もくじ

「さんふらわあ」が就航する別府や大分、その大分の冬のイメージといえば別府や湯布院などに代表される温泉のイメージが強い方も多いと思いますが、実はこの時期ならではの絶景スポットも数多くあります。今回は「ツーリズムおおいた」の神ノ川さんのナビゲーションで、冬の大分の魅力的な絶景スポットをご紹介します。

 
冬、どちらに旅行します?
いろんな選択肢があると思いますが、ぜひ「温泉」に!温泉といえば「おんせん県おおいた」。冬のひんやりした空気とじんわり温まる露天風呂。大分に在住の私自身、この季節の温泉はベストだと思います。

さらに冬ならではの楽しみもございまして、今回は大分へお越しの際にぜひご覧いただきたい冬の絶景をご紹介します。

Instagramやってます?
日常はもちろんのこと、最近はプロからアマチュアまでいろんな方がステキな写真投稿ツールとして活用されていますね。ガイドブックだけでは見ることのできない、現地の風景や匂いまで伝わってきそうな写真を見つけることが出来ます。私も最近ではもっぱら画像検索ツールとしてガンガン活用しております。

今回は、大分県の絶景を投稿されているInstagramユーザーさんのお写真を拝借しまして、皆さまにその素晴らしさをお伝えしたいと思います。

 

まずは別府の絶景その①「湯けむり」

定番の「湯けむり」も、ライトアップでこんな表情が!この撮影地である「湯けむり展望台」では、鉄輪の湯けむり、雄大な鶴見岳、季節によって様々に色を変える扇山、その風景を一望できます。

別府の湯けむりは、平成13年NHKが募集した「21世紀に残したい日本の風景」で富士山に次いで全国第2位に選ばれました。また展望台からの夜景も平成22年に「日本夜景遺産」に認定されました。

済んだ空気と雪がうっすらかぶった山なみと朝焼け空のコントラスト。この時期だからこその景観です。ライトアップは、毎週土曜、日曜及び祝日の午後7時~9時の間。

別府の絶景その②「鶴見岳の霧氷」

先ほどの「湯けむり展望台」から望む鶴見岳の山頂付近ではこんな現象が。気温や気候、風向きなど条件がそろわなければなかなか見られない現象。晴れの日であれば、空と別府湾の美しい青とあわせて楽しめる絶景です。山頂まではロープウェイが運行しています。

≫別府ロープウェイ

由布院の絶景「朝霧」

こちらも別府の湯けむりに負けない人気の絶景。盆地ならではの朝霧と由布岳、そして朝焼けの空が見事。「狭霧台展望所」も有名ですが、こちらの写真は「蛇越展望所」からの撮影。朝霧撮影の人気スポットであり、Instagramで#蛇越展望所と検索すれば、美しい写真ばかり!せっかく由布院に来たならば、頑張って早起きしてでも楽しみたいですね。

いつでも人気!豊後高田の絶景「真玉海岸」

別府から車で北へ1時間ほど。真玉海岸は大分県で唯一、水平線に沈む夕陽を目にすることができることで知られています。最干潮時にも海水が全てなくならず、水が少し残り干潟ができます。遠浅の干潟と、夕陽に映えて黄金に輝く水面が織りなす幻想的な写真が撮れることから、多くの写真家や観光客を惹きつけています。

神秘的な絶景「奈多海岸・奈多宮」

夏は海水浴場として人気の奈多海岸。伊予灘に面して南北約2kmに及ぶ美しい白砂と見事なクロマツの老木が並ぶ白砂青松、風光明媚な海岸線。海岸線のほぼ中央には天平元年(729年)に創建されたと伝えられる八幡奈多宮があり、朝日と共にありがたき絶景が拝めそう。

くじゅうの絶景も逃せない!

九州といえども、くじゅう連山が並ぶ大分と熊本・阿蘇の県境周辺は雪が降りやすい。初夏の緑の絶景とはまた違う、冬ならではの景色も楽しめます。雪の日は車で簡単にピューっと…って行くことは難しいですが、山好きであればぜひチャレンジしていただきたいですね。

いかがでしたでしょうか?おそらくみなさんの知らない絶景もあったはず。今回ご紹介しましたお写真は、時間や気候など条件が揃わないとみることが出来ないものも多く、それなりの覚悟と根気が必要かもしれません。しかし、それでも見る価値のある絶景ばかりですね。私もいつか肉眼でチャレンジしたい!まずは早起き!…できるかな?(笑)。

みなさんも「さんふらわあ」に乗って、ぜひ冬の大分へお越しください!

大分で"インスタ映え"な写真を撮りに行くなら
フェリーさんふらわあで!

フェリーさんふらわあ WEBサイト

※フェリーさんふらわあ WEBサイトへリンクします。

大分で"インスタ映え"な写真を撮りに行くなら
フェリーさんふらわあで!

フェリーさんふらわあ WEBサイト

※フェリーさんふらわあ WEBサイトへリンクします。

関連記事RELATED