽に立ち寄れる“滝”がいくつか点在しています。風光明媚な滝5つをご紹介します。いずれも紅葉が美しいスポットです!

 

森林散策も楽しめる『有明の滝』

ミズナラ、ナナカマド、ハウチワカエデ、ヤマモミジといった天然の広葉樹林が広がり、秋の紅葉シーズンには多くの人が訪れるという「有明の滝 自然探勝の森」。札幌市清田区の道道341号線(真駒内御料札幌線)沿いに駐車場があり、山道を10分ほど歩くと『有明の滝』が見えてきます。

駐車場は「三滝の沢」バス停そばにあります。
野生の動植物に注意しながら歩きましょう。
途切れることなく落ちる水を全身で受ける滝行が行われる滝つぼ付近。

滝の落差はおよそ13m。露出した垂直な岩肌を滑るように流れ落ちる様は、安らぎを感じさせてくれます。滑りやすい足場に気を付けながら進めば、優美な滝の姿を間近に眺めることができます。実はこの有明の滝、滝行も行われているそうです。

滝の先には展望所「もみじ台」があります。

森の中には、約7kmのアップダウンのある散策路が設けられており、途中には見晴らしの良い場所や、落差約5mの有明小滝などもあります。

扇を開いたような姿が美しい『白扇の滝』

有明の滝から国道453号線を支笏湖へ向かう途中、恵庭方面へ曲がると、恵庭渓谷のエリアに入ります。しばらく進むと3つの滝の表示が現れ、最初の滝である『白扇の滝』があります。

滝が始まる滝口付近。
紅葉シーズンや雪の中の白扇の滝も人気。

 
 
駐車場から階段を下りていくと、沢の音が聞こえてきて、すぐに渓流の途中にある滝口(水が落下を始める場所)が目に入ります。白扇の滝は、その名の通り、まるで真っ白な扇を大きく広げたような、高さ15m、幅18mの瀑布。

「絶景ポイント」が数カ所あります。

優雅な滝の姿を眺めたり、写真に収めたりしやすいよう、遊歩道にはいくつかの「絶景ポイント」の目印が親切に設けられています。

青々と茂った木々の中にある白扇の滝もきれいですが、紅葉の時期には、白い扇状の滝が赤く色づいた木々と美しいコントラストとなり、人気にスポットです。トイレや休憩所も完備されています。

橋から眺める野趣あふれる『ラルマナイの滝』

白扇の滝からおよそ600mのところに、『ラルマナイの滝』の駐車場があります。アイヌ語で「水無沢」と訳される「ラルマナイ」一説には、沢の両側が切り立ち、急流で滝になっている場所のことを指すという意味もあるそうです。

樹々が色づくと、また違った雰囲気に。

うっそうと茂る樹木に覆われた『ラルマナイの滝』は、橋の上から眺めることができます。残念ながら倒木があり、この日は水量も少なめでしたが、紅葉シーズンは多くの観光客が訪れる、屈指の人気を誇るスポットだそうです。

奥地には源義経の財宝が…?『三段の滝』

『三段の滝』近くには駐車スペースがないので、ラルマナイの滝駐車場から350mほど、坂道を歩いて下ります。車に注意しながら向かいましょう。「三段の滝橋」を渡る途中の欄干に「絶景ポイント」の表示が出ており、その名の通り三段からなる『三段の滝』が見下ろせます。

橋の上より、葉の間から見える三段の滝。

 
夏に取材したため緑が茂って見えづらいですが、葉が色づき落ち始める紅葉シーズンにはもう少し見えやすくなります。また、春先には雪解け水で水量が増し、圧巻の姿が見られます。季節によって表情を変える、滝好きに人気のスポットです。
橋を渡り切った先に橋のたもとに下れるところがあり、下からの目線で滝を見られます。一段目は見えなくなりますが、約15mの高さから落ちてくる水の勢いが感じられ、ラルマナイ川の流れも間近に見ることができます。

三段の滝が流れ込むラルマナイ川。

ちなみに、奥地にある熊の沢という場所に、源義経の財宝が眠っているという黄金伝説があるそう。その真偽のほどは…。

山歩きに慣れた方なら支笏湖近くの『七条大滝』へ

恵庭渓谷から再び支笏湖方面へ。支笏湖観光船乗り場を過ぎ、苫小牧港へ向かう途中に『七条大滝』があります。車を停めて、平坦な林道を30分ほど歩きます。山間の遊歩道や林道を歩く際には、ヒグマやシカ、マムシなど野生の生き物には十分注意し、必ずクマ除けの鈴などを携帯しましょう。実際、編集部スタッフは野生のエゾジカに遭遇し、びっくりしました。
林道から沢へ下る経路は、足元が悪いので十分に気を付けて進みます。その先に現れる『七条大滝』。落差約16m、むき出しの岩肌の岸壁がそそり立ち、上部の割れ目から勢いよく落水しています。

突然、空間が現れ、滝が見えてきます。
滝口から勢いよく水が流れ落ちています。

七条大滝は、極寒の季節には氷瀑となることで有名。自然が創り上げる圧倒的な迫力の氷の芸術作品を、至近距離で見られます。積雪もありますので、しっかりと冬登山の装備をした上でお出かけください。

色鮮やかな紅葉と白く輝く滝の美しい対比。ご紹介した5つの滝は、いずれも紅葉シーズンには多くの人でにぎわいます。
冬の時期は、七条大滝以外の滝も、氷点下の日が続くと氷瀑になることがあるそうです。
春になれば山の雪解け水で水量が増えて豪快に、夏は天然のクーラーのごとく涼しさを提供してくれる北海道の滝。「さんふらわあ」乗船前や下船後、時間がある方は寄り道してみてはいかがでしょう?

雄大な大地から織りなされた
滝を見に行きませんか?
北海道に行くなら商船三井フェリーで!

関東~北海道航路「商船三井フェリー」詳細

※商船三井フェリーWEBサイトへリンクします。

雄大な大地から織りなされた
滝を見に行きませんか?
北海道に行くなら商船三井フェリーで!

関東~北海道航路「商船三井フェリー」詳細

※商船三井フェリーWEBサイトへリンクします。

関連記事RELATED