プレスリリース

English

プレスリリース
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年

2018年10月03日

次世代型自動車船「FLEXIEシリーズ」グッドデザイン賞2018受賞
~「従来にない新しいイノベーションを実現した点が素晴らしい」との高評価~

グッドデザイン賞2018年株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)が運航する次世代型自動車船「FLEXIEシリーズ」は、公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)が主催する、グッドデザイン賞(註)2018を受賞しました。

同賞の海運業界における受賞は9年ぶりであり、本年の海運業界からの受賞は、当社の「FLEXIEシリーズ」が唯一でした。

受賞に際して、審査員から「自動車輸送船を再定義した結果、従来にない新しいイノベーションを実現した点が素晴らしい。特筆すべきはデザイン思考を用いて再編集された輸送船内空間である。フレキシブルな可動フロアが車高の異なる自動車の運搬を可能にした。その結果、積載効率を従来比6.25%改善し、新たな輸送ニーズに応えることを可能にした。操作系にAR(拡張現実)や最新IoT技術を取り入れて正確さと高度な安全性を実現した点も評価できる」と高く評価されました。

「FLEXIEシリーズ」の船体には、商船三井の自動車輸送サービスにおける世界統一ブランド“MOL ACE (MOL Auto Carrier Express)”を表す “A” 、そしてお客様との長きにわたる関係を未来へつなぐ決意を表す白いラインを大胆に表現しています。2018年10月3日現在、同シリーズ2隻を運航しており、2019年3月までに4隻まで運航隻数を拡大予定です。

商船三井は、自動車輸送サービスの世界統一ブランド“MOL ACE”の下、完成車を始め、建設機械や鉄道車輌など多様化する自動車船による輸送需要に対応する新たなデザインを纏った最新鋭の船隊を活用して、より一層の世界最高水準の安全運航、環境保全の実現を目指すことで、お客様への高品質なサービスを提供していきます。

【FLEXIEシリーズ本船概要】

全長 199.9m
全幅 32.2m
積載可能台数 6,800台 (基準小型車換算)


「FLEXIEシリーズ」一番船 BELUGA ACE

【FLEXIEシリーズの3大特長】

1. 社会(お客様)に対するデザイン
「より機能的に、かつ新鮮なビジュアルでFLEXIBLEに。」
多様化する輸送需要に“FLEXIBLE”に対応できるよう、リフタブルデッキを従来の2層から6層に増やす等、機能性デザインを大幅に刷新した。また船体デザインも既存船デザインから一新し、当社自動車輸送サービスにおける世界統一ブランドを表す「MOL ACE」そしてお客様との長きにわたる関係を未来へつなぐ決意を表す白いラインを大胆に表現した。

2. ハード面でのデザイン
「船型から機関部まで。最新ECO技術で地球に優しい船に」
商船三井グループが取り組む技術開発プロジェクトである「船舶維新プロジェクト」が開発した環境負荷低減技術がふんだんに搭載されており、従来船に比べてCO2排出量を13.7%削減することに成功した。

3. ソフト面でのデザイン
「最新IOT技術をフル活用。安全・安心の船に。」
AR(拡張現実)技術を活用した航海情報表示システムの初導入、振動診断技術の搭載等、よりたしかな安全・安心運航を実現することを目指す。また、これらの技術は将来の船舶の自動運転技術につながる可能性を秘めている。

  • 商船三井YouTube公式チャンネルで「FLEXIEシリーズ」の動画をご覧いただけます

  • グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」に出展
    10月31日(水)から5日間にわたり、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」が東京ミッドタウンで開催され、FLEXIEシリーズも特別展示で紹介されます。

    GOOD DESIGN EXHIBITION 2018 – 2018年度グッドデザイン賞受賞展 –
    会期:10月31日(水)~11月4日(日)
    会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
    http://www.g-mark.org/gde2018/

(註)グッドデザイン賞とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/

このページの先頭へ