プレスリリース

English

プレスリリース
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2006年07月31日

自動車運搬船"COUGAR ACE"海難事故の件(No.5)

7月24日(月)にアリューシャン列島南方海上で航行不能に陥った、当社運航の自動車運搬船"COUGAR ACE"(クーガー エース)は、先週、南風で北へと流された結果、事故発生時に約230マイルだったアリューシャン列島からの距離は、現地時間28日(金)の報告では、約130マイルとなりました。このため、最寄りのアダック島付近で別業務に従事中であったタグボート1隻を急遽チャーターし、現地時間29日午前中から現場に待機させて、必要な場合にはいつでも"Cougar Ace"の陸方向への接近を止められるよう手配しました。
(その後、風が西よりに変わったことにより、陸地からの距離に殆ど変化はありません)

また、現地時間28日、USCG(米国沿岸警備隊)の主導により、USCG、アラスカ州環境保護局、商船三井の3者による"Unified Command"(合同対策本部)が組織されました。今後はUnified Commandの指揮により、貨物・本船の救助計画を策定、実行します。

船体は同程度の傾きのまま安定して浮揚しており、USCGの巡視船は、引き続き本船の近くで監視を続けています。
現地時間30日朝には当社が手配したサルヴェージ技師らも現場に到着し、現在、本船の内外の安全点検を行っております。点検結果を踏まえて、曳航に先立って船体姿勢を安全に立て直す計画を策定し、USCGの許可を求めることとします。

このページの先頭へ