陸上総合職(技術系)齋藤 聡平

齋藤 聡平Sohei Saito

陸上総合職(技術系)

2015年入社 MOLシップテック(出向)
機械工学専攻修了

現在の仕事内容

新造船の図面承認、機器の試験立会い、海上試運転への立会いなどの業務を行っています。図面承認では、造船所から提出される船の図面が仕様書通りとなっているか、メンテナンス面まで考慮されているかなど、船を使う立場として詳細設計を行います。機器の試験立会いでは、船に搭載される機器が想定の性能を満たしているかを確認し、海上試運転では実際に竣工直前に乗船して種々の試験に立会うことで、設計通りの船に仕上がっているかを最終確認します。

自分の意志が船の設計に反映され、
実際の船に結実していく点こそが
最大のやりがい

私の担当船はタンカーやばら積み船、自動車船など多岐にわたりますが、これら一隻一隻の船をつくり上げる過程では、図面だけでなく実際に足を運んで建造中の船をチェックすることも多くあります。もしも不具合が見つかれば、営業や海技員といった関係部署と一緒に議論を重ね、それに応じて設計変更を行うなど、一筋縄ではいかないことがほとんど。それでも納期内に高品質な船を竣工させなければなりませんので、迅速さと柔軟さが求められる仕事です。高層ビルとも思えるような巨大な船の建造プロジェクトでは、多くの関係者が複雑に絡み合い、多方面から寄せられる多彩な要求に応えながら調整を行っていかなければならず、その難易度は決して低いとは言えません。毎日がチャレンジの連続ですが、一方でこれらを一つひとつ達成していくプロセスが、この仕事の面白い点でもあります。そして、私の意志や関係者それぞれの想いや希望が船の設計に反映され、実際の形となっていくことが、最大のやりがいになっています。現在、7つのプロジェクトが同時に動いており、そのすべてに何らかの形で自らの意志が宿ると思うと、感慨もひとしおです。

自分の意志が船の設計に反映され、実際の船に結実していく点こそが最大のやりがい。

つくる側から使う側、
管理する側への橋渡しの場
海上試運転は、
造船技師にとっての特別なとき

つくる側から使う側、管理する側への橋渡しの場
海上試運転は、造船技師にとっての特別な時

最も心に残るエピソードは、VLCC(Very Large Crude Oil Carrier)の海上試運転に造船技師を代表して立会ったこと。海上試運転は数年間かけて設計・建造してきた船が初めて大洋に出てその実力を発揮する大事な機会です。試運転では船が計画通りの性能を満たしているかを確認すると同時に、竣工後に船を管理する船舶管理会社へ船を引継ぐという意味合いも含んでいます。私が乗船した際は複数国籍で構成される管理会社の担当者・本船乗組員と一緒でしたが、英語で彼らに船の仕様を丁寧に説明したり、トラブル時には造船所の担当者も交えて議論を重ねたりすることで、お互いに信頼関係を深めることができ、大きな自信につながりました。海上試運転は言ってみれば、つくる側から使う側、管理する側への橋渡しの場。自らの意志が宿る船の長い航海の歴史が始まる時でもあり、すべてのテストを終える瞬間は、まるで我が子が独り立ちする時の親のような気持ちになり、ほっとした気持ちと少しの寂しさを合わせた複雑な感情になりますね。

造る側から使う側、管理する側への橋渡しの場。海上試運転は、造船技師にとっての特別なとき。
商船三井の未来を切り拓き、海運の世界に新しい風を巻き起こしたい。

商船三井の未来を切り拓き、
海運の世界に新しい風を巻き起こしたい

商船三井の未来を切り拓き、
海運の世界に新しい風を巻き起こしたい

私は前の部署では船の基本設計、今の部署では詳細設計を行っています。今後、実際に船の建造に携わる監督業務を国内外の造船所において行うことができれば、船が一から出来上がるまでの流れについてのすべてを経験することができます。さらに将来的には、竣工後に実際に船を管理する船舶管理業務を行いたいと考えています。そうすることで、まさしく船の一生について学ぶことができると思います。それらの経験のすべてを、今後の新造船設計に反映することができれば、「船の進化」にも貢献していけるのではないでしょうか。加えて、これらの経験を経て培った知見やノウハウを自分の中にとどめるのではなく、当社の営業力として活かし、新規ビジネスの獲得につなげられるような技術者になれれば言うことなしですね。技術者と営業が今以上に強力なタッグを組んで動けば、既存のビジネスの枠を越える革新的なビジネスモデルを創造できる余地はまだまだたくさんあると思っています。だからこそ、私がその先陣を切り、商船三井の未来を切り拓き、海運の世界に新しい風を巻き起こしていきたいんです。

齋藤 聡平

陸上総合職(事務系)

陳 継婷
陳 継婷Tina Tyen

2018年入社 ドライバルク船部
環境学部 環境科学科卒

陸上総合職(事務系)

武山 晋太郎
武山 晋太郎Shintaro Takeyama

2004年入社 海洋事業部
法学部 法律学科卒

陸上総合職(事務系)

山本 英恵
山本 英恵Hanae Yamamoto

2008年入社 新規・環境事務推進部
外国語学部 地域文化学科卒

陸上総合職(事務系)

横溝 誠一
横溝 誠一Seiichi Yokomizo

2006年入社 自動車船部
経済学部 経済学科卒

陸上総合職(事務系)

田中 大貴
田中 大貴Daiki Tanaka

2018年⼊社 自動車船部
アジア・大洋州チーム
外国語学部卒

陸上総合職(事務系)

川嵜 小夜子
川嵜 小夜子Sayoko Kawasaki

2011年入社 コーポレート・
コミュニケーション部 IRチーム
国際関係論専攻

陸上総合職(技術系)

齋藤 聡平
齋藤 聡平Sohei Saito

2015年入社 MOLシップテック(出向)
機械工学専攻修了

陸上総合職(技術系)

佐野 雅人
佐野 雅人Masato Sano

2006年入社 技術部
工学部 地域総合工学科卒

陸上総合職(技術系)

國料 尚貴
國料 尚貴Naoki Kokuryo

2010年入社 エム・オー・
エルエルエヌジー輸送株式会社
船舶管理チームA 工務監督(出向中)
新領域創成学科研究科環境システム学専攻

海上職(機関士)

坂後 知紀
坂後 知紀Tomonori Sakajiri

2011年入社
海事科学部 海事技術マネジメント学科卒

海上職(機関長)

岩谷 浩次
岩谷 浩次Koji Iwaya

1992年入社 海上安全部
商船学部 機関学科卒

海上職(船長)

瀧口 慎吾
瀧口 慎吾Shingo Takiguchi

1994年入社
商船システム学課程 航海学コース卒

自社養成コース(航海士)

藤本 清仁
藤本 清仁Kiyohito Fujimoto

2012年入社
環境情報学部 環境情報学科卒

海上職(自社養成)

安西 春貴
安西 春貴Haruki Anzai

2012年入社 スマートシッピング推進部(現在陸上勤務中)
人間科学部卒

自社養成コース(航海士)

高井 佑実子
高井 佑実子Yumiko Takai

2018年入社エム・オー・
エルエルエヌジー輸送株式会社
船舶管理チームA 工務監督(出向中)
新領域創成学科研究科環境システム学専攻

自社養成コース(機関士)

三ツ井 啓介
三ツ井 啓介Keisuke Mitsui

2012年入社スマートシッピング推進部
人間科学部卒

他の社員をみる

INDEX

ENTRY