もくじ

「さんふらわあ」の旅で大分や別府へ来たら、足を延ばしたいのはやはり阿蘇周辺の観光地。このエリアで雄大な景色とともにおすすめなのは、やはり地元の素材を活かした絶品スイーツたち。今回は阿蘇エリアのWebメディア「SMO南小国」の編集長の梶原さんに、いま阿蘇周辺でおすすめのスイーツをご紹介いただきました。

 

こんにちは!阿蘇・南小国エリアを中心に情報発信をしているWebメディア「SMO南小国」の編集長、かじちゃんこと梶原です。
今回は「さんふらわあ」で大分や別府にお越しになられた際に、ぜひともお立ち寄りいただきたい阿蘇周辺のおすすめ絶品スイーツ8選をご紹介します。
「熊本や阿蘇って、大分からだと遠いんじゃない?」という心配はご無用。クルマで走ることたったの80分で広大な自然に囲まれた阿蘇エリアに到着します。
阿蘇ならではの食材や絶景を楽しみながら、こころもからだも喜ぶスイーツを紹介していますので、是非お気に入りのお店を見つけてください。

「阿蘇お菓子工房たのや」 阿蘇神社に漂うシュークリームの甘い香り

2016年の熊本地震にて甚大な被害を受けた阿蘇神社。しかし、いまでは毎日多くの参拝者で賑わいをみせており、復旧工事も日々進められています。

そんな阿蘇神社のお隣にあるのが門前町商店街。食べ歩きのできるお店も数多くあり、休日はたくさんの観光客の方が食べ物を片手に散策を楽しんでいます。
そんな商店街の中で、あま〜い香りが漂うお菓子やさんがココ。

所狭しと並ぶ焼き菓子、ショーケースにもたくさんのスイーツがずらり。

こちらの絶品スイーツは「たのシュー」(130円)。阿蘇の水を使っているのが美味しさの秘訣なんだとか。大きさはちょっぴり小ぶりで、片手におさまるサイズ。
小さくても、中には溢れんばかりのカスタードクリームが。皮部分のアーモンドが香ばしく、コクのあるクリームとの相性抜群。

商店街ではたのシューを片手に散策を楽しむ方を非常に多く見かけます。サイズが大きすぎないので、色々と食べ歩きを楽しみたい方にもおすすめ!

阿蘇お菓子工房たのや

住所
熊本県阿蘇市一の宮町宮地3094
営業時間
平日9:00~19:30 土日祝9:00~19:00
定休日:水曜

「宿場茶屋後藤万十店」自家製のあんこと大きなお芋が美味なお饅頭

スイーツといえば“和スイーツ”も忘れてはいけませんね。阿蘇エリアの中でも、特に地元の方々から根強い人気を誇るのが後藤万十店。毎日手作りのお饅頭は、定番のあんこなどのほかに、阿蘇ならではの高菜やきんぴら、芋りんごなどの変わり種もあります。

店内には阿蘇の山々を眺めながら食べられるイートインスペースもあります。

こちらの絶品和スイーツは「いきなり万十」(90円)。熊本名物といえば薄い餅生地にあんことお芋が入っている“いきなり団子”が有名ですが、その餅生地の部分がおまんじゅうの生地になっています。

自家製のあんこと大きなお芋は、やさしい甘さで飽きがきません。生地はもっちもちで、しっかりと食べ応えがあり、ひとつでも十分な満足感が味わえます。

夕方頃に行くと売り切れてしまっている商品も多数。種類を選びたい場合は午前中に行くのがおすすめ!また、お饅頭の他にも数量限定のあんパン、卵白のみで作ったシフォンケーキ、自家栽培のお野菜など様々な種類の商品があります。

宿場茶屋後藤万十店

住所
熊本県阿蘇市一の宮町坂梨1523-1
営業時間
9:00~16:30
定休日:水曜

「CAFE TIPPEL」専用オーブンで焼いたバウムクーヘンはお土産にもおすすめ

南阿蘇エリアの入口にあるバウムクーヘン専門店。阿蘇全体でもバウムクーヘンのみを取り 扱っているお店はここだけ。

バウムクーヘン発祥の地とも言われているドイツの雰囲気を忠実に再現している店内は、至る所にドイツの雑貨や可愛いくるみ割り人形が置いてあります。

こちらの絶品スイーツはもちろんバウムクーヘン(250円)。ドイツから輸入した専用オーブンでひとつずつ焼き上げているバウムクーヘンは、甘さ控えめでほどよくしっとり。鼻から抜けるバターの香りがクセになるやさしい味わいです。

普段あまり甘いものを食べない方にもおすすめの、大人な味わいのバウムクーヘンはテイクアウト用も販売しています。10日ほど日持ちするので、旅の途中に買ってもOKですね。

CAFE TIPPEL

住所
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽4635-6
営業時間
10:00~18:00定休日
水曜

「みそらやCafé」 ふわっふわ!10月までの限定かき氷

外輪山の麓に位置し、南阿蘇エリアの和菓子カフェ。県道28号線からお店に入っていく道にある小さな看板を見逃さないよう、お気をつけ下さい。

思わず“ただいま~”と言ってしまいそうな雰囲気のお店。靴を脱いで店内へ入ります。

平日でもお昼時は満席になることもしばしば。週末は予約をしていくといいかもしれません。

こちらの絶品スイーツは夏限定のふわっふわなかき氷!取材に伺った7月は自家栽培のブルーベリーを使った無農薬ブルーベリーミルク+ヨーグルト(900円)がイチオシでした。見た目の通りボリュームたっぷり!崩さないように上からゆっくり食べていきます。ブルーベリーミルクの甘さと、ヨーグルトのほのかな酸味がたまりません!後味も良いです!
かき氷の種類は約10種類前後と豊富で、10月頃までの販売を予定。時期によってメニューが異なるので、何があるかは行った時のお楽しみ。また、あんみつや和風パフェ、ぜんざいなどの和スイーツもあるので、そちらもあわせて迷ってみてください!

みそらやCafé

住所
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰3978-1
営業時間
12:00~17:00
定休日:水曜・木曜

「カフェ プルニエ」 絶景と絶品チーズケーキをぜひどうぞ!

創業14年にもなる仲良しご夫婦が営むカフェ。絶景を眺めながらスイーツを堪能したいなら、ココは絶対に外せません。

テーブル席とテラス席とありますが・・・
天気が良ければ是非ともテラス席へ。

こちらの絶品スイーツは本日のケーキセット(ワンドリンク込み850円)。基本的にはベイクドチーズケーキと、季節の食材を使ったケーキの2種類から選べます。今回は1日に何度も焼くこともあるという不動の人気を誇るベイクドチーズケーキを注文。

グッとくる力強いチーズの風味が食べ応え◎!添えてあるアイスでまろやかな味わいにも変化させてくれます。阿蘇五岳を眺めながら食べるスイーツは格別。ぜひ天気の良い日にお越しください。

カフェ プルニエ

住所
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰358-6
営業時間
11:00~17:00 定休日:月曜・火曜

「パティスリー麓(ろく)」 湯めぐりのあとはジャージー牛のミルクプリンを

熊本の温泉地のなかでも代表格のひとつ、阿蘇・南小国町にある黒川温泉エリアの中心に佇む、温泉街唯一の洋菓子専門店。

阿蘇の食材を使うことにこだわったこのお店は、いつも観光客で賑わいをみせています。

こちらの絶品スイーツは、今年新発売されたジャージーミルクプリン (300円)。阿蘇の特産品でもある阿蘇小国ジャージー牛乳を使い、ひとつずつ丁寧に手作り。

ジャージー牛乳の特徴の濃厚さはしっかりと残したまま、だけど後味はさっぱりでくどくない、どこか昔懐かしさを感じる味わいのプリンです。湯めぐりをするとなんだかお腹が空きますよね。そんな時にぜひお召し上がりください。

パティスリー麓(ろく)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6610-1
営業時間
午前9時~午後6時 定休日:不定休

「cafe Ciel(カフェ シエル)」 おすすめは練乳入りバタークリームのミルクマカロン

黒川温泉街から歩いて10分。週末(金・土・日)と祝日限定オープンのカフェ。

フランスの昔ながらの製法にならい、無添加の洋菓子作りを目指しています。
阿蘇の山々を一望できる見晴らしの良いテラス席では、時間を忘れてのんびり過ごすことができますよ。

こちらでは主にケーキを販売していますが…

私がおすすめしたい絶品スイーツはマカロン・ミルク(1個160円)。
阿蘇小国ジャージー牛乳を使用した練乳入りバタークリームをミルクマカロンでサンドしています。ミルクの風味が強く甘すぎないので、つい何個も食べたくなってしまう味わい。販売時 は冷蔵の状態ですが、すこしクリームが溶けた常温状態がおすすめとのこと。お土産にもぜひ!

cafe Ciel(カフェ シエル)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺7008
営業時間
11:00~17:00
定休日:月~木

「cafe Karin(カフェ カリン) 」 その時一番美味しいケーキが待っている

阿蘇・南小国町の中原エリアにあり、家族で経営しているアットホームなカフェ。

自家製天然酵母のパンや手作りの焼き菓子も大人気で、食事だけでなく買い物に来る方も多くいます。
天気の良い日は、緑に囲まれたテラス席でゆったりくつろぐのもいいですね。

ここで頂きたいのは季節感を大切にしているケーキ。この日はレアチーズケーキセット(ワンドリンク込900円)がおすすめの一品。
季節のフルーツを使ったケーキが多く、いつお店に行ってもその時一番美味しいものを食べられます。タルトやパイなど様々な種類のケーキがあるので、きっとあなたもお気に入りを見つけられるはず。

cafe Karin(カフェ カリン)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町中原4581
営業時間
午前10時~午後5時
定休日:月曜・火曜

阿蘇エリアのおすすめ絶品スイーツ8選、いかがでしたでしょうか。 阿蘇にはまだまだご紹介したいおすすめのスイーツが他にもたくさんあります。ぜひ、「さんふらわあ」に乗って、九州へ、そして阿蘇へお越し下さい。

絶品スイーツを食べに、いざ熊本へ!
九州に行くなら「フェリーさんふらわあ」で。

関西~九州航路「フェリーさんふらわあ」はこちら

※「フェリーさんふらわあ」のWEBサイトへリンクします。

絶品スイーツを食べに、いざ熊本へ!
九州に行くなら「フェリーさんふらわあ」で。

関西~九州航路「フェリーさんふらわあ」はこちら

※「フェリーさんふらわあ」のWEBサイトへリンクします。

関連記事RELATED