大分名物“とり天&からあげ”食いだおれツアーへ!アイキャッチ

もくじ

関西と九州をむすぶ「さんふらわあ」。船内2泊、現地0泊という往復の「弾丸フェリー」プランが人気だそう。
夕方すぎに乗船して、翌朝早く目的地に到着。そして帰りはその日の夕方過ぎ。つまり、ほぼ1日を観光に充てることができるというわけ。 では、その1日を何につかう?

九州といえば、実はどうしてもやってみたいことがありました。それは、大分でとり天とからあげを食べ尽くすこと!これ、よっぽど時間に余裕がないとできません。

そこに「船に乗って何か記事を書かないか?」というお誘い。もちろん、断る理由はありません。
というわけで、大阪発・別府行き便「さんふらわあ あいぼり」に乗り込み、夢の「とり天&からあげ」食いだおれ弾丸ツアーに挑んできました!

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天

大阪南港の出発は夜の7時05分(金・土は夜7時55分)。別府港への到着は翌朝6時55分でした(金・土は7時45分着)。

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天1
別府港に到着した「さんふらわあ あいぼり」

レンタカー店のオープンが8時からなので、まずはロビーで1時間ほど休憩。ロビーにはさんふらわあの歴史を紹介する展示スペースがあり、飽きずに過ごせました。

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天2
別府港ロビーの展示室
ラウンド1 別府とり天VS大分とり天3
歴代のさんふらわあ号の模型がずらり

さて、レンタカーをピックアップすると、まず向かったのは近くの温泉。別府市内には安い値段で入れる共同浴場がたくさんあり、その多くが早朝からやっているのです。

とり天の店は昼からの営業。午前中は別府の温泉巡りにあてようというわけです。何軒か巡ったなかで最も印象的だったのは「竹瓦温泉」。

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天4
1879年創業。当初の建物は竹屋根だったという

唐破風作りのレトロな玄関がなんとも風情で、名物の砂風呂も体験。船旅の疲れが一気に吹き飛びました。

* * *

さて、温泉で胃袋を目覚めさせた後は、いよいよ「とり天&からあげ」食いだおれ弾丸ツアーのスタートです。

と、その前に、なぜ大分では「とり天」と「からあげ」が名物なのでしょうか?

まずは「とり天」。
これは大分の郷土料理です。鶏のもも肉や胸肉、ささみなどを、醤油やおろしニンニクで下味をつけ、小麦粉を卵や水で溶いた天ぷらの衣をまとわせ、揚げるというもの。その名の通り、“とりの天ぷら”ですね。

このとり天を食べさせる店は、大分県内に無数にあるのですが、元祖は別府市と大分市にそれぞれあります。

別府市は「東洋軒」という中華レストラン。
創業者が中華料理を和風にアレンジして“とり天”を生み出したのだそうです。

大分市は「キッチン丸山」。
こちらは洋食のお店です。お互いに車なら30分の距離。

今回の最初のミッション、それは別府のとり天と大分のとり天を食べ比べること!(大分のからあげの歴史については後ほど!)

まず向かったのは東洋軒──と思いきや、いきなりの予定変更(汗)。というのも、午前中に訪れた共同浴場のオバチャンに、

「とり天ならこの近所にうまい店がある」

と言われたから。こういう現地の人の“口コミ”には、大いに乗ったほうがトク!(東洋軒は人気店で行列もザラだというし……)。

というわけで、改めまして、とり天大分代表の店は──

「トンカツの店 にしもと」!

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天5
赤い看板が目印

“なんだトンカツ屋か”と思うなかれ。こちら、とり天も名物なのであります。創業は1976年。実は、東洋軒も現在の場所に移る前は、この裏手に店を構えていたのだとか。ということは、ある意味別府とり天の発祥の地?(ちょっと強引か……)

カウンターだけの、5人座れば満席の小さな店ですが、創業以来30年以上通い続ける常連さんもいるとか。

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天6
昭和レトロな店内
ラウンド1 別府とり天VS大分とり天7
定食550円〜って安すぎる!

さっそく、「とり天定食」(550円!安い!)を頼みました。

とり天は、注文を受けてから衣をつけ、目の前のフライヤーでじっくりと揚げてくれます。パチパチという油のはねる音が食欲をそそります。

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天8
揚げるのは女将さん担当

そして、出てきたとり天の衣は真っ白! そりゃそうです。天ぷらなんですから。

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天9
これぞ別府とり天!

でも、とり肉 → 揚げる → からあげ → 茶色のイメージが強いため、一瞬戸惑ってしまいました。しかし、一口食べてみると、衣はサクサク、中はジューシー!
使っているのはあっさりとしたムネ肉。さっぱりのポン酢につければ、いくらでも食べられそうです。

ちなみにこちらのお店では、ご飯のお米と味噌汁の味噌にもこだわっており、それがうまいのなんの!もう、箸が止まりません。気づけば山盛りのとり天をペロリと平らげていました。
ごちそうさま!

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天10
お父さんの仕事はもっぱら配達

トンカツの店 にしもと

住所
大分県別府市楠町6-3
TEL
0977-25-3759
営業時間
11:30〜15:00、16:30〜19:00(材料が無くなり次第終了)
定休日
日・月休

 

お次は、隣の大分市へ。

「キッチン丸山」は、閑静な住宅街の中にありました。

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天11
大分とり天の元祖!

平日なのに駐車場はけっこう車で埋まっていました。さすが“大分とり天”発祥の店です。

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天12
まさしく住宅街の中

店内は広々として明るく、テーブル席もあります。カウンターに座り、「とり天セット」(680円。こちらも安い!)を注文。厨房を伺いながら、揚がるのを待ちます。

しばらくして出てきたのは──ムムッ、天ぷらというより、“からあげ”?
いや、どう見てもからあげでしょう。

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天13
“見た目”的には、“からあげ”寄り

ママさんいわく、「うちは洋食ですからね。もともと“骨なしからあげ”として考案したのを、“とり天”と名づけたんですよ」

なるほど、やはり正体は“からあげ”でありました。

しかし、普通のからあげがモモ肉を使っているのに対し、こちらはムネ肉。さっぱりとしたポン酢で食べるのも別府と同じです。

衣の感じは少し違いますが、どちらも“ご飯”に合う!やはりペロリと平らげてしまいました。

ラウンド1 別府とり天VS大分とり天14

キッチン丸山

住所
大分県大分市顕徳町1-6-15
TEL
097-537-5538
営業時間
11:00〜14:30
定休日
日・月・祝休
ラウンド1 別府とり天VS大分とり天14
別府港を見下ろす

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ

後半戦は、東九州自動道を一路大分県北部の“中津”方面へ。

中津市と宇佐市が、それぞれ「からあげ」の街として有名です。
ちなみに宇佐市が〈からあげ専門店の発祥の地〉、中津市が〈からあげの聖地〉といわれています。

まず向かったのは宇佐市。
こちらにあった「からあげ庄助」という店が、地元の中華料理店からからあげの作り方を教わり、専門店として開業したのが“宇佐からあげ”の始まりだそう。しかし、残念ながら10年ほど前に閉店してしまいました。

今回はその味を継ぐ店を訪問。それが「元祖からあげ専門店 しょうすけ」です。

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ1
こちらも住宅街の中

こちらのご主人は、かつて「からあげ庄助」で働いており、1971年に暖簾分けされたそうです。

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ2
この道ウン十年のご主人

醤油には漬けこまず、塩とタレとニンニクだけで下味をつけるやり方は、元祖の「からあげ庄助」ゆずりだとか。飲食スペースはなく、テイクアウト専門というのが、別府や大分のとり天とは違います。店先にはガラスのショーケースもあったりして、なんとなく「精肉店」のようなイメージ。

メニューは「骨なし」(100g 200円)、「骨付き」(同150円)、「手羽元」(同150円)、「手羽先」(同150円)、「砂ずり」(同150円)、「骨付もも1本」(550円前後)、「骨付羽1本」(700円前後)。

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ3
月に1回しか休まないのか…

骨なしと砂ずりを100gずつオーダーしました。注文を受けると、ご主人はおもむろに肉を切り、衣をつけていきます。
そして、年季の入ったフライヤーにとり肉を投入!

肉を入れた瞬間、“ジャーッ!”という音が。この音を聞いて、食欲に火がつきました。

待つこと5分。ついに、宇佐からあげの完成!

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ4
アツアツ!写真では伝わらないのが残念!

紙袋に入れられたアツアツのからあげを、軒先でガブリ!

アツッ、アツッ、フハ、フハ──。
む、ニンニクの風味がすごい!
塩味もガツンと来る!

まさにパンチのきいた大人の味。もともとは肉体労働者向けの料理だそうで、汗水たらして働いた後には、これくらいの味がちょうどよかったのでしょう。

ああ、これはビールだ!ビールは……もちろん売ってないし、車だし!ああ〜。

元祖からあげ専門店 しょうすけ

住所
大分県宇佐市沖須1-18-3
TEL
0978-38-1330
営業時間
10:00~19:00
定休日
第4水休

宇佐市で産声を上げたからあげは、やがて隣の中津市へ伝播していきます。シルクロードならぬ“からあげロード”。その道程をなぞるように、車を中津市へ走らせました。

到着したのは「総本家もり山 三光本店」。開業は1970年。中津市で初めてのからあげ専門店と言われています。

現在は県外にも店舗を多数展開。からあげ好きなら誰もが知る有名からあげ専門店チェーン。その発祥の店はどれほど立派なのか?

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ5
これぞ中津からあげ発祥の店!

アレ、なんか地味。
入り口のドアもサッシだし。まるで建築現場のプレハブの事務所(失礼)。

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ6
一見すると工事現場だが…

ま、とりあえず入ってみましょう。ドアを開けるとすぐにテーブルと椅子が置かれたスペース。レジの置かれたカウンター越しに厨房があります。

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ7
店内はまさにシンプルの一言

メニューは「骨なし」(100g 240円)、「骨付き」(同210円)、「砂ズリ」(同210円)、「手羽先」(同220円)、「骨付きもも」(同220円)

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ8
骨なし・骨付と砂ズリ、手羽先は基本らしい

骨なしと砂ズリを100gずつ頼みました。こちらでも注文を受けてから、とり肉に衣をまとわせ始めます。

そして油でジャーッ!

この音を聞いた途端、もたれかけていた胃袋がキュッと動きました。からあげの“ジャーッ”、恐るべし。

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ9
黙々と揚げる…

さて、揚げたてを店内のテーブルでいただくことに。揚げ色は「しょうすけ」より薄めですね。

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ10
アツアツのからあげ!byもり山

アフッ、フハッ、口の中に熱汁が迸ります。
うーん、うまい!

どちらかというと、子供からお年寄りまで楽しめるのはこちら。でも、個人的には甲乙つけがたし。ビールが飲みたくなるのも一緒!ああ、ああ〜!

ラウンド2 宇佐からあげVS中津からあげ11
初代店主の森山韶二さん。「この店まできれいにしちゃったら、地元の人が地下足袋で来にくくなっちゃうでしょ?」

総本家もり山 三光本店

住所
大分県中津市三光原口653
TEL
0979-43-2056
営業時間
9:30~19:00
定休日
年中無休

4軒回って、時間は夕方4時。フェリーの時間にも十分間に合います。食べきれなかったからあげを持ち帰り、船内でビールなんてのもいいですよね!

今回大分名物の「とり天」と「からあげ」の名店を4軒巡りましたが、どの店も味や雰囲気が全然違って、これは食べ比べてみないとわからないことでした。

そして、“揚げたて”は、現地でないと絶対に食べられません。

高級グルメではありませんが、フェリーに乗ってまでわざわざ足を運ぶ価値……大アリです!

大阪-別府「弾丸フェリー」プランは
フェリーさんふらわあで!

フェリーさんふらわあ

※「フェリーさんふらわあ」のWebサイトへ移動します

大阪-別府「弾丸フェリー」プランは
フェリーさんふらわあで!

フェリーさんふらわあ

※「フェリーさんふらわあ」のWebサイトへ移動します

関連記事RELATED