エネルギー輸送
 資源を運ぶバルカーやエネルギーを運ぶタンカーとは違い、加工した製品を運ぶ船もあります。
 このページでは、自動車を運ぶ自動車船と衣類や生活雑貨など多種多様な貨物を運ぶコンテナ船をご紹介します。
自走して荷役、効率輸送を実現する駐車場のような船

 PCC(Pure Car Carrier)またはPCTC(Pure Car and Truck Carrier)と呼ばれ、自動車や建設機械など自走できる貨物を専門に輸送するために設計された船です。1965年に日本初の自動車専用荷役装置を設けた専用船「追浜丸」を就航させたのは商船三井です。

構造・特徴
 クレーンなどの荷役設備を持たず、船側と船尾部分の出入り口から岸壁側にランプウェイを橋渡しし、その上を専門のドライバーが自動車を運転して、岸壁から船内に積み込み、船内から岸壁へ荷揚げします。このような荷役方法をRO/RO(ロールオン/ロールオフ)方式と呼びます。船内は何層ものデッキ構造になっており、全体としては立体駐車場の様な構造です。できるだけ多くの車を積めるよう、積み付け間隔は前後30センチ、左右10センチほどです。乗用車だけでなく、大型バスやトラックなどの車両や建設機械なども詰める様に、一部のデッキは車高に合わせて高さが調節できるようになっています。

 「追浜丸」就航時は1200台積みでしたが、現在では8400台積みもあります。商船三井が運航する標準的な自動車船の大きさは、15階建ての立体駐車場とほぼ同じ高さで、6400台積みです。
 この積載できる台数は、長さ4.125m、幅1.55mの乗用車を基準として換算しています。


世界初の新造ハイブリッド自動車船

 常に環境保全を考慮して生産される自動車を運ぶ船は、貨物同様に環境負荷軽減のための技術を積極的に採り入れています。商船三井の自動車船は船首の端部分を斜めにカットした風圧抵抗軽減型を基本船型としています。2012年竣工のハイブリッド自動車船「EMERALD ACE」では、甲板上に太陽光パネルを設置し、航海中に大型蓄電池に蓄えた電力を利用して停泊中のCO2排出ゼロエミッションを実現しています。


国際規格のコンテナで、ドアツードア輸送を実現

 国際規格の海上コンテナに貨物を収納して運ぶ船です。路線バスの様にあらかじめルートとスケジュールを設定して、定期的に決まった港に寄港します。また、コンテナ化された貨物はトラックや鉄道への積み替えが容易なため、荷役の迅速化とともに海陸一貫によるドアツードアの輸送を実現しています。

構造・特徴 
 荷役設備のあるコンテナターミナルに寄港するため、一般的に船にはクレーンなどの荷役設備を装備していません。また、安定した寄港スケジュールを維持するために、他の船種より高速航行が可能です。
 商船三井が1968年に初めて就航させたコンテナ船「あめりか丸」は700TEU型でした。1970年以降、国際海上コンテナ輸送は大きく発展し、それにともないコンテナ船も一気に大型化しました。1970年代には2000TEU、80年代後半には4000TEU、2000年代に入ると全長300メートルを超える10000TEUクラスも竣工しました。その後も船型の大型化は進み、18000TEUクラスも竣工しています。


海上コンテナのサイズ、番号、TEU

海上コンテナは、国際標準化機構(ISO:International Standardization Organization)によって寸法、強度、外形、番号制度などが規格化されてい ます。

  • Fコンテナのサイズは、長さが20フィートのコンテナと40フィートのコン テナに大別されます。
  • 「 ドライコンテナ」「冷凍コンテナ」「オープントップコンテナ」「タンクコンテナ」などの種類があり、用途に合わせて使用します。
  • コンテナ本体に付けられた番号から、コンテナの所有者、タイプ、サイズ がわかるようになっています。
  • コンテナ船の積載能力や輸送実績などは「TEU」で表します。TEUは、 Twenty-foot Equivalent Unitの略で、20フィートコンテナを1と数えます。40フィートコンテナは、1本を2TEUとカウントします。

ページの先頭へ