プレスリリース

English

プレスリリース
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2012年01月19日

燃料油タンク用ポータブル液面計を開発
~メーカーと共同で世界初の製品化、補油作業軽減と安全性を向上~


無線機能を備えたポータブル液面計

このたび当社は、ムサシノ機器株式会社と共同で、補油時における燃料油の液面計測作業を効率化し、より精度が高い計測を可能とした燃料油タンク用ポータブル液面計を、世界で初めて開発しました。これにより乗組員の作業を軽減するとともに、タンクから燃料油がオーバーフローするトラブルを防ぐ効果が期待できます。

同液面計の特長

  • 検出器本体は小型(幅 24cm x 高さ 37cm x 奥行 31cm)、軽量(約 4.5kg)。
    電源には9ボルト乾電池を使用。計測値はデジタル表示され、操作性に優れている。
  • 無線機能により複数のタンクの液位を同時に監視することが可能。
  • 従来、補油の際に燃料油の表面に泡が発生して(通称:"カプチーノ現象")計測値を誤らせる場合があったが、本液面計を使用することで、その誤りも是正できるようになる。
  • 従来の測深テープによる計測と併用することも可能。

開発・導入の背景
固定式の液面計が装備されている船舶においても、補油中には、オーバーフロー防止ならびに補油量確認のため、乗組員は甲板から測深テープを垂らし、液面高さを手作業で計測します。この作業は、熟練が必要であり、同時に複数のタンクに対し行うので、乗組員の作業負担となっておりました。
今回開発した液面計は、燃料油タンク内に投入された受圧式センサーが液面圧の変化を感知するため、タンク内の燃料油の液面高さを正確に、かつ短時間で計測できます。また、無線機能が装備されているため、コンピューター上で複数のタンクを一括監視することも可能です。その結果、計測作業を効率化し作業負担を軽減するとともに、補油中のオーバーフローを防ぎ、船外に流出するといった万が一の海洋汚染事故の防止効果が期待できます。

昨年12月に複数の船主および船舶管理会社を本船に招いて、デモンストレーションを実施しました。補油時におけるオーバーフロートラブル、ならびにカプチーノ現象の問題は、海運業界の共通した課題であり、参加者からは「オーバーフロートラブル防止効果が期待できる」と関心の高さが伺えました。

当社は、中期経営計画「GEAR UP! MOL」で海洋汚染防止を含む安全運航の強化を掲げ、"世界最高水準の安全運航"を目指しており、今回の新技術の開発はその取り組みの一つです。今後も安全運航に寄与する技術の開発および導入を積極的に進めます。

このページの先頭へ