HOME事業案内 > 技術開発

技術開発

English

事業案内
ドライバルク船サービス
油送船サービス
LNG船サービス
海洋事業サービス
自動車船サービス
コンテナ船サービス
ターミナル・サービス
ロジスティクス・サービス
客船サービス
フェリー・内航サービス
関連事業サービス
技術開発

環境保全に向けて、高度な輸送技術を追求


20,000TEU型世界最大級のコンテナ船
CG提供:サムスン重工業(株)

20,000TEU型コンテナ船の環境に関する取り組み

世界最大級となる20,000TEU型の大型コンテナ船に、各種最新の環境負荷低減技術を積極的に採用し、差別化を図ることで、環境保全で世界の海運をリードします。
本船は、大型化による効率化と環境負荷低減技術をもって、現在の世界のコンテナ船の主要船型である8,000TEU型と比較して、1コンテナ輸送あたりに排出するCO2量を約50%(*)削減することができます。
*商船三井が運航する最新型の8,000TEU型比

船型最適化

コンテナ船船首・船尾の船型および船首バルブ形状の最適化により、4.5%の燃料節減(燃節)効果を見込んでいます。

排ガスバイパス(EGB)による低負荷チューニング

主機低負荷域での運航を重視したLLT(ローロードチューニング)と呼ばれるもので、低負荷域で良い燃費率を実現させるシステムです。

補機類の効率的な制御

居住区空調システム・冷却海水ポンプ・機関室通風ファンにインバータ制御を採用。大容量ファン・モーターの回転数を適切に制御することで、消費電力を最低限度に抑え、燃料消費の無駄を抑えます。

LNGへの燃料転換に対応

環境規制の1つである、SOx(硫黄酸化物)規制に対応するための措置として、LNGも燃料として使用できる機器配置の検討とスペースの確保を行っています。

低摩擦船底塗料

船体の水面下となる部分の表面に摩擦抵抗の少ない新型塗料を塗布しています。これにより推進抵抗が減少し、燃節効果が期待できます。

筒内圧力の最適調整

エンジンシリンダーの筒内圧力を監視し、燃料の噴射タイミングを自動で調整することで、筒内最高圧力を最適にする装置です。筒内圧力を適正に調整することで、燃焼を最適にし、燃費が改善されます。

発電機への排ガスエコノマイザの装備

4台中2台の発電機に排ガスエコノマイザを装備しています。発電機の排気ガスエネルギーを回収し、燃費向上に寄与します。

SOxスクラバーレトロフィット対応

LNG燃料転換への対応だけでなく、今後の燃料供給状況に対して柔軟に対応するため、SOxスクラバーのレトロフィットを容易にできるよう考慮した設計としています。

開発実験中の技術的な取り組み

SOxスクラバー

排ガス中に含まれるSOx(硫黄酸化物)を除去する装置。本装置を使用することで、低硫黄燃料を使わずとも、国際条約で規制されるSOx排出規制を満たすことが可能となる装置です。
今後より一層厳しくなるSOx排出規制の国際条約発効に先んじ就航船へのSOxスクラバー搭載の検討を(一財)日本海事協会、南日本造船(株)、(株)三和ドック、バルチラジャパン(株)と5社共同で始めました。

次世代型自動車船「FLEXIE」の形状デザインを決定
~ラウンド形状とした船首部により風圧抵抗を低減、約2%のCO2削減効果を見込む~

南日本造船(株)で建造、2017年竣工予定の次世代型自動車船「FLEXIE」の形状デザインを決定しました。 船首部をラウンド形状とすることで、風圧抵抗を低減し、現行の自動車船に比べ、約2%のCO2削減効果を見込んでいます。本形状は、商船三井テクノトレード(株)、および(株)三井造船昭島研究所との共同研究の成果です。
当社はこれまでも、シップ・オブ・ザ・イヤー2003を受賞した風圧抵抗低減型自動車船「COURAGEOUS ACE」の開発、コンテナ船風圧抵抗低減のための新型風防の開発、新型帆走装置「Power Assist Sail」の開発、およびウインドチャレンジャー計画への参画など、風圧抵抗を減らしたり、風を推進力に利用したりする研究開発を継続して実施しています。今回の次世代型自動車船の形状デザインの研究開発成果もその一環です。

新型風防を開発、当社コンテナ船に設置
~船首に設置して風圧抵抗を低減、CO2削減効果の検証を開始~

(一財)日本海事協会が産学官と連携して取り組んでいる「業界要望による共同研究」のスキームから研究支援を受け、商船三井テクノトレード(株)、(株)大内海洋コンサルタント、(株)三井造船昭島研究所、国立大学法人東京大学と共同で、コンテナ船における風圧抵抗を低減する風防を開発し、商船三井が運航するコンテナ船“ MOL MARVEL”の船首部に取り付け、実際の航海でのCO2の削減効果を検証しています。
近年のコンテナ船の大型化に伴い、甲板上に積載するコンテナの高さも増大し、それによる風圧抵抗も無視できない程度まで増加していることから、費用対効果に優れた積極的対策が求められています。今回の新型風防の開発にあたっては、風洞試験を通じて船首の形状を検討し、風防本体の重量の削減に加えて風圧抵抗の低減効果が最大限得られるよう、積載されたコンテナの最前列を囲う馬蹄形デザインを採用しました。本風防は日本海事協会が定める波浪衝撃荷重に関する規則に対して十分な設計強度を有しています。また、風防の後方両舷側には整流用コンテナを斜めに配置することにより船側面を平滑化し、さらなる風圧抵抗の低減を実現します。
これらの対策により、6,700TEU型コンテナ船が北太平洋航路を航海速力17ノット(時速約31km)で航行する場合、年間平均約2%のCO2削減効果を見込んでいます。

このページの先頭へ