プレスリリース

English

プレスリリース
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2017年04月06日

米国海洋大気庁のチャネル諸島国立海洋保護区より表彰
~2016年船舶減速航行プログラム参加を評価~

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区)は、米国海洋大気庁(NOAA)のチャネル諸島国立海洋保護区より、2016年船舶減速(VSR)奨励プログラムへの参加を讃えて賞を授与されました。

VSRプログラムは、NOAAのチャネル諸島国立海洋保護区、サンタバーバラ郡大気汚染規制区域、ベンチュラ郡大気汚染規制区域、国立海洋保護区財団およびボルジ財団が2016年に立ち上げた自主規制プログラムです。コンテナ船の航行を12ノット以下に減速することで、サンタバーバラ海峡の大気汚染を削減し、絶滅の危機に瀕しているクジラの保護を強化します。NOAAによると、商船三井をはじめとする海運会社10社が2016年のプログラムに参加し、27トン以上の窒素酸化物(NOx)、スモッグの原因になる大気汚染物質、1000トン以上の温室効果ガスを削減しました。

商船三井が本受賞したのは初めてで、運航する船舶がアジア-北米西岸航路(SE2)のサンタバーバラ海峡通過時にスピードを12ノット以下で維持する取り組みが評価されたものです。


(左から)ロデリック・ワゴナー(MOL (America) Inc. 副社長補佐兼太平洋州域営業担当)、ティム・アシュリー(MOL (America) Inc.太平洋南西地区営業マネージャー)、ネイトサン・カーシケヤン(チーフ・オフィサー)、ジェシカ・モーテン(NOAAチャネル諸島海洋保護地区資源保護スペシャリスト)、タイラー・ハリス(ベンチュラ郡大気汚染保護地区大気環境エンジニア)


(左から)ジャスウィンダー・シング(船長)、ビスワズ・スディプタ(チーフエンジニア)、ネイトサン・カーシケヤン(チーフ・オフィサー)、ジェシカ・モーテン(NOAAチャネル諸島海洋保護地区資源保護スペシャリスト)、タイラー・ハリス(ベンチュラ郡大気汚染保護地区大気環境エンジニア)

このページの先頭へ