プレスリリース

English

プレスリリース
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2019年02月28日

「健康経営優良法人2019~ホワイト500~」に認定
~健康の維持・増進で世界最高水準の安全運航を追求~

2019 健康経営優良法人株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区)は、経済産業省と日本健康会議(註)が共同で選定する「健康経営優良法人2019~ホワイト500~」の大規模法人部門に認定されました。

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。当社は、選定に用いられる健康経営度調査において、回答企業数1800社のうち、上位10%に位置するとの高評価を受けました。

当社は「世界最高水準の安全運航」を目指すうえで、全役職員が心身の健康の維持・増進に努めることは必要不可欠と考え、健康意識の向上や疾病予防のための様々な施策に取組んでいます。

【主な取り組み】

  • 働き方改革と連動し、新たな価値が生まれるような時間の「創出」に向けて、「働き方」を変えるための“Smart WORKプラン”を各部門にて策定、労働時間の適正化、ワークライフマネジメントを推進。
  • 産業医、社内診療所の医師、臨床心理士、保健師と人事部門の連携により、フィジカル・メンタル両面での海上や海外勤務を含めた全社員の健康をサポート。
  • ストレッチ、ウォーキング、睡眠や食事などをテーマとした健康講座や、健康キャンペーンを企画し、社員の健康意識の向上を促進。

当社は今後も、社員一人ひとりの心身の健康をサポートして、健全で活力あるイノベーティブな組織をつくり、「世界の海運をリードする強くしなやかな商船三井グループ」の実現を目指していきます。

(註) 少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体。経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対応策を実現していくことを目的としている。

このページの先頭へ