プレスリリース

English

プレスリリース
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2014年01月16日

コンテナターミナル事業においてBrookfield社と戦略的提携に合意

当社は、今後のコンテナターミナル事業の更なる強化・拡大を目指し、インフラ分野で豊富な実績のあるカナダの大手ファンド、Brookfield Asset Management Inc.(本社:カナダ・トロント、株式上場:ニューヨーク/トロント、以下、Brookfield社)と戦略的な提携関係を結ぶことを合意しましたので、お知らせいたします。

Brookfield社との提携の第一歩として、当社は、米国ロサンゼルス港、およびオークランド港にてコンテナターミナルを運営するTraPac L.L.C.(以下、TraPac社)の持ち株会社である当社子会社、International Transportation Inc.(以下、ITI社)の株式の一部をBrookfield社が運営するファンドに譲渡し、ITI社と傘下のTraPac社をBrookfield社との戦略的提携の中核会社として位置付けます。

Brookfield社との戦略的提携は当社のコンテナターミナル事業の将来の成長基盤を強固とするものであり、これまで高品質なサービスを提供してきたTraPac社のターミナル運営における経験と、北米、南米、豪州、欧州で多くのインフラ事業を展開しているBrookfield社の知見を有機的に結び付け最大限に活用いたします。この戦略的提携のもと、世界各地の重要港にも事業範囲を拡大していきます。コンテナターミナル事業の拡大は、当社のコンテナ船サービスにとっても、より安定した優れたサービスを提供することに大きく貢献します。

譲渡の内容

(1)子会社の内容 :International Transportation Inc.(当社100%子会社)
(2)譲渡先の名称 :BIF II TP Aggregator (Delaware), L.P.
 (Brookfield社運営のファンド)
(3)譲渡割合 :49%

業績に与える影響

本件ITI株式譲渡に伴う売却益約210億円を、2014年3月期連結決算における特別利益として計上する見込みです。なお、通期業績予想につきましては現在精査中であり、2014年1月31日に予定しております第3四半期決算発表時に公表いたします。

*Brookfield社について
Brookfield社は100年を超える歴史を持つグローバル投資ファンドで、現在20か国以上で再生可能エネルギー、インフラ施設(港湾、鉄道、高速道路、火力・風力発電所等)、森林、不動産、未公開株式を中心に総額1,750億ドルを超える資産を保有・運用しています。
港湾の分野ではイギリスのPD Ports(コンテナ、バルクターミナル)、オランダのEuroports(バルクターミナル)、オーストラリアのDBCT (Dalrymple Bay Coal Terminal Pty Ltd.,世界 最大の石炭ターミナル)にて事業運営を行っています。

*TraPac社について
当社コンテナ船サービスの最重要拠点であるロサンゼルス港で最新の技術と設備を活用した競争力のあるコンテナターミナル設営を目的に当社100%子会社として1985年に設立しました。
北米西岸に1987年にロサンゼルスターミナル、1990年にオークランドターミナルを開業。また2009年には北米東岸のジャクソンビルにターミナルを開業。IT技術をいち早く取り入れて効率性の高いターミナル運営を行っています。また、ロサンゼルスターミナルでは米国西岸で初となる自動荷役を2014年1-3月より開始する予定です。

このページの先頭へ