プレスリリース

プレスリリース
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2019年02月06日

北海道電力向け石炭専用船“PORO NUPURI MARU(ぽろぬぷり丸)”が竣工

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区)が運航する北海道電力株式会社(社長:真弓明彦、本社:北海道札幌市、以下、北海道電力)向け石炭専用船“PORO NUPURI MARU(ぽろぬぷり丸)”の命名竣工式が2月6日にサノヤス造船株式会社 (社長:上田 孝、本社:大阪市北区、以下、サノヤス造船)水島製造所で行われ、北海道電力取締役社長の真弓ご夫妻、当社代表取締役社長の池田をはじめ多くの関係者が列席する中、竣工致しました。

船名にアイヌ語(註1)を用いた本船は、2003年の竣工以来16年にわたり北海道電力・苫東厚真発電所向け石炭輸送に従事した「樽前山丸」の後継船として、引き続き同発電所向け石炭輸送の中軸を担って参ります。

本船型はサノヤス造船と共同開発した幅広浅喫水船で、汎用性並びに環境性能が高く評価され、2014年IBJ Award(註2)において”Bulk Ship of the Year”を受賞しました。本船はその船型に揚地・苫小牧港の特性等を考慮し、各種安全仕様を追加した最新鋭船です。

当社は、今後とも、資源・エネルギーの安定・安全輸送に積極的に取り組んで参ります。

【“PORO NUPURI MARU(ぽろぬぷり丸)”概要】

全長 235.0m
全幅 43.0m
型深 20.0m
載貨重量 88,148トン(註3)

(註1)2018年7月31日当社プレスリリース :
北海道電力向け新造石炭専用船の船名を「ぽろぬぷり丸(PORO NUPURI MARU)」に決定
~アイヌ語で「大きな山」の意~

(註2)“IBJ Award”は、英海事メディアのInternational Bulk Journal(IBJ)社が主催。
世界のドライバルク船業界を分野毎に表彰する式典。

(註3)喫水(船が水に浮いているときの水面から船体最下部までの垂直距離)12.72m前提の数値。

このページの先頭へ