九州旅行の楽しみ方

もくじ

コロナ禍で、海外旅行になかなか行けない昨今。国内旅行に出かけるにも、感染リスクや感染拡大の懸念など、何かと不安に感じる方は多いでしょう。 そんな方におすすめしたい、快適で、安心・安全な「さんふらわあ」を利用した、関西エリアから行く九州旅行コンテンツを集めました。

レトロな雰囲気がエモい!フォトジェニックな豊後高田

豊後高田女子旅「カフェ&バー ブルヴァール」

「昭和レトロ」は、特に平成生まれの人たちの間で人気。ノスタルジックな雰囲気やポップなデザインなど、今見ると逆に新しい感覚のアイテムであふれた街が、大分県豊後高田市にあります。
おいしいグルメに縁結びスポットもある豊後高田は、女子旅にもピッタリ。テレビや映画などの中でしか見たことのない“THE 昭和”のカルチャーが満載で、インスタグラムなどのSNSにアップしたくなる写真や動画が、あちらこちらで撮れちゃいます。地元の人たちのおもてなしの心にもふれることができ、思い出深い旅行が楽しめます!

≫【読者特典有】#昭和レトロ #縁結び #映え旅 平成女子が豊後高田市を“お写んぽ”!

鹿児島・熊本・大分をたっぷりドライブ・親子旅

「霧島神宮」で前途の無事を祈る2
写真:PIXTA

車ごと乗船できる「さんふらわあ」なら、マイカーで九州を自由にドライブ旅行ができ、ファミリー旅行にも最適です。自宅から車に乗ってフェリーターミナルへ。そのままフェリーに乗船し、九州へ着いたらすぐにドライブ。フェリー内で個室を利用すれば、人との接触が極めて少ない移動ができます。
ご紹介する記事は父と息子の“男旅”。旅行中ずっと雨というハプニング(?)に遭遇しながらも旅行を楽しみ、親子の絆を深める旅のルポです。

≫大自然を体験する!九州周遊「フェリーde親子ドライブ」へ

見どころもグルメも豊富な熊本周遊

おく村の「馬刺し」「辛子れんこん」「ひともじぐるぐる」

別府国際観光港や大分港から熊本・阿蘇エリアの「やまなみハイウェイ」を通るルートは、バイクでのツーリングやクルマでのドライブで一度は走ってみたいもの。全国的にも有名な黒川温泉郷をはじめ、いたるところに温泉があり、おいしい食材を使った郷土料理を堪能できるのも、熊本周遊旅行の醍醐味です。
2016年4月に起きた大地震で大きな被害が出た熊本ですが、着実に復興は進んでいます。再興が進む熊本のシンボルである熊本城は、マストで訪れたいスポットです。

≫大分・別府から阿蘇・熊本を巡る旅へ。震災から復興中の熊本城は必見!

ソロキャンプで一人の時間を満喫

くにの松原キャンプ場でソロキャンプ

フェリー旅なら、関西エリア在住の方でも気軽に九州でのキャンプが楽しめます。「さんふらわあ」が寄港する志布志港から車で約15分の近場にある「くにの松原キャンプ場」は、ファミリーやグループはもちろん、一人の時間を満喫するソロキャンプにもピッタリ。
実際に編集部のスタッフが、大阪南港から「さんふらわあ」で“ぼっちキャンプ”に出かけた様子をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

≫フェリー「さんふらわあ さつま」で行く! 僕だけのとっておきキャンプ旅 大阪~志布志編

九州には手ぶらでも行けるグランピング場がたくさん!

大分から1時間、由布岳の山麓で贅沢に過ごす 「The sense of wonder holistic glamping」へ!15

キャンプの心得がなくても気軽に楽しめるグランピング。キャンプ道具を持っていなくても、ちょっと贅沢なアウトドアライフが楽しめると、人気が高まっています。
そんなグランピングができる施設が九州のあちらこちらに点在しています。施設によってさまざまな特徴があるので、行きたいエリアから好みの施設を探してみましょう。九州の自然に包まれて、快適かつ優雅なアウトドアスタイルを満喫してみては?

≫「さんふらわあ」で行く、九州グランピングの旅!

関西から九州への「さんふらわあ」を利用した旅行は、多彩なプランを立てられるのが魅力のひとつ。往路と復路で異なる港を利用する「舟遊®(しゅうゆう)プラン」も各種あるので、自分だけの九州旅行をプランニングする楽しみも。安心・安全・快適な旅を満喫できる「さんふらわあ」で、ぜひ九州旅行にお出かけください!

関西から九州への国内旅行は、
「さんふらわあ」でゆったり快適に。
お得なプランもあります。

関西~九州航路 「フェリーさんふらわあ」はこちら

※「フェリーさんふらわあ」のWebサイトへ移動します。

関西~九州航路 「フェリーさんふらわあ」はこちら

関連記事RELATED