HOME > お知らせ

お知らせ

English

お知らせ

2019年08月09日

8月27日(火)TICAD7公式サイドイベントでLNG発電船ソリューションの講演会を行います

株式会社商船三井(以下「商船三井」)は、8月27日(火)に第7回アフリカ開発会議(TICAD7)(註1)の公式サイドイベントにて、Karpower International B.V.社(以下「Karpowership社」)(註2)と共同で、LNG発電船ソリューションに関する講演会を行います。

商船三井とKarpowership社は、本年3月以来LNG 発電船事業におけるパートナーシップを構築し、FSRUの改造工事やプロジェクトの開発に取り組んでおります(註3)。本講演会においては、両社の事業内容、LNG 発電船ソリューションの仕組みや強み、アフリカ地域における社会貢献についてご紹介する予定です。

本講演会のご参加にあたって事前申し込み等は不要となっておりますので、以下概要をご確認の上、会場までお気軽にお越しください。

【講演会概要】
日時  :2019年8月27日(火) 10:30~12:00
場所  :パシフィコ横浜 展示ホールB(ブースB06)
席数  :200
テーマ:“KARMOL” LNG発電船ソリューションが変える未来の世界
言語  :英語
参加費:無料

また、TICAD7の会期中は本会議が開催される会議センターにて商船三井とKarpowership社共同のブースを「KARMOL」ブランドにて設置いたします。LNG 発電船ソリューションに関する展示や個別説明を行いますので、こちらにもぜひ足をお運びください。なお、会議センター自体は入場に事前登録と許可証が必要な制限エリアとなっておりますので、ご留意願います。

【ブース概要】
期間:2019年8月27日(火)~30日(金) 9:30~19:30(30日(金)のみ~14:30)
場所:パシフィコ横浜会議センター5F(ブースA34)
      ※入場には事前登録と許可証が必要です
内容:LNG発電船事業に関する展示、個別説明等

【会場アクセス】

詳細につきましてはパシフィコ横浜の公式ページをご参照ください。
https://www.pacifico.co.jp/visitor/access/tabid/236/Default.aspx

【改造工事中のFSRU】

註1: TICADとは,Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)の略であり,アフリカの開発をテーマとする国際会議です。1993年以降,日本政府が主導し,国連,国連開発計画(UNDP),世界銀行及びアフリカ連合委員会(AUC)と共同で開催しています。次回TICAD7は,令和元年8月28日~30日に横浜市のパシフィコ横浜で開催されます。(出典:外務省ホームページ)
TICAD7の詳細につきましては外務省のホームぺージをご参照ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ticad/ticad7/index.html

註2: 1948 年にトルコで創業されたKaradeniz Holdings(以下「Karadeniz 社」)の主要事業である発電船事業を担う中核企業。Karadeniz 社はトルコのみならず世界市場を対象にファイナンス、不動産、造船、エネルギー分野のビジネスを行い、特にエネルギー分野では発電船事業を通じ業界をけん引しています。
http://www.karpowership.com

註3: 2019年3月29日付け弊社プレスリリース「商船三井とKarpowershipがLNG発電船事業におけるパートナーシップを構築 ~世界最大の発電船事業者とアジア最大のFSRU事業者が共同営業・投資へ~」をご参照ください。
http://www.mol.co.jp/pr/2019/img/19022.pdf

このページの先頭へ