鉄鉱石、石炭、穀物、塩、アルミ塊、銅鉱石など様々な貨物を、梱包せずに大量にそのまま輸送するのが「ばら積み船」です。
 大量・ばら積み貨物=バルク、乾貨物=ドライカーゴといった言葉から、「バルカー」「ドライバルカー」「バルクキャリアー」とも呼ばれます。「ばら積み船」には様々なサイズがあり、運ぶ貨物の量や、寄港地の規模にあわせて利用します。
サイズ別のばら積み船

 VLOC(Very Large Ore Carrier)は、「とても大きな鉄鉱石運搬船」です。経済性を追求し大型化が加速する中、近年出てきた船型です。
 「ケープサイズ」は、鉄鉱石、石炭、穀物など、どんな貨物にも対応するばら積み船の中で最も大きな船型です。パナマ運河を通航できず、喜望峰=Cape of Good Hope 回りで太平洋と大西洋を行き来することから名づけられました。
 「パナマックス」は、パナマ運河を通航できる最大船型で、長さ900フィート(約274m)以内、幅106フィート(約32m)以内の船です。ちなみに、パナマックスという呼び方は、ばら積み船以外にもコンテナ船や自動車船、客船などを表す場合にも使われます。
 パナマックスより小さい船型の呼称には「ハンディ」という言葉が入ります。世界のほとんどの港に入出港できる便利さからこの名がついています。この船型はクレーンを装備し荷役設備のない港でも荷役が可能で、多様な貨物を運びます。

ばら積み船 サイズ別呼称
  標準的な載貨重量トン 主な積載貨物
VLOC (Very Large Ore Carrier) 250,000 鉄鋼原料(鉄鉱石)
ケープサイズ 180,000 鉄鋼原料 (鉄鉱石・原料炭)
パナマックス 82,000 鉄鉱石、原料炭、 燃料炭、穀物など
ハンディマックス 58,000 燃料炭、穀物、塩、 セメント、鋼材など
スモールハンディ 28,000 鋼材、セメント、 穀物、鉱石など

構造・特徴
 船倉上部に傾斜をつけたトップサイドタンクという三角形のバラストタンク(船を安定させるための海水=バラスト水を入れるタンク)があり、貨物や船の偏りを防止しています。船倉の下部は両サイドに傾斜をつけたホッパー形状とし、貨物が隅に溜まって荷役効率が下がるのを防ぐ工夫がなされています。荷役のためのクレーンを持つ船と、クレーンを持たず陸側の設備で荷役する船があります。一般的にパナマックス以上のサイズの船にはクレーンがありません。船倉の上部にはハッチカバーがあり、荷役をする時だけ開けます。


貨物別の専用ばら積み船

 ばら積み船は、貨物の量や港の規模や設備に合わせて最適な船型で運ぶのが一般的ですが、特定の貨物を最も経済的・効率的に輸送できるように設計段階から考えて建造された専用のばら積み船もあります。


 鉄鉱石は比重が非常に大きく重いため、船倉を狭くして、船体中央部に貨物を高く積み上げる構造になっています。輸送効率を追求するため、クレーンを持たないケープサイズクラスの大型船が主流になっています。



 火力発電用の石炭を輸送します。着岸する発電所専用バースの深さや揚炭機の可動範囲に合わせて船を設計します。喫水が浅くても石炭を沢山積めるように船幅を広げた幅広船型(8〜9万重量トンクラス)が主流となっています。



 紙の材料となる木材チップを専用に運ぶ船です。木材チップは比重が小さく軽いので、船倉の容積をできるだけ大きくしているのが特徴です。また、貨物の流動性がなく、偏りの心配がないため、トップサイドタンクもありません。



ページの先頭へ