絶景Vol3アイキャッチ

もくじ

「さんふらわあ」が就航する大分や別府からも行きやすい熊本県の阿蘇地方。そこには写真に残したい絶景がたくさんあります。中でも初夏と秋の早朝は、各地で雲海を望むことができ、多くのカメラマンが訪れます。 阿蘇地域の雲海の特徴は、阿蘇五岳と呼ばれる阿蘇山と雲海を一緒に眺めることができること、そして初心者の方でも「気軽に」雲海を見にいくことができることです。 阿蘇地域には、多くの宿泊施設が点在し、各雲海スポットへは車で30分程度。宿泊して朝食の前の時間にさっと見に行ける雲海スポットを、地元Webメディア「おるとくまもと」編集長・モリナガさんがご紹介します。

定番はやはりここから「大観峰展望所」

定番はやはりここから「大観峰展望所」1

阿蘇の雲海といえばこの風景を思い浮かべる方が多いかとは思いますが、眼前に涅槃像と言われる阿蘇五岳が、その手前に雲海が広がる景色を見に、多くの方が訪れています。駐車場に車を停めてすぐにこの景色であること、場所がわかりやすいことから、初めて阿蘇に来た方でも迷わずに雲海を見ることができる場所としても有名です。

定番はやはりここから「大観峰展望所」2

残念ながら雲海が発生していなかったとしても、広がるカルデラの風景とその先にある阿蘇五岳を眺めることが出来ます。写真は初夏のものですが、田んぼが色とりどりでパッチワークのような景色が広がります。

 

定番はやはりここから「大観峰展望所」3

大観峰近くの大観峰バス停付近からも雲海のある風景を眺めることが可能です。

 

 

パワースポットでもある「押戸石の丘」

パワースポットでもある「押戸石の丘」1

黒川温泉があることでも知られる南小国町のパワースポット押戸石の丘。

 

パワースポットでもある「押戸石の丘」2

小高い丘の頂上には大小300以上の石群があり、中でも最も大きな「押戸石」と呼ばれる巨石は、磁石を近づけることで針がくるくると周り、不思議な力が宿ると言われています。

 

パワースポットでもある「押戸石の丘」3

丘の頂上からは360度遮るものがないパノラマビューの風景を眺めることができ、阿蘇方面、小国方面の雲海を同時に見ることが出来る場所です。

 

パワースポットでもある「押戸石の丘」4

見渡す限りの草原景観は、1000年以上続く地域の営みによって守られ、草原の維持と持続的農業は世界農業遺産にも登録されています。

 

駐車場に車を停めてから、丘の頂上まで15分ほど登るので、気軽にというわけではないですが、早朝の心地よい風の中、絶景の草原を歩くのもいいものです。

パワースポットでもある「押戸石の丘」5

押戸石の丘に通じる道でもある国道212号線では道路と雲海の風景が美しく、ついつい車を停めて見とれてしまいそうです。

一度で二度おいしい!?「かぶと岩展望所」

一度で二度おいしい!?「かぶと岩展望所」1

外輪山の稜線と阿蘇五岳、雲海を同時に楽しむことが出来るかぶといわ展望所。熊本地震の影響によりしばらくの間立入禁止となっておりましたが、復旧も進み、立ち入ることが出来るようになっております。駐車場やトイレ、自動販売機もあるため、ここで朝のコーヒーなんかを飲むと、最高に気持ち良いです。

 

一度で二度おいしい!?「かぶと岩展望所」2

少し角度が違いますが、晴れている日も美しい風景を望めます。

ガイドツアーが実現したらぜひ!「波居原牧野」

ガイドツアーが実現したらぜひ!「波居原牧野」1

特別な許可が必要な波居原牧野からは、阿蘇のあか牛と雲海を同時に見ることができ、阿蘇らしい風景を楽しめる場所として注目が集まっています。現在、地元観光協会においてガイドツアーを検討中で、秋頃には一般の方もガイドとともに立ち寄ることが出来るようになるかもしれません。

その他にも、阿蘇地域には雲海スポットが点在。是非とも阿蘇に雲海を見にいらしてください。

雲海を楽しむために

阿蘇の雲海は、様々な気象条件が重なることで発生しますが、発生確率が高い気象条件が揃いやすいのが梅雨明け〜秋の間の早朝となります。基本条件としては①朝晩と日中の急激な温度変化②適度な水分があること③風のないおだやかな気候の3つが挙げられます。こう書くと難しそうですが、私は雨が降って少し寒くて、次の日の朝から気温が上がりそうという時には6時前に起きれるように目覚まし時計をセットします。

雲海を見ることが出来る時間帯は、日の出前〜朝9時頃までですが、是非見て頂きたいのは、雲海に朝日が昇る様子です。これを見るには、日の出時間の少し前には現地に到着しておくことが重要です。

阿蘇の朝は、気温が下がりやすいため、普段より1枚は多めに羽織って出発されることをお勧めいたします。

ご参考までに、私の持ち物をご紹介いたします。

雲海を楽しむために1

✓服装は1枚多め(思ってるより寒いです、露で濡れたりもするので、防水性の高いものがオススメです)

✓帽子(朝、起きてすぐ行く際、寝癖をなおすのが面倒なので)

✓タオル(あると色々便利です)

✓スマホorカメラ(せっかくなら写真を)

✓暖かい飲み物(お茶を水筒に入れてます)

✓動きやすい靴(朝露で結構滑ります)

<注意事項>

・朝、暗いことも多いので道路横断の際は細心の注意を払ってください

・安全運転を心がけてください。早朝ですので、前日はお酒を飲み過ぎないように

・草原の中に勝手に入らないようにしてください

・過剰な場所取りはお控えください

・路肩への駐車は追突される危険性がありますので、駐車場がある場所をお勧めします

 

これからの季節、発生確率が高まる雲海。阿蘇地域にお越しの際には、是非とも少し早起きして、絶景をお楽しみください!

大分~阿蘇周遊なら神戸発のフェリーさんふらわあで!
マイカーと一緒に移動もでき、便利です。

フェリーさんふらわあ

※フェリーさんふらわあのWebサイトへ移動します

大分~阿蘇周遊なら神戸発のフェリーさんふらわあで!
マイカーと一緒に移動もでき、便利です。

フェリーさんふらわあ

※フェリーさんふらわあのWebサイトへ移動します

関連記事RELATED