HOMECSR・環境安全運航 モノを運ぶ段階 > 安全運航支援センター(SOSC)

安全運航支援センター(SOSC)

English

CSR・環境
CSR
安全運航
環境
人材育成
社会貢献活動
ステークホルダーとの対話
社外からの評価
安全・環境・社会報告書

安全運航支援センター(SOSC)による24時間365日の支援体制

安全運航への強い決意

2006年、当社が運航する船舶において4件の重大海難事故が発生しました。事故後、徹底的な事故原因の究明を行い、2007年「船長を孤独にしない」をスローガンとするSafety Operation Supporting Center (SOSC)を設置しました。事故の教訓を肝に銘じ、「世界最高水準の安全運航」の実現に向け、グループ役職員一丸となって取り組んでいます。

船舶をとりまくさまざまなリスク

当社グループの船は世界中の海を航行しています。冬季の荒天、台風、河川港の凍結などの気象上の悪条件ばかりでなく、中東・ウクライナをはじめとする政情不安や海賊の発生など、さまざまな状況に適切に対応する必要があります。

地球温暖化に伴い、熱帯低気圧の勢力が増大し、風速が強まったり降水量が増加することが予測されています。また、悪化する国際情勢に伴う海賊やテロの脅威に備え、陸上と海上の連携がますます重要になっています。

SOSCは、こうしたリスクをリアルタイムで把握し、本船、船舶管理会社、海技グループ、運航担当者と連絡を取り合い、「船長を孤独にしない」体制を整えています。船長経験者1名を含む2名が常駐し、海外メディアの情報や気象情報など、船の航行に関わるあらゆる情報収集を行い、タイムリーに適切な情報発信を行うことにより、重大事故の未然防止に全力で取り組んでいます。

MAP 海賊 エボラ出血熱 政情不安 ミサイル発射実験 海氷・氷山 ハリケーン 荒天 冬季荒天 季節風による荒天 河川港の凍結 サイクロン 地震・津波 台風

海賊


2014年4月~2015年3月にマラッカ海峡で海賊が発生した地点

(マラッカ・シンガポール海峡、ソマリア沖アデン湾・インド洋、西アフリカ沖(ギニア湾))
海賊発生海域周辺の本船に対し、100マイル以内に近づかないようにアドバイス

エボラ出血熱

(西アフリカ)

政情不安


政情不安地域を航行する船の特定

(ウクライナ、中東など)

ミサイル発射実験

(北朝鮮・インド)

海氷・氷山


赤色は海氷・氷山が観測された地域

(ニューファンドランド周辺・オホーツク海)

ハリケーン

(北東太平洋・大西洋)
ハリケーンの進路と本船の動静から本船の避航針路を確認。

荒天


赤枠は荒天が予測される海域を示し、荒天に遭遇することが予測される船が赤色で表示

(全海域)

冬季荒天

(北太平洋、北大西洋などの高緯度海域)

季節風による荒天

(インド洋・南シナ海)

河川港の凍結

(五大湖、バルト海、ヤマル、ナホトカ)

サイクロン

(インド洋・南太平洋)
サイクロンの進路と本船の動静から本船の避航針路を確認。

地震・津波

(全海域)
地震発生に伴う津波の予測から必要に応じ本船に退避勧告。

台風

(北西太平洋)
台風の進路と本船の動静から本船の避航針路を確認。

このページの先頭へ

24hours

0:00 台風情報を対象地域 航行・停泊船に発信。 12:00 台風情報を対象地域 航行・停泊船に発信。

情報収集
(海外メディアまたは国際情報機関(*2)、海事セキュリティ情報会社の海賊情報など)

(*2)主な国際情報機関:
IMB Piracy Reporting Centre(国際海事局海賊情報センター)、UKMTO:(英国海軍情報収集機関)、NATO:(北大西洋条約機構)

ウェザーニューズ社とテレビ会議。
警戒を要する船の監視状況を確認。
1:00 13:00  
2:00 14:00  
3:00 15:00 世界中の荒天海域、沿岸荒天域の情報を配信。
4:00 16:00  
5:00 17:00  
6:00 18:00 台風情報を対象地域 航行・停泊船に発信。
台風情報を対象地域 航行・停泊船に発信。
7:00 社内にインド洋・ペルシャ湾 航行船舶動静配信。 19:00 当直交代引き継ぎ
8:00 当直交代引き継ぎ 20:00  
9:00   21:00  
10:00   22:00 ウェザーニューズ社とテレビ会議。
警戒を要する船の監視状況を確認
11:00   23:00  

情報収集
情報収集

当直交代引き継ぎ
当直交代引き継ぎ


「MOL DOMINANCE」
Captain
THAN HTUT

船長から見たSOSC
本船「MOL DOMINANCE」は、日本、東南アジアと中国を結ぶアジア航路に従事していて、当該航路では、夏期は頻繁に台風と遭遇します。SOSCからは毎日4回気象・海象情報が送られてきますが、それ以外に、台風が接近しているときには、随時台風の情報を、前もって提供してくれるので、避航する等の対策をとることを可能としてくれ、非常に役立っています。

このページの先頭へ

緊急事態を未然に防ぐための船と陸の連絡体制

海賊出没!!

熱帯低気圧発生

地震発生津波警報発生

このページの先頭へ