もくじ

1年を通して旅行人気が高い北海道。本当の北海道を満喫したいなら、冬が一番!かもしれません。 寒くて、積雪があるからこそ体験できる北海道の魅力は、たくさんあります。過去に当Webマガジンに掲載した、冬の北海道を楽しむ内容の記事の中から、閲覧数の高い人気コンテンツベスト5をご紹介します。

第5位
冬にしか出会えない道央の自然が創り出す絶景

「さんふらわあ」が寄港する苫小牧や札幌から比較的行きやすい、道央エリア。四季を通じて人気の高い美瑛地区には、厳冬期にしか見ることのできない芸術的な景色が楽しめるスポットが複数あります。
中でも『ブルーリバー』として有名な美瑛川上流の白金温泉にある『白ひげの滝』は、写真映えする美しい場所です。白ひげの滝は、夜間は通年ライトアップされていますが、コバルトブルーの川の色と滝周辺を覆う雪の白さが、暗闇の中で照らされて美しいコントラストを織りなし、幻想的に浮かび上がります。
近隣の『青い池』は、厳冬期には水面が凍り、雪が降り積もります。こちらもライトアップされており、静ひつな時間を体験することができます。
そのほかにも、夏には色とりどりの花に彩られる美瑛の丘も、真白な雪に覆われます。一面の銀世界でありながら、丘の形状や遠近による陰影で、表情の異なる白さが生まれ、その“白色”を撮影に訪れる人が少なくありません。

≫Vol.7 厳冬のネイチャー 道央編

第4位
国内でも有数の人気と知名度を誇る「登別温泉」に行こう!

9種類の泉質が湧き、「温泉のデパート」の異名を持つ登別温泉。全国的にも有名で、古くから多くの人に愛されてきた温泉地は、苫小牧港からクルマで1時間ほどでたどり着きます。JR苫小牧駅から登別駅までなら、最速で30分弱の近さです。日帰り温泉も多数あるので、苫小牧に宿泊しても気軽に登別の湯でくつろげます。
アイヌ文化が感じられ、ご当地グルメが味わえ、開運スポットも点在する登別温泉に足を延ばすのもおすすめの過ごし方です。

≫第5回 開運旅の達人が案内する「登別温泉」:旅の達人、船に乗る

第3位
期間限定。格安で首都圏から北海道へ、クルマで行ける

2020年3月10日出発まで(3月12日復路乗船まで)の期間限定ですが、首都圏・大洗港から北海道・苫小牧港までのフェリー往復乗船券と、北海道でのホテル1泊がセットになった『マイデザイン北海道』プランがお得でおすすめ。旅行代金は、なんと14,900円(税込)※からという驚きの低価格です。
北海道到着当日に指定のホテルに宿泊、追加料金でその後の延泊も可能(出発日より最長7日まで復路乗船日を延長可)。たっぷりと冬の北海道を満喫できます。
もちろん、空室があればフェリーの客室アップグレードもOK(追加料金が必要)。マイカーでの乗船も格安。車体長5m未満の乗用車なら往復乗用車航送料24,000円です。
人気プランですので、ご予約・お申し込みはお早めに!
※往復のフェリーはツーリスト客室(相部屋)利用、ホテルウィングインターナショナル苫小牧に平日宿泊の場合。

≫首都圏から格安で冬の北海道へ。フェリーならマイカーでも行ける!

第2位
冬の北海道なら、やっぱりスキー&スノボ!

ウィンタースポーツを楽しむなら、雪質のよい北海道へ。苫小牧港から行きやすい厳選したスノーリゾートの紹介です。
特に、札幌からのアクセス抜群の「さっぽろばんけいスキー場」や「札幌国際スキー場」なら、『マイデザイン北海道』プランを利用すれば、自宅からマイカーで便利&お得にパウダースノーのゲレンデに行けます。
記事内では、北海道の雪道走行の注意点なども紹介しています。スタッドレスタイヤの装着は必須、スノーチェーンの携行もお忘れなく。

≫フェリー&マイカーで行きやすい 北海道スノーリゾート5選

第1位
回転寿司でもしっかり美味い!冬こそ味わいたい北海道の海鮮

北海道と言えば、鮮度抜群の“海の幸”は外せません。しかも冬には、冷たい北の海でたっぷりと脂を蓄えて旨味を増した多くの魚介たちが旬を迎えます。毛ガニやホタテといった王道の魚介はもちろんのこと、地元でなければお目にかかれないような種類や、採れたて新鮮な海鮮が、回転寿司でリーズナブルに味わえます。
記事中では、北海道随一の回転寿司激戦区である札幌。あまたあるお店の中から厳選した4店舗をご紹介。見ているだけでよだれが出てくる寿司ネタのオンパレードです。

≫札幌、旨い!と評判の回転寿司厳選4店

そのほかにも、冬の北海道を楽しむ方法はいろいろ。本サイトの『ちょっと寄り道して癒されよう。札幌~苫小牧間にある「滝めぐり」』でご紹介した滝の中には、厳冬期には“氷瀑”となるものもあります。
茨城・大洗港から「さんふらわあ」に乗船して、魅力満載の北海道へ。寒さ対策、積雪対策をしっかりして、思う存分満喫してきてください!

魅力、たっぷり。
冬の北海道を楽しみつくそう!

首都圏~北海道を結ぶ「さんふらわあ」

※「商船三井フェリー」のWEBサイトへリンクします。

魅力、たっぷり。
冬の北海道を楽しみつくそう!

首都圏~北海道を結ぶ「さんふらわあ」

※「商船三井フェリー」のWEBサイトへリンクします。

関連記事RELATED