HOME事業案内 > LNG船サービス

LNG船サービス

English

事業案内
ドライバルク船サービス
油送船サービス
LNG船サービス
海洋事業サービス
自動車船サービス
コンテナ船サービス
ターミナル・サービス
ロジスティクス・サービス
客船サービス
フェリー・内航サービス
関連事業サービス
技術開発

安全・安定輸送を約束する世界トップクラスのシェアを誇るLNG船隊


LNG船「エル・エヌ・ジー ヴェスタ」

世界経済の発展に伴い、エネルギー需要は拡大しています。近年ではエネルギー源の多様化が進展していますが、エネルギー需要の大部分を支える天然ガスの需要も堅調に増加しています。
商船三井は、世界最大級の輸送船隊、豊富な輸送実績とノウハウで、エネルギー輸送のエキスパートとしてグローバルな活動を展開しています。高度な技術力が求められるLNG(液化天然ガス)をはじめとしたエネルギー輸送において、商船三井は、船隊整備の推進と船員の教育・訓練に注力し、ハード・ソフト両面での安全運航体制をもって世界各地への安定したエネルギー供給に貢献しています。

拡大するクリーンエネルギーの安定輸送をめざして

LNG(液化天然ガス)は、環境にやさしいクリーンなエネルギーとして、世界各国で需要が増加しています。商船三井は、1983年にLNG輸送に参画して以来、多くのノウハウと実績を積み重ね、LNG船の所有・管理・運航において、世界トップクラスのシェアを誇ります。さらに2018年にはロシアのヤマルLNGプロジェクト向けに北極海航路を切り拓く邦船社で初となる砕氷LNG船の運航を開始するなど、最先端を走る取り組みを行っています。
商船三井では、東京・ロンドン・香港・ジャカルタ・マスカット(オマーン)・アルズー(アルジェリア)の世界6拠点でLNG船の船舶管理を行い、高度な輸送技術と熟練した人材で安全運航を維持しています。
商船三井は、LPG(液化石油ガス)の輸送を担うLPGタンカーを保有・運航しており、2016年にはLNG船、LPG船の両分野で得た豊富な経験とノウハウを活かして、インド・リライアンス社との戦略的提携により世界初となる大型液化エタン専用船による輸送事業に参入しました。
今後も拡大が見込まれる液化ガス輸送需要に応えるべく、安全で確実な海上輸送サービスの提供に努めていきます。


LNG船「LNG PIONEER」


世界初の大型エタン輸送船
「ETHANE CRYSTAL」

ヤマルLNGプロジェクトへの参画

北極圏には、未発見天然ガス資源の30%が存在しているとの調査レポートがあり、そのポテンシャルは非常に大きいものですが、これまでは輸送手段がなく資源の活用に制限がありました。昨今、温暖化による北極海での海氷の減少を背景に、砕氷船によりロシア沿岸を通りベーリング海峡に抜ける北極海航路が、新たな輸送ルートとして国際的に注目されています。
ロシアの北極圏に位置するヤマル半島に分布するガス田からLNGを生産するのがヤマルLNGプロジェクトです。冬季は零下50度にも達する厳しい環境の中、プラント建設が行われ、2017年12月にLNG生産が開始されました。商船三井は2014年に、このプロジェクトへの参画を決定し、北極海航路を通じた世界初の砕氷LNG船によるLNG輸送にチャレンジしています。
15隻中3隻を保有する世界初の砕氷LNG船シリーズを安全かつ高品質に建造するため、韓国の造船所に技術者を派遣。また、ロシア訓練施設での氷海航海訓練や、北極海航路で運航される砕氷エスコート船・重量物運搬船における乗船訓練など、実環境下での船員トレーニングを通じ、北極海航路での運航に向けて船舶管理体制を整えてきました。商船三井の保有1番船は、2018年1月に韓国の造船所を出帆し、北極海域でのアイストライアル(砕氷性能確認試験)後、2018年3月末にプロジェクトに投入されました。また、2番船は2018年末、3番船は2019年末にプロジェクトに引き渡され、北極圏からのLNG輸送に従事します。
商船三井は、このプロジェクトを通じて北極海航路運航という世界最先端のノウハウおよびリソースを蓄積し、グローバルな顧客ニーズにも的確に応えることで、今後も高品質な海上輸送サービスの一層の充実に取り組んでいきます。


当社初の砕氷LNG船「VLADIMIR RUSANOV」


最大氷厚2.1mまで単独砕氷船行が可能

LNG燃料供給船を建造 ~TOTALとの長期傭船契約を締結~


LNG燃料供給船イメージ図

商船三井は世界最大のLNG燃料供給船(18,600m3型)の建造を進めています。
2018年2月、当社はTotal Marine Fuels Global Solutions(本社:シンガポール、以下「TMFGS」)との間でLNG燃料供給船の長期傭船契約を締結し、本船を2020年にTMFGSに引き渡す予定です。
TMFGSはこの供給船を、仏CMA CGM 社22,000TEU型LNG燃料メガコンテナ船向けLNG燃料供給(2017年12月契約締結)および今後需要の増大が見込まれる欧州・アジア航路のコンテナ船向けLNG燃料供給などに使用したい考えです。当社は本案件を足掛かりとしてLNG燃料船、およびLNG燃料供給船ビジネスの拡大・強化を図るとともに、得られた知見やネットワークを活かし、将来のLNG燃料供給事業(LNG燃料の調達・販売)への参画を検討していきます。

このページの先頭へ