プレスリリース

プレスリリース
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2011年04月14日

東日本大震災被災地の支援活動について(6)
~客船「ふじ丸」の岩手県寄港の件(2)~

当社は、今週4月11日(月)から客船「ふじ丸」を岩手県に寄港せしめ、東日本大震災で被災された皆様に食事、入浴、休息等のデイユースサービスの無償提供を行っております。
11日~12日の2日間は大船渡港にて約1,000人の大船渡市および陸前高田市の皆様、昨日(13日)の釜石港は約300人の釜石市の皆様にご利用頂きました。
11日夕方には戸田公明 大船渡市長が訪船され、市を代表してお礼の言葉を頂きました。
本日もう1日釜石港にてサービスを続けた後、本船は明日(15日)大船渡港に追加で再寄港、週末には宮古港に移ってそれぞれの地元の皆様にご利用頂きます。

「ふじ丸」スケジュール

2011年 4月14日(木) 1800 釜石港発
4月15日(金) 0800 大船渡港着(野々田地区埠頭)
1630 大船渡港発
4月16日(土) 0800 宮古港着(藤原地区岸壁)
4月17日(日) 1800 宮古港発
4月18日(月) 1700 東京着

ご利用には、それぞれの各市町(釜石市・山田町・宮古市)役場への事前のお申し込みが必要です。(4月15日の大船渡港への追加寄港に際しては、事前の申し込みは不要ですので、直接本船にお越し下さい)

デイユースサービスの内容

  • (1)新鮮な野菜を中心としたお食事の提供
  • (2)大浴場での入浴機会提供
  • (3)客室の利用(シャワーの利用が可能)
  • (4)船舶公衆電話の開放、携帯充電器の提供(NTTドコモのご協力による)
  • (5)映画上映

これまでご利用いただいた皆様の声を紹介します。

  • 本当にありがとう! 港町だからこそ・・・の津波の被害・・・。でも、港町だからこそ頂けたステキな贈り物。一生忘れません。
  • 人生58年生きてきて、今が一番人のやさしさを感じています。
  • 震災以来の食器での食事は最高でした。
  • スタッフの方々の対応が丁寧で本当に素晴らしい。

その他、「本当に有り難うございました」「いつかふじ丸で船旅がしたいです」などの声が多数寄せられました。

(ご参考)外航客船「ふじ丸」主要目

  • 船主:日本チャータークルーズ(商船三井グループと新日本海フェリーグループの折半出資会社)
  • 総トン数:23,235トン
  • 全長:167m
  • 全幅:24m
  • 喫水:6.6m
  • 船客定員(最大):600名


「ふじ丸」入港を手旗信号で歓迎する大船渡海洋少年団


「ふじ丸」で食事をする被災者の方々

このページの先頭へ