プレスリリース

English

プレスリリース
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2019年01月31日

LNG燃料タグボート「いしん」関西初のLNG燃料補給

船舶維新NEXT株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)が発注し、金川造船株式会社(社長:生駒剛人、本社:神戸市兵庫区)が建造中のLNG燃料タグボート「いしん」(註1)は、本日1月31日に、堺泉北港において、初めてLNG燃料を補給しました。関西の港湾において船舶用のLNG燃料の供給が行われるのはこれが初めてのケースとなります。

LNG燃料は、大阪ガス株式会社(社長:本荘武宏、本社:大阪市中央区、以下「大阪ガス」)によりTruck to Ship方式(註2)にて供給されました。「いしん」は、2019年2月末の竣工に向け、LNG燃料による試運転を行い、同年4月に大阪湾で初のLNG燃料タグとして就航します。就航後は商船三井グループの日本栄船株式会社(社長:西尾哲郎、本社:神戸市中央区)が運航します。

商船三井は、「いしん」の開発を通して、大阪府港湾局や大阪ガスをはじめとする関係者とともに堺泉北港に大阪湾で初となる船舶向けのLNG燃料の供給体制の整備に尽力してきました。商船三井グループは今後も「いしん」の安全運航を通して、船舶用のLNG燃料の普及(註3)と、環境負荷低減(註4)に貢献していきます。


LNG燃料補給の様子


LNG燃料タグボート「いしん」

【「いしん」概要】

総トン数 約250トン
全長 約43.6m
全幅 約9.20m
喫水 約3.15m
航海速力 16.0ノット以上
主機関 ヤンマー 船舶用Dual Fuelエンジン「6EY26DF」2基

(註1)詳細は2017年5月23日付プレスリリース「『LNG燃料タグボート』の建造を決定」をご参照ください。

(註2)truck to ship方式とは陸側のLNGローリーから船へLNG燃料を供給する方式。

(註3)商船三井は2017年4月1日付の組織改編において、LNG等の代替燃料船への取組みの加速、LNG等燃料供給事業への参入を一元的に取り扱う燃料室(現燃料部)を新設しました。詳細は2017年2月24日付プレスリリース「組織改編の件」をご参照ください。

(註4)「いしん」は、国土交通省が認証する、「内航船省エネルギー格付け制度」において、A重油使用時と比較して二酸化炭素(CO2)排出量を約25%削減するなどの優れた環境性能が評価され、最高ランクの星4つに格付けられました。

このページの先頭へ