プレスリリース

プレスリリース
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2019年05月31日

商船三井の自動車船を見学しませんか?
~晴海ふ頭で「海の日」イベントを開催~

株式会社商船三井(社長:池田 潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)は、一般社団法人日本船主協会(会長:武藤 光一、本部:東京都千代田区、以下「日本船主協会」)と協力し、7月15日に次世代を担う子供たちに船と海を身近に感じてもらうためのイベントとして、自動車船(註1)の船内見学会を行います。ぜひお子さんとご一緒にご参加ください。

全長約200mの巨大な自動車船の船内見学会では、実際に自動車を積み込むところや、船員が仕事をしているブリッジ(船橋)や居住区などを見学できます。また、疑問に感じたことや気になったことは、見学中に船員へ直接質問して教えてもらうことができます。いつも皆さんが乗っている自動車がどのように運ばれているか、自動車船の仕組みや、どのような人たちが船の中でどんな仕事をしているのか見てみませんか。

船内見学は事前の申し込みが必要になります。詳細および応募方法は特設サイトにてご案内しています。

【見学会開催日】2019年7月15日(月・祝)
場所:晴海ふ頭客船ターミナル岸壁
時間:10時~15時30分(見学時間:約60分 (註2))
募集人数:約500名 <要事前申込>(註3)
特設サイトURL: https://uminohi2019.info/

船外(晴海客船ターミナル)でも、ワークショップや展示会など、子供を中心に参加していただけるイベントを企画中です。

商船三井は、日々の暮らしを支える船や海を身近に感じてもらい、子供たちを中心としたより多くの方々に海運を知ってもらう活動を続けていきます。

【昨年の見学会の様子】


ブリッジで航海士から説明を受ける参加者


船に車を積み込むデモンストレーション

註1: 商船三井は、1965年に日本で初めて自動車船を就航させたパイオニアであり、多様化するニーズに的確に対応し、安全かつ安定的な輸送サービスを展開しています。

註2: 当選された方には追って集合時間をご案内します。

註3: 事前申し込み多数の場合は抽選となります。

このページの先頭へ