HOME事業案内 > フェリー・内航サービス

フェリー・内航サービス

English

事業案内
ドライバルク船サービス
油送船サービス
LNG船サービス
海洋事業サービス
自動車船サービス
コンテナ船サービス
ターミナル・サービス
ロジスティクス・サービス
客船サービス
フェリー・内航サービス
関連事業サービス
技術開発

人とモノの交流を展開する、国内最大規模のネットワーク


新造フェリー「さんふらわあ ふらの」

気軽な船旅「カジュアルクルーズ」を提供

商船三井グループのフェリーは、年間110万人を超えるお客様にご利用いただいています。船内のさまざまなタイプの客室・レストラン・大浴場・展望デッキなどの施設が楽しい船旅を演出します。他の交通機関では味わうことのできない、ゆとり・やすらぎのある空間を提供しています。


名門大洋フェリー大型新造船「フェリーおおさかⅡ」


スイート


レストラン

大型新造フェリーが順次就航

フェリーさんふらわあ新造船

撮影:三好和義
エントランス(イメージ)


スイート(イメージ)

2017年5月、大洗(茨城県)⇔苫小牧(北海道)航路に新造フェリーが就航し、秋にはもう1隻を投入します。2018年には志布志(鹿児島県)⇔大阪航路にも新造フェリー2隻が就航する予定です。個室を増やし、バリアフリー設備を拡充するなど快適性が向上します。また、ハイブリッド推進システムの採用により優れた環境性能を実現させた「人にも環境にも優しいフェリー」です。

国内物流の大動脈として

長距離・大量輸送に適した輸送モードであるフェリーは、その特徴を活かし、国内の重要拠点を結び、工業原料、工業製品ならびに食料品などの輸送に不可欠な役割を果たしています。北は苫小牧(北海道)から南は志布志(鹿児島)まで、日本各地を結ぶ海上ネットワークを整備、拡充し、全国規模で展開しています。地球環境保全に寄与する「モーダルシフト」の担い手として、商船三井グループのフェリー・内航事業の重要性がますます高まってきています。

関連リンク

このページの先頭へ