トップページ > お知らせ > 大型液化CO2輸送船 社会実装に関するCO2ガス拡散シミュレーション評価事業の公募について

大型液化CO2輸送船 社会実装に関するCO2ガス拡散シミュレーション評価事業の公募について

2024年05月13日

株式会社商船三井(社長:橋本剛、本社:東京都港区、以下「当社」)は、下記における請負業者の募集を開始します。業務内容および期間等の詳細をご確認頂き、受託をご希望する場合下記申請フォームよりご応募下さい。

1. 業務内容

1) 概要
当社は、日本CCS調査株式会社が、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構から委託された事業の一部である、大型液化CO2輸送船の社会実装に関する研究開発を受託しました(2021年6月22日付プレスリリース)。大型船社会実装に関する研究開発の一環として、2022年度に船舶基本設計を実施した大型液化CO2船のCO2ガス拡散に関する評価を実施します。

本業務は、以下の通り当社が計画したガス拡散評価方法に基づき、評価をするシミュレーション作業です。対象とする船舶の仕様・条件については、契約後に別途ご連絡します。

目的 本船船体ならびに船上搭載機器・装置をモデル化した3次元ガス拡散シミュレーションにより、本船ならびに周辺環境への影響を評価する。
検討項目 ①ベントライザーからの大気ベント時のCO2拡散状況の評価
②タンク安全弁作動時のCO2拡散状況の評価
③ショアコンガスパージ時のCO2拡散状況の評価

2) 期間
契約締結日から2025年2月28日(予定)まで

2. 応募方法等

受付期間内に下記申請フォームから必要事項をご入力ください。その後、当社担当者から仕様書を送付しますので、そちらの記載事項に従い応募手続きを完了させてください。

受付期間:2024年5月13日~2024年5月27日

申請フォーム(Microsoft Office Forms)

以上