HOME事業案内 > LNG船サービス

LNG船サービス

English

事業案内
ドライバルク船サービス
油送船サービス
LNG船サービス
海洋事業サービス
自動車船サービス
コンテナ船サービス
ターミナル・サービス
ロジスティクス・サービス
客船サービス
フェリー・内航サービス
関連事業サービス
技術開発

安全・安定輸送を約束する世界トップクラスのシェアを誇るLNG船隊


LNG船「エル・エヌ・ジー ヴェスタ」

世界経済の発展に伴い、エネルギー需要は拡大しています。近年ではエネルギー源の多様化が進展していますが、エネルギー需要の大部分を支える天然ガスの需要も堅調に増加しています。
商船三井は、世界最大級の輸送船隊、豊富な輸送実績とノウハウで、エネルギー輸送のエキスパートとしてグローバルな活動を展開しています。高度な技術力が求められるLNG(液化天然ガス)をはじめとしたエネルギー輸送において、商船三井は、船隊整備の推進と船員の教育・訓練に注力し、ハード・ソフト両面での安全運航体制をもって世界各地への安定したエネルギー供給に貢献しています。

拡大するクリーンエネルギーの安定輸送をめざして

LNG(液化天然ガス)は、環境にやさしいクリーンなエネルギーとして、世界各国で需要が増加しています。商船三井は、1983年にLNG輸送に参画して以来、多くのノウハウと実績を積み重ね、LNG船の所有・管理・運航において、世界トップクラスのシェアを誇ります。さらに2018年にはロシアのヤマルLNGプロジェクト向けに北極海航路を切り拓く邦船社で初となる砕氷LNG船の運航を開始するなど、最先端を走る取り組みを行っています。
商船三井では、東京・ロンドン・香港・ジャカルタ・マスカット(オマーン)・アルズー(アルジェリア)の世界6拠点でLNG船の船舶管理を行い、高度な輸送技術と熟練した人材で安全運航を維持しています。
商船三井は、LPG(液化石油ガス)の輸送を担うLPGタンカーを保有・運航しており、2016年にはLNG船、LPG船の両分野で得た豊富な経験とノウハウを活かして、インド・リライアンス社との戦略的提携により世界初となる大型液化エタン専用船による輸送事業に参入しました。
今後も拡大が見込まれる液化ガス輸送需要に応えるべく、安全で確実な海上輸送サービスの提供に努めていきます。


LNG船「LNG PIONEER」


世界初の大型エタン輸送船
「ETHANE CRYSTAL」

ヤマルLNGプロジェクトへの参画

北極圏には、未発見天然ガス資源の30%が存在しているとの調査レポートがあり、そのポテンシャルは非常に大きいものですが、これまでは輸送手段がなく資源の活用に制限がありました。昨今、温暖化による北極海での海氷の減少を背景に、砕氷船によりロシア沿岸を通りベーリング海峡に抜ける北極海航路が、新たな輸送ルートとして国際的に注目されています。
ロシアの北極圏に位置するヤマル半島に分布するガス田からLNGを生産するのがヤマルLNGプロジェクトです。冬季は零下50度にも達する厳しい環境の中、プラント建設が行われ、2017年12月にLNG生産が開始されました。商船三井は2014年に、このプロジェクトへの参画を決定し、北極海航路を通じた世界初の砕氷LNG船によるLNG輸送にチャレンジしています。
商船三井は、15隻中3隻を保有する世界初の砕氷LNG船シリーズを安全かつ高品質に建造するため、韓国の造船所に技術者を派遣、また、ロシア訓練施設での氷海航海訓練や、北極海航路で運航される原子力砕氷エスコート船・重量物運搬船における乗船訓練など、実環境下での船員トレーニングを通じ、北極海航路での運航に向けて船舶管理体制を整えてきました。商船三井の保有1番船は、2018年1月に韓国の造船所を出帆し、北極海域でのアイストライアル(砕氷性能確認試験)後、2018年3月末にプロジェクトに投入されました。また、2番船は2018年末、3番船は2019年末にプロジェクトに引き渡され、北極圏からのLNG輸送に従事します。
商船三井は、このプロジェクトを通じて北極海航路運航という世界最先端のノウハウおよびリソースを蓄積していきます。またLNG輸送だけではなく、今後北極海航路の活用の可能性がある他の資源輸送や製品輸送においても、グローバルな顧客ニーズに的確に応えることで、今後も高品質な海上輸送サービスの一層の充実に取り組んでいきます。


当社初の砕氷LNG船「VLADIMIR RUSANOV」


最大氷厚2.1mまで単独砕氷船行が可能

(砕氷LNG船の特殊仕様)
ヤマルプロジェクトの砕氷船は、北極海に深い知見を持つロシアおよび北欧の研究機関、船級協会、建造造船所等が、長期にわたって砕氷船殻構造、砕氷航海、寒冷地対策等のリスク分析スタディーのうえ完成した仕様です。

ダブル・アクティングLNG船 ダブル・アクティングLNG船 強靭な砕氷補強船殻 機関室設計 船橋 船橋 居住区防寒対策 甲板上の着氷凍結防止策、防寒対策 救命設備
CG提供:Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering Co., Ltd.

① ダブル・アクティングLNG船

(Double-Acting LNG Carrier)

本船は、氷が存在しない海域や、薄い氷の海域では、船首前進操船します。船首水線下の船殻は、アイス・バウと呼ばれる氷を割りやすい特殊な形状で、強靭な船体補強が施されています。船首前進操船では進めないほどの厚い氷に遭遇した場合は、反転して船尾前進操船に切り替えます。船尾前進時には、特殊な形状をした船尾補強船殻 で厚い氷を砕氷して、3軸のアジポット・ステンレス製プロペラが、砕けた氷を船首方向へ掻き出しながら砕氷進行します。船首前進時は150cmの厚みの1年氷、船尾前進時は210cmの厚みの1年氷まで砕氷可能な設計としています。

② 強靭な砕氷補強船殻

(アイスクラスArc7、外気-50℃設計)

一般商船では最上級クラスのArc7アイスクラス*を取得します(LNG船ではArc7は世界初採用)。水線下の船殻には一律して強靭な補強が施され、かつ、氷が付着しにくい低摩擦型アイスブレーカー塗料で保護されています。その船殻重量は非アイスクラス同型船と比べて実に約25%もの増加となります。
船体の喫水線近傍(アイスベルト)は、押し寄せる氷の圧力に耐える最も強靭な補強が施され、かつ、-50℃の外気にも耐えうる特殊な低温Eグレード鋼材を使用しています。

(*)Arc7アイスクラス:ロシア船級協会はアイスクラスを9段階(Ice1~3、Arc4~9)に分類分けしており、Arc7クラスは上位3番目クラスに属します。Arc8,9クラスの一般商船は実在しないので、現時点ではArc7が最上級クラスとなります。LNG船ではArc7は世界初採用となります。

③ 機関室設計

(ダブルハル構造、左右分離隔壁、海水取水口)

標準的なLNG船では貨物区画のみがダブルハル構造ですが、本船は機関室区画にもダブルハル構造を採用し、万が一の船殻損傷時にも浸水・油濁リスクを低減するための万全の安全設計を施しています。
機関室区画は中央に防火隔壁を設けて、重要機器は左右舷両方に配置しています。
機関の冷却用海水取水入口(シーチェスト)は、氷海域において小氷片の混入による閉塞を防ぎ、推進機関を継続して運転できるよう、喫水線より高い位置にまでそびえる巨大な取水ボックス(アイスシーチェスト)としています。

④ 船橋

(操船ステーション)

本船は厚い氷海域下で後進操船するため、船橋操船ステーションも船首前進・船尾前進操船用に二重設備化しています。船首前進・船尾前進用船橋は、長時間の極寒地操船の寒さ対策として、完全なる閉囲型構造としており、両船橋は渡り廊下で結ばれています。
操船機器は、アイスレーダー、高輝度サーチライト、Night Vision Ice監視カメラなどの前方の氷塊早期発見を目的とした設備や、船体氷圧力計測装置、北極海でも使用可能な通信設備など、さまざまな特殊機器を配備しています。

⑤ 居住区防寒対策

3系統の暖房システム(セントラル式エアコン・電気ヒーター・オイルヒーター)、従来船より厚みを増した外壁断熱材、3重ガラス窓など万全の防寒対策を施しているほか、サウナや温水プールなど船員の福利厚生設備も充実しています。

⑥ 甲板上の着氷凍結防止策、防寒対策

甲板上機器は、温度に影響されにくい電動駆動式の機器を主に採用し、-50℃低温下での作動試験を合格した機器のみを選定しています。
水系配管は、電熱式や蒸気式のヒートトレースを巻いて凍結を防止し、バラストタンク内も天井部に蒸気式ヒーティングコイルを施して、タンク内凍結を防止します。
甲板上の積雪・着氷を溶かすため、至る箇所に蒸気噴射ノズルを設けるほか、消火海水管には蒸気式ヒーターで加温した温海水を供給できるように設計されています。
甲板上で作業するクルーの安全対策として、シェルターを要所に配備し、船首係船区画は天井屋根付き、船尾係船区画は上甲板下デッキに配置、として積雪や海水飛沫による着氷を防止します。

⑦ 救命設備

氷海域での非常時救命設備として、サバイバルキット(防寒服、テント、寝具、ストーブ等)を船上保管する等、北極海航海に適合したさまざまな特殊な救命設備を備えています。

(2018年2月-3月、北極海での1番船アイストライアルの様子はこちら)
https://www.youtube.com/watch?v=mrAfC15QV60

(2018年3月、サベッタ港での1番船初荷役の様子はこちら)
https://www.youtube.com/watch?v=HMSelzstcco

LNG燃料供給船を建造 ~TOTALとの長期傭船契約を締結~


LNG燃料供給船イメージ図

商船三井は世界最大のLNG燃料供給船(18,600m3型)の建造を進めています。
2018年2月、当社はTotal Marine Fuels Global Solutions(本社:シンガポール、以下「TMFGS」)との間でLNG燃料供給船の長期傭船契約を締結し、本船を2020年にTMFGSに引き渡す予定です。
TMFGSはこの供給船を、仏CMA CGM 社22,000TEU型LNG燃料メガコンテナ船向けLNG燃料供給(2017年12月契約締結)および今後需要の増大が見込まれる欧州・アジア航路のコンテナ船向けLNG燃料供給などに使用したい考えです。当社は本案件を足掛かりとしてLNG燃料船、およびLNG燃料供給船ビジネスの拡大・強化を図るとともに、得られた知見やネットワークを活かし、将来のLNG燃料供給事業(LNG燃料の調達・販売)への参画を検討していきます。

このページの先頭へ