【株主優待制度】商船三井の株主優待券

もくじ

商船三井は、株主優待制度として、グループ会社の商船三井クルーズが運航する「にっぽん丸」クルーズでご利用いただけるご優待券に加え、同じくグループ会社の商船三井さんふらわあが運航するフェリー「さんふらわあ」でご利用いただける「フェリーサービス共通クーポン券」の提供を開始しました。クーポン券は商船三井の中間報告書へ同封されます。

クーポン券

 
2023年1月に就航した日本初のLNG燃料フェリー以降、2025年までに同船を含めて合計4隻のLNG燃料フェリーを新造し、業界の環境対応をリードしながら、サステナブルな輸送サービスを継続して提供する商船三井グループ。

今回は、株主の皆さまへのご優待として新たに追加された「フェリーサービス共通クーポン券」の使い方を詳しく解説します。

「フェリーサービス共通クーポン券」とは。
・さんふらわあ(商船三井さんふらわあ運航)のフェリーサービスでご利用いただけます。
・大人運賃から1名1乗船(片道)につき、5,000円割引となります。(小児運賃、貨物車輛(トラック)運賃や法人料金には適用外)
・有効期間は毎年1月1日~12月31日(出港日基準)の1年間です。
・印字された情報が判別できないものはご利用いただけません。

保有株式数によっては、株主情報の記載がないクーポン券(ご住所とお名前に「****」と記載)が送付されますが、本券はご利用いただけません。

保有株式数によっては、株主情報の記載がないクーポン券(ご住所とお名前に「****」と記載)が送付されますが、本券はご利用いただけません。

株主優待制度については以下の商船三井ホームページでご確認ください。
株主優待制度 | IR情報
株主優待制度にフェリーサービス共通クーポン券を追加

「フェリーサービス共通クーポン券」を手に入れるには。
1. 商船三井の株式を1単元(100株)以上取得する。
2. 毎年9月30日時点で1単元(100株)以上保有しておく(毎年9月30日現在の株主名簿に記載された1単元(100株)以上所有の株主さまが対象)。
3. 保有株式数に応じて最大3枚(総額15,000円分)のクーポン券が、中間報告書に同封されて届く。

Step1. (乗船前)乗船する航路、船、客室、日程の候補を決める

客船「にっぽん丸」クルーズと異なり、フェリー「さんふらわあ」は公共交通機関として、ほぼ毎日、決まった港の間を決まった時間に航行しています。商船三井グループの商船三井さんふらわあは、首都圏(茨城・大洗)~北海道(苫小牧)、関西(大阪、神戸)~九州(別府、鹿児島・志布志、大分)、日本国内4航路10隻でサービスを展開しています。クーポン券が届いたら、「さんふらわあ」に乗船する航路、船、客室、日程の候補を決めましょう。

【航路】
航路一覧

さんふらわあ4航路

【客室・運賃】
航路・船毎にさまざまな客室タイプをご用意。ペットと一緒に泊まることができる客室、車いすでも利用しやすいバリアフリータイプなどもあります。※詳しくは以下のリンクより各ページをご確認ください。

首都圏~北海道航路
さんふらわあ さっぽろ/ふらの | 客室(夕方便)
さんふらわあ さっぽろ/ふらの | 夕方便(運賃)
さんふらわあ しれとこ/だいせつ | 客室(深夜便)
さんふらわあ しれとこ/だいせつ | 深夜便(運賃)

関西~九州航路
さんふらわあ くれない/むらさき | 客室 | 大阪⇔別府航路
さんふらわあ くれない/むらさき | 通常運賃・各種割引運賃 | 大阪⇔別府航路
さんふらわあ ごーるど/ぱーる | 客室 | 神戸⇔大分航路
さんふらわあ ごーるど/ぱーる | 通常運賃・各種割引運賃 | 神戸⇔大分航路
さんふらわあ さつま/きりしま | 客室 | 大阪⇔志布志(鹿児島)航路
さんふらわあ さつま/きりしま | 通常運賃・各種割引運賃 | 大阪⇔志布志(鹿児島)航路

首都圏~北海道航路「さんふらわあ さっぽろ/ふらの」のスイート(洋室)
首都圏~北海道航路「さんふらわあ さっぽろ/ふらの」のスイート(洋室)

Step2. (乗船前)予約センターに乗船予約の電話をする

乗船する航路、客室、日程の候補が決まり次第、運航会社の予約センターに乗船予約の電話をしましょう。その際、「商船三井株主優待のフェリーサービス共通クーポン券を利用する」旨をお申し出ください。首都圏~北海道航路および関西~九州航路の各ホームページ上で特別な案内が無い限りは、首都圏~北海道航路運航便は出航日の2ヶ月前から、関西~九州航路運航便は出航日の3ヶ月前から予約ができます。

その他、クーポン券ご使用時の注意事項は下記の通りです。
・他の割引との併用可否については、各予約センターにお問い合わせください。 
・旅行代理店を介してのご予約、その他交通機関との企画切符ではご利用いただけません。
・再発行、現金との引き換え、つり銭のお返しはできません。額面以上にてご利用ください。
・印字された情報が判別できないものはご利用いただけません。

初めての乗船でわからないことがある場合も、予約センターのスタッフが電話で丁寧に回答します。
また、航路、船、乗船形態(徒歩、マイカーなど)によって乗船当日の手続き開始時間が異なりますので、予約時にあわせてご確認ください。

ゴールデンウイークやお盆休み、年末年始などの繁忙期の予約時期(2~3ヶ月前)には電話が繋がりにくく、大変ご迷惑をおかけしております。

■フェリー運航・ご予約に関するお問い合わせ先
 ===
商船三井さんふらわあ<首都圏~北海道航路>
・大洗船客予約センター 029-267-4133
・苫小牧船客予約センター 0144-34-3121
 受付時間/平日9:00~17:00
 土曜日9:00~12:00、
 日祝および12/31~1/4を除く

首都圏~北海道航路 | 電話予約
 ===
商船三井さんふらわあ<関西~九州航路>
・神戸―大分航路・大阪―別府航路・大阪―志布志(鹿児島)航路 / 共通 0120-56-3268
 受付時間/平日9:00~19:00
 土日祝9:00~17:00

関西~九州航路 | お電話でのご予約

Step3. (乗船日)乗船ターミナル発券窓口でクーポン券を使用する

電話での乗船予約が完了したら、乗船日になるまでクーポン券を大切に保管しておきましょう。乗船当日、乗船する港のフェリーターミナルの発券窓口でクーポン券をお渡しください(※)。
各フェリーターミナルへのアクセスは首都圏~北海道航路および関西~九州航路のホームページをご確認ください。なお、首都圏~北海道航路を利用する場合、こちらの記事で東京駅から大洗港フェリーターミナルまでの行き方(徒歩乗船)を紹介しています。

※自動チェックイン機では、クーポン券をご利用いただけません。

大洗港フェリーターミナル 発券窓口
さんふらわあターミナル(大阪) 第1ターミナル(大阪南港コスモフェリーターミナル)発券窓口

Step4. (乗船中)”カジュアルクルーズ”を満喫する

移動中もくつろぎ、楽しむことができるのが「さんふらわあ」での船旅の魅力です。船内では、客室でゆっくりおくつろぎいただけるほか、プロムナード、レストラン、展望浴場など、リラックスできる空間が整っていますので、”カジュアルクルーズ(※)”をぜひ満喫ください。

※365日、思い立った際にいつでも乗船でき、気軽に非日常のクルーズ気分を味わっていただける「さんふらわあ」のサービスコンセプト。

船内レストラン(夕食バイキング)
船内レストラン(夕食バイキング)
船内展望浴場

なお、船旅ならではの豊かな時間の過ごし方をご紹介する船内フリーペーパー「CC Time(カジュアルクルーズタイム)」を船内やフェリーターミナルで配布していますので、お手に取ってご覧ください。

船内やフェリーターミナルで配布している「CC Time」

※「CC Time」はこちらの商船三井ホームページからもご覧いただけます。

(お役立ち情報)2022年で50周年を迎えた「さんふらわあ」

「さんふらわあ」は、2022年2月1日で50周年を迎えました。「さんふらわあ」が歩んできた歴史を、年表で振り返ることができるページを特設しています。乗船前や乗船中にご覧いただき、「さんふらわあ」の歴史を感じながら、船旅を楽しむのはいかがでしょうか。

「さんふらわあ」50周年特設ページ
誕生50周年を迎えた『さんふらわあ』を巡る旅

(お役立ち情報)2023年春に日本初LNG燃料フェリーが就航

2023年春、日本初のLNG(液化天然ガス)燃料フェリー2隻「さんふらわあ くれない」「さんふらわあ むらさき」が、大阪~別府航路に就航しました。

「さんふらわあ くれない/むらさき」の客室例
「さんふらわあ くれない/むらさき」の客室例

LNGは、従来の燃料である重油に比べて、発熱量あたりのCO2(二酸化炭素)とNOx(窒素酸化物)の排出量が少なく、SOx(硫黄酸化物)はほぼ排出しないという、非常に環境性能に優れたクリーンな燃料です。
また、新造船「さんふらわあ くれない/むらさき」では、最新の技術とこだわりの設計により、「旅客サービス」と「貨物輸送」の両面で快適性と輸送力が向上しました。
旅客サービス面においては、船の大型化(全長199.9m)と最先端技術の搭載により、静粛性が大幅に向上。定員一人あたりの内装面積は6.9㎡から10.9㎡へと拡大しました。プライバシーを重視した個室を大幅に増やしつつ、ゆとりある開放的なパブリックスペースを設置するなど、安心・安全な快適空間で“カジュアルクルーズ”をさらに拡充しました。
貨物輸送においては、貨物スペースを現行船の1.5倍に拡大。トラックの積載台数やドライバー専用客室を大幅に増やし、ドライバーの皆さまに優しい空間を提供しました。
“クリーンエネルギー”と“カジュアルクルーズ”が融合した新造船に、ご期待ください。
新造船に関する最新のニュースはこちらよりご確認いただけます。

「さんふらわあ くれない」命名・進水式の様子(2022年3月)
「さんふらわあ くれない」命名・進水式の様子(2022年3月)
「さんふらわあ」なら安心して旅行を楽しめます!
首都圏~北海道航路「さんふらわあ」はこちら
関西~九州航路「さんふらわあ」はこちら
首都圏~北海道航路「さんふらわあ」はこちら
関西~九州航路「さんふらわあ」はこちら

関連記事RELATED