プレスリリース

English

プレスリリース
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2013年06月27日

コンテナ船“MOL COMFORT”同型船に対する安全強化策の件

6月17日にインド洋で発生しました当社運航のコンテナ船“MOL COMFORT(エムオーエル コンフォート)”破断事故につきましては、三菱重工業株式会社および船舶検査機関(一般財団法人日本海事協会)の協力を得て、原因究明に全力を挙げております。

しかしながら、原因の特定にはまだ時間を要すると判断し、予防的な安全強化策を実施することを決定しました。当社が運航する同型船6隻(*1)については、既に船体にかかる負荷を軽減するよう運航上の配慮を講じております。全6隻は、IACS(国際船級協会連合、*2)に準拠した日本海事協会の船体強度基準を十分満たしておりますが、これらに対し船体強度を大幅に引き上げる船体構造の強化工事を実施し、上記基準の約2倍の強度を確保する予定です。

今回の船体構造の強化工事実施のため、来週より対象船を順次サービスから外し、運航スケジュールの変更を行います。お客様ならびに関係者各位に多大なるご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。

(*1) MOL Creation / MOL Charisma / MOL Celebration / MOL Courage / MOL Competence
/ MOL Commitment

(*2) International Association of Classification Societies; 各国の船舶検査機関(船級協会)が集まり、国際的な統一基準(含む、船体強度)等を策定している。

このページの先頭へ