女子旅なら「いまどきフェリー」でGO!(前編)アイキャッチ

もくじ

ここ数年、仲の良い友人同士での女子旅が人気ですが、それにフェリーの船旅を組み込んでみるのはいかがでしょう。最近、新造船が次々と投入されている「いまどき」のフェリーを利用すれば、美味しいものを食べて、お風呂に入って、個室で夜遅くまでおしゃべりも楽しめます。さらに、まだまだ見かけることの少ない船の上からの絶景写真はSNSで注目を集めること間違いなし!そんなフェリーを使った女子旅の魅力を2回に分けてお届けしましょう。関東~北海道、関西~九州間の女子旅を彩るなら、「さんふらわあ」のフェリー旅でGO!

女子旅にはゆっくりおしゃべりできる空間と時間が必要!
フェリーのパブリックスペースで、ぜひどうぞ

女子旅にはゆっくりおしゃべりできる空間と時間が必要! フェリーのパブリックスペースで、ぜひどうぞ1
大阪―志布志航路の「さんふらわあ さつま・きりしま」ご自慢の3層吹き抜けのエントランスホール。
女子旅にはゆっくりおしゃべりできる空間と時間が必要! フェリーのパブリックスペースで、ぜひどうぞ2
見上げるとプロジェクションマッピングで気分は上がります!
女子旅にはゆっくりおしゃべりできる空間と時間が必要! フェリーのパブリックスペースで、ぜひどうぞ3

女同士、仲の良い友人たちとの旅行にはおしゃべりが欠かせませんよね。昔の思い出から最近の出来事までネタには事欠きません。
フェリー旅の良いところは移動中も存分におしゃべりを楽しめる空間があること。これは自分たちのシート以外に過ごせる場所がほとんどない鉄道や飛行機には真似ができません。

女子旅にはゆっくりおしゃべりできる空間と時間が必要! フェリーのパブリックスペースで、ぜひどうぞ4
女子旅にはゆっくりおしゃべりできる空間と時間が必要! フェリーのパブリックスペースで、ぜひどうぞ5

レストランはもちろん、エントランスホールやプロムナードなどのパブリックスペースにも椅子やテーブル、そしてソファーなどが置かれています。

女子旅にはゆっくりおしゃべりできる空間と時間が必要! フェリーのパブリックスペースで、ぜひどうぞ6

もちろん周囲の方々に気を配る必要はありますが、ホテルのようにこういった部屋以外のスペースが充実しているのはフェリー旅の魅力です。

女子旅にはゆっくりおしゃべりできる空間と時間が必要! フェリーのパブリックスペースで、ぜひどうぞ7

そして季節の良い時期ならデッキに出て海風に吹かれながら語らうのもなかなか貴重な体験でしょう。2018年に大阪―志布志航路に就航した「さんふらわあ さつま・きりしま」にはデッキにもベンチソファーが設置されています。

関西―九州の各便なら出港直後や入港前の1時間くらい、関東―北海道の夕方便なら入港までの5時間くらいの間がデッキで楽しむにいい時間帯です。もちろん早起きして海の上から日の出を見るのもおすすめです。

お部屋でもホテルステイのように自分たちだけの時間を過ごせます

お部屋でもホテルステイのように自分たちだけの時間を過ごせます1
こちらは「さんふらわあ ふらの・さっぽろ」に1室だけ用意されている「スイート」

昔ながらの大部屋だけではなく、個室の充実ぶりが最近のフェリーの特徴です。個室を選べばホテル同然、フェリーに乗っていることを忘れさせられるくらいにゆったりした雰囲気のお部屋に泊まることができます。まさに移動そのものがホテルステイ!

お部屋でもホテルステイのように自分たちだけの時間を過ごせます2
お部屋でもホテルステイのように自分たちだけの時間を過ごせます3

お部屋だけでなく廊下だって、まるでホテルです。
大阪―志布志間の「さんふらわあ さつま・きりしま」、大洗―苫小牧間の「さんふらわあ ふらの・さっぽろ」、そして神戸―大分間の「さんふらわあ ごーるど・ぱーる」は、お部屋のカギとしてカードキーを採用しているのでセキュリティ面も安心!(ちなみに大阪―別府間の「さんふらわあ あいぼり・こばると」はカードタイプではないキーです。)

お部屋でもホテルステイのように自分たちだけの時間を過ごせます4
お部屋でもホテルステイのように自分たちだけの時間を過ごせます5

個室の中には客船のような専用デッキが付いているお部屋もあります。

お部屋でもホテルステイのように自分たちだけの時間を過ごせます6
お部屋でもホテルステイのように自分たちだけの時間を過ごせます7

個室であればバスタオルや手ぬぐい、ナイトウエア、スリッパ、ボディタオル、歯ブラシなども用意されています(上の写真は大洗―苫小牧航路の「さんふらわあ ふらの・さっぽろ」の個室に用意されたもの。備品は航路によって多少異なります)。

どうでしょう、今までのフェリーのお部屋のイメージが変わったのではないでしょうか。個室ステイは、まさに移動するホテル、カジュアルクルーズによる女子旅を楽しむことができますね。

関西―九州の各航路には女子旅にうってつけの部屋も!

大阪と別府、神戸と大分、大阪と志布志を結ぶ「さんふらわあ」各船には、女性専用の「レディースルーム」があります。

2〜4名用の個室タイプと、ひとり旅やグループ用の相部屋タイプの2種類があり、案内所やパブリックスペースのトイレ、お風呂から比較的近い部屋となります(※航路ごとに多少異なります)。

それでは航路ごとにご自慢のレディースルームをチェックしてみましょう。

関西―九州の各航路には女子旅にうってつけの部屋も!1

こちらは神戸―大分航路の2〜4名用の個室「スタンダード」のレディースルーム。みんなで話せるテーブルと座椅子スペースに加えて、全室窓付き!そして洗面台、テレビ、ハンガー、歯ブラシ、タオル、スリッパ、大人用ナイトウェアが用意されるなど快適な空間です。通常、4名に満たない場合はルームチャージ料金(定員不足人数×大人定額運賃の50%(割引不可)が必要となりますが、現在一部除外期間以外はルームチャージ無料キャンペーン(2名以上)が実施されているので、ルームチャージ無しでの貸切利用が可能です(1名貸切の場合は1名分のルームチャージ料金が必要)。

関西―九州の各航路には女子旅にうってつけの部屋も!2

神戸―大分航路にはお一人様向け「プライベートベッド」のレディースルームもあります。相部屋ですがご覧のようにカーテンでプライベート空間は確保されます。しかも着替えができる鍵付きの共用更衣室やリターン式ロッカーも用意。そのほか荷物スペース、テレビ、電源、ハンガー、タオル、歯ブラシ、スリッパ、イヤホン(テレビ用)なども備わるお部屋です。

関西―九州の各航路には女子旅にうってつけの部屋も!3

こちらは大阪―別府航路の2〜4名用の個室「ファースト」のレディースルーム。神戸―大分航路同様に海側に窓があり、テーブル付きのお部屋です。洗面台、テレビ、ハンガー、浴衣、歯ブラシ、タオル、スリッパが用意されます。この部屋も前述したルームチャージ無料キャンペーンが適用されるので時期によっては2名や3名での利用にもおすすめです。

関西―九州の各航路には女子旅にうってつけの部屋も!4

大阪―別府航路のひとり旅の女性のためには「ツーリストベッド(8名部屋・12名部屋)」にレディースルームが用意されます。こちらもカーテンで仕切れるタイプ、電源とスリッパもあります。

関西―九州の各航路には女子旅にうってつけの部屋も!5

昨年、新造船に切り替わった大阪―志布志航路は1~2名用の個室「スーペリア」がレディースルームに!最新の船だけにシャワー・トイレ・洗面台が付いています。さらにテレビ、冷蔵庫、ドライヤー、バスタオル、フェイスタオル、シャンプー、リンス、ボディーソープ、ナイトウェア、ティッシュBOX、スリッパなど、さすがの充実ぶり!
この部屋は通常1名使用なので、2名利用の場合チェアベッド(補助ベッド)使用で「スーペリアエキストラ運賃」が適用となります。チェアベッド利用の場合は、乗船日前日までの予約が必要です。

関西―九州の各航路には女子旅にうってつけの部屋も!6

志布志航路にはひとり旅に向いた「プライベートベッド」という部屋もあり、こちらにもレディースルームの設定があります。相部屋スタイルながらカーテンでプライバシーは確保されます。テレビ、洗面台、電源、スリッパ、歯ブラシ、タオルも用意されています。

そして「プライベートベッド」には、1室あたり4ベッド区画設定という部屋が1室だけあります。空いていればラッキーですが、4名の女子旅で予約すれば貸切状態で割安に使えることは見逃せません!

ご紹介した以外にも関西~九州の各航路には大部屋タイプの「ツーリスト」にもレディースルームがあります。割安に旅行したい方におすすめです。

これらのレディースルームのうち、個室タイプの部屋を利用すると女性にうれしい様々な特典があります。お部屋にはイオンドライヤー、三面鏡に加えて美肌スチーマーまで用意されています。

関西―九州の各航路には女子旅にうってつけの部屋も!7
関西―九州の各航路には女子旅にうってつけの部屋も!8

また洗顔フォーム、クレンジングオイル、化粧水、乳液、ボディマッサージ用クリーム、ヘアワックス(ミルクタイプ)、フェイスマスクのアメニティセットも用意されるなど、女心をくすぐります。

関西―九州の各航路には女子旅にうってつけの部屋も!9

そしてなんと個室利用の女性にはウェルカムドリンクまで付いています!(ご利用人数に応じて売店にて200円未満のソフトドリンクをプレゼント。)

関西もしくは九州方面で女子旅を検討しているのであれば「レディースルーム」をぜひ活用してみてはいかがでしょう。

船内で湯上がり美人に!癒やし系設備でリラックス

船内で湯上がり美人に!癒やし系設備でリラックス1

女子旅のお楽しみといえば、みんなで一緒に楽しむお風呂タイムと湯上がりのリラックスしたひととき。フェリーなら目的地への移動中に、あたかも旅館やホテルにいるかのように、そんな時間を楽しめます。

船内で湯上がり美人に!癒やし系設備でリラックス2

入ってみたらフェリーとは思えない広くてキレイな大浴場!ついつい長湯を誘います。

船内で湯上がり美人に!癒やし系設備でリラックス3

お風呂上がりにはマッサージマシンで日頃の疲れを癒やしましょう。銭湯にあるようなアナログなマッサージチェアじゃないですよ(笑)。ちゃんと手足までしっかりほぐしてくれる最新モデルが設置されています。

前編ではパブリックスペースやお部屋、大浴場など、女同士で尽きない話を楽しめる素敵な船内空間を中心にご紹介をしました。後編ではお待ちかね(?)のグルメやインスタ映えスポットなどを紹介予定です。お楽しみに!

≫女子旅なら「いまどきフェリー」でGO!(後編)はこちらから

気の合う友人たちと女子旅に行くなら
「さんふらわあ」で!

関西~九州航路 フェリーさんふらわあはこちら

※フェリーさんふらわあのWEBサイトへリンクします。

関東~北海道航路 商船三井フェリーはこちら

※商船三井フェリーのWEBサイトへリンクします。

気の合う友人たちと女子旅に行くなら
「さんふらわあ」で!

関西~九州航路 フェリーさんふらわあはこちら

※フェリーさんふらわあのWEBサイトへリンクします。

関東~北海道航路 商船三井フェリーはこちら

※商船三井フェリーのWEBサイトへリンクします。

関連記事RELATED